スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストのとらえ方

前回話した変動の大きい学校に関してですが・・・今年のサピの偏差値表が見当たらないので見つかり次第載せようかと思います。

つい最近、「試験前だから指導の回数を増やしたい」という話を少ししましたが、じゃあ実際この時期の試験というのはどういう位置づけなのか確認を含めて考えてみたいと思います。

多くの人は6年生のこの時期の試験が成績をぐんと伸ばすことが目的ではなく点検というのが目的であることを理解しているだろうと思います。

例外として学力がぐんぐん伸びていって成績の変化をみる場合もありますが基本的には成績のことをどうこう言っても仕方がない時期です。

いろいろな学力層と接すると共通していることが「みんな不安」だということでしょうか。みんなそれぞれの立場で悩みや不安を抱えています。確かに学力が高ければ悩み一つとっても贅沢のように映るかもしれませんが、実際傍から見ているとあまりそう感じないものです。そのレベルごとに皆一様に悩んでいるわけですね。

特にこの時期の保護者は悩みますね、不安になったり、そしてまた悩んだりと。

本命を動かさないという強い意志やタフな精神力はある意味保護者の方に求められているかも知れません。そんな風に感じることがあります。

心配の種はこの時期の実力テストというのが大体原因になっていたりするものなのですが、やはりある程度は成績の上がり下がりを気にしても仕方がない時期なんですね。4科目の偏差値で10以上下回らなければ気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。10下回ったらかなりがっかりすると思いますが(笑)まあ、それでも少し心配だなあというくらいの気構えでもいいと思います。

とにかく中身にこだわりたいですね、具体的にどういう点に気をつけなければいけないのか個人差はあると思いますがとにかく改善できるポイントを探し出してそれを改善していこうとすればいいのでいいか悪いかの一喜一憂は進展や向上がなかなか望めないように思います。中身が見えてくれば見えてくるほどいい成績でも悪い成績でもそんなに感情が動かされることはなくなってきます。しかるべき理由があるからしかるべき成績をとっているんだということが分かってくるからです。

この前の話を蒸し返すようですが「今度の実力テストで結果が出なければあの塾を辞めようか、あの先生を辞めようか」なんて言う発想は決してよろしくないです。それこそ100害あって1利なしで見当違いもはなはだしいということになります。
もう、ほんとにね、そういう時期じゃないんですよ。
逆に考えてみれば今この時期に劇的に変わるほど今までの内容がそんなに薄かったのかと問いたいくらいです。

もちろん劇的に伸びる子供たちの中では結果として「今まででの内容がその子にしてみれば薄かった」そうなる場合もあります。その多くの場合が習い事をやめた、本当の意味で気持ちに変化ができたという場合だと思います。

ただそうはいっても最難関レベルで漫画のような劇的な変化はまずないんじゃないかなと思います。受験終了者の話の中に「あの時猛烈に頑張って劇的に伸びて御三家に受かりました。」なんて言うのは当然それなりの素養がすでにあったわけで「何もかもが、ぐんと伸びた」というわけではないと思います。気持の変化での学力向上も、物理的時間が限られているので目に見えて数字として変化する度合いも限られてくると思います。

後は実際にその実力テストの成績だけでなく志望校へのシフトがちゃんとできているのか否か、その点だと思います。

難関校になればなるほど実力試験の結果は重視しなくなります。極端に悪かった場合でももし志望校との問題傾向にまったくあっていなければ気にしても仕方のないことです。本番のためのテストですからね、必要のないことにこだわっても仕方がないでしょう。

下位のレベルの子供たちにとって、基礎力の向上が重要なので実力試験でちゃんと日々の結果が出ているのか、たしかにこれは重要ですね。ただこれについても結果がよかろうが悪かろうが残り時間が少なくなってきているのでひたすら基礎を鍛え上げていくしかないんですね。また4年生から6年生の夏休みまでの2年半分の総復習となれば2,3週間で劇的な変化を見せてテストにそれが反映されるというのは、やはり少々無理があると思います。今までの内容はそんなに薄くないということです。


ですから重ね重ね成績に一喜一憂しないほうがいいと思います。
安心したほっとしたとか、そういうレベルでいいんじゃないですかね。

とりあえず直しや確認は必ずしたいです、算数などは全問解きなおしなんて言うのはしなくていいですね。上位2,3割の人だけです。今の自分に出来るであろう問題をしっかり定着させてどんな時でも解けるようにする、そういう丁寧さを地道に身につけて実戦力を養っていくことがとても重要です。

そのための一つのツールとして模擬テストをとらえておくといいと追います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

それは少々さびしいわけでして

合不合、内部外部どこもかしこも帰ってきた頃です。
(今やネットでサクッと偏差値は見られる時代になりましたが)

当然今年も受けている生徒はいます。
内容は・・・普段の成績どおりというか・・・そのまんますぎです皆さん。
でも、さがんなくてよかったです。
とにかく上を目指して頑張りたいです。


さて、とある家庭でも返却されたのでその内容を見せてもらったのですが・・・。
封を切ったはいいけれども中身をみたという形跡がほとんどないわけです。
おそらく成績だけを見てそれっきりという感じです。

たしかに先に解答は配布されて答えを確認することはできるので、そこで直しをしているのであればそれ以上確認しないでもいいという気持ちもわかりますが。
他にも色々な情報が詰まっているじゃないですか、最終的に返却されたものには。

もし子供の成績を嘆くのであれば正誤表くらいは目を通して何が原因なのか、ちょっとくらいは考えてもいいんじゃないかなと思うわけです。

たしかに、兄弟もいますし、共働きとくれば大変です。これはこれだけで物理的にかなり不利なのは事実です。この問題は格差にもつながるだろうし今簡単に言及できる問題でもないのですが、この状態での受験というのは、覚悟や準備というものを入念にしないと大変です。

ですからそんな暇はないといわれればそれはそれでいいです。
ただし子供の成績にケチをつける権利はないと思います。
百歩譲って学校の勉強レベルは知りませんが受験レベルに関しては見ていないものが何かを言うのは筋が違うと思います。

全然成績伸びなくて、どうしていいかわからないといわれましても、そりゃどうすればいいか考えなきゃわかんないですよ。

あまりにも丸投げで何かをよくしようとする、向上心が見られない。
中学受験では親のそういう行動力というのはどうしても必要なんです。また10月に合不合があるからその前に詰めて指導に来られないかと相談されました。

もちろん空いていれば行きますけど、それ以前の話ですね。
そんな状態で行ってもたぶん僕は塵ほどにも役に立たないと思います。
子どもの成績を上げるためにはみんなが連携していかなくてはいけません。
例えばですね、些細なレベルですが各学校の偏差値と人数分布表のところに何か線を引いた後もなければ、4科目すべてきれいさっぱり正誤表に目を通した形跡もない。もちろんその他各家庭自分たちにとって有益と思われる情報はあると思います。

それじゃあいけない、いかんですよ、やはり。まったくもって遺憾なわけです。

それでも表面的な数字はいいものを求めるわけですね。
偏差値をよくしたいから家庭教師をの時間を増やそう。よくわかんないけどそうすりゃ上がるはず・・・・っていうことですかね?何故増やすのでしょうか?

それならそれでもいいけれどもやはりその考えはさびしい。
そりゃ仕事です。
でも物事にはそれなりに道徳というかルールというか常識というのもあるわけで。
たとえばこのまま「よくわかんないけど家庭教師つけて上がんなきゃすぐやめて」を繰り返してそこに進歩や改善の余地はあるのか?ということです。
そういうタイプはすぐに感知されますよ、本人は自覚症状なくても。こちらはすぐわかります。

学ぶ事は本来は学びたい側の意思が前提なのにそれが確立しにくい小学生というのは本当に大変です。親の気持ちだけ先行する場合もあるし、親がよくわからない場合もありますし。これは社会的な問題かもしれませんね。裕福がゆえに目的意識が希薄になるというか、それでも学歴社会が生まれるという負の連鎖ですね。

商売する側もサービスの提供を強く意識するでしょうがそれを誤解する家庭も出てきます。
例えば家庭教師のチェンジなんてのは別にホストやホステスの指名制と違いますよ。(あ、詳しいことは知りませんけど)
本来は「あの先生は嫌なことしか言わないからいやだ」とかそういう事態に対してのサービスではないはずです。
指導力、指導者との相性などもありますが、ああいうのは明らかな契約違反をするとんでもない先生がいた場合に万が一の保険を備えてという理由で添えられているわけで「よし、これがだめなら、すぐかえてやろう」とか「こんなこと言っておけばビビってまじめにやるだろう」とか「あんなことばっかり言って生意気だ、俺様が金払ってんだ、くびにしてやる」とかね、いやいやふざけてそういうことを言う小学生は山ほどいますけど(笑)・・・まあ、つまるところ小学生レベルというわけです。

そんな次元の話じゃないと思います。
話戻しますが。

・・・何のためにテスト受けたんですかね?

そりゃあ、とても出来が良ければ家によっちゃあそんなものをいちいち目を通す次元を超えていたりするケースもあるかもしれません。
しかしながら、皮肉なことに出来が良ければよいほど穴があくほど目を通すものです。

成績伸ばしたいんだったらまず子供の答案用紙全部見て解答見て理由を考えてみたらいいんじゃないですかね。
「先生わかんないから上げてください」っていうのは教育放棄です。親子でも教育はするものです。
わかんなくても、見れば自分なりに考えが浮かぶはずです。
考えがあってなくてもトンチンカンでも考えなくては始まらないです。
子どもだってわからなくても問題解いてますよ、でも罵倒されるのは子供だけですか?

別に小学生なんだから今そんな勉強することもないですよ。やめたって誰にも責められません。お金払ってまでテスト受けて休日つぶして馬鹿みたいじゃないですか。

挙句の果てにはお父さんは名前の知らない学校は受けても行かせない。って。
子どもの毎日の労力を見てよくそんなことが言えるものだなと思います。まあお母さんからの又聞きなのでくわしくしりませんが・・・。


・・・しりませんが、併願校のほうが本命よりも偏差値5以上高い学校二つ上げて「ここだけはどうしてもおさえたい」って・・・・・。

ここなら受かっても行かせてもいいかなって主人が言ってます。

僕はこういうことをいう人間は本当に嫌いです。虐待だと思いますよ。受験という恵まれた環境の中で起きていることなので誰もそんな風に思わないだろうけれども子供にそんなことを言うのはぜったいにおかしい。

成績を罵倒するだけでなくそこまでのことを子供に言ったら「受験を知らない」では済まないです。ちゃんと勉強して反省して子供に頭下げて許してもらってから親に戻ってほしいです。

ああ、いかんですね。僕もこれじゃいかんです。

さびしさ通り越してふつふつと・・・・。

くだらないことをぐだぐだ書いても・・・ということで切り上げます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

新6年生 サピ組み分けテスト 

1月に組み分けテストがありましたね。(入室テストだっけ)

150点満点で平均点が60点台後半でした。

問題レベルとしては1問1問難度がとても高いわけではないのですが範囲が広いです。実力テストなので当たり前なのですが、やはりできがよくないですね。
こういうテストは平均が5割を超えるのは難しいのかな。

今回特に興味を引いたのが正答率です。50パーセント以上の問題の得点をすべてたしても得点は60点にもならなかったです。大半の問題が10%から40%台。それだけみんなの出来がばらばらだったということでしょうか。

難度の高さが番号順というわけでもないみたいですし。


そろそろ新6年生は学力の差が出てきました。

範囲のあるテストでは得点で来ても今回の実力テストで急落した子供もいるかもしれません。今までの勉強が本質を理解しながら進めてきた子供であれば問題ないでしょうが、今回はここまでがテストの範囲だからこの問題はとにかくこういうやり方で覚えなさい」なんて方法でのらりくらりと来た場合であれば、ちょっときついテストだと思います。


現6年生は受験中の今塾では5年生のカリキュラムはたいてい終えている頃だと思います。

新5年生は立て直しの猶予が若干あります。

これから1年の方針をしっかりイメージして2月を迎えられるといいですね。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

やっぱりうれしいわけで

とうとう最後の合不合が終わりましたね。

詳細な結果はまだ数日後ですが、点数はもうわかっているかなと思います。

以前何度か話した塾に行っていない子というのがいます。
受験勉強そのものも始めたて1年ちょっと。指導し始めの頃から驚異的な伸びを見せていたのですが最後の最後でさらにもうひとっ飛びしてくれたみたいです。

合不合の点数を見たら以前よりも合計で4科目50点以上アップ。
おお、しかも算数は20,30点得点してます。本人の実力相応の問題は漏らさず得点できたようです。いやーよかったよかった。

この時期にこれはすごいですね、受験者数が増えてきて維持するだけでも大変なのに、よくこれだけ得点が増えたと正直びっくりですね。

夏の合不合予備で、それまでからするとかなりいい成績をとってきたのでそのまま伸びるかと思ったら、そこからがしんどかったですね、若干成績も下がってしまい、そしてなんとかそれを持ち直したりと。


この子に関してはもどかしさがあるんですね、何より受験勉強を始めた時期がかなり遅いので物理的にとても厳しいわけですね。

それでもこちらが提示した課題をよくこなしていました。

でもいまいち伸びてこないという状態が2,3カ月続いていました。
もどかしさのもう一つの理由は明らかに学力の伸びを実感できたことです。
こういうのはうまく言えないのですが、同じテストで同じ偏差値でも「あ、こっちの子のほうが学力は高いだろうな」とはっきり感じることがあります。
なにがどうなのか、表現が難しいんですけど、この子には取ってくる成績よりも理解力があるような感触があったのです。(あ、算数に関してです。)

ですから範囲のあるテストでは前よりもどんどん伸びてきてたんですね、なのに実力テストにはなかなか反映されない・・・。

そういう日々が続いていたので志望校に関してもこれだけ悩んだケースはあまりないです。
まあ、基本どの子でも悩むんですけど、まあ本当に判断がつかないというか、そんな感じだったんです。


まあ、「いまさら合不合で良くてもね~、あとは本番でしょ」と普段であれば思うのですがこの子に関してはまだまだどんどんいろいろなことを吸収している最中なので素直にうれしいです。


とにかく両親のがんばりがすごかった、それが実になったとも言えます。
あと1年あれば最難関クラスは狙えたんじゃないでしょうか。
あ、あんま軽はずみに言わないほうがいいですね、上位の壁は厚いです。ここまでのようにすいすいいくものじゃないですからね。

ただ少なくともこの子を見ていて思うのは、受験が終わってどこの中学にいってもちゃんとやれるだろうなという予想はしています。

親は極めて冷静だし、本人もよく頑張る子です。
人間関係、教育水準など環境はもちろん大事なのですが、この子の場合どんな環境でも自分たちで切り開いていくような強さを感じるのです。こういう親子は多少どういった環境でもやっていけるだろうなと。

さあ、ほかの子も当然うけているわけなんですが・・・、今週大体の成績がわかりますね・・・・
みんな伸びてると・・・いやせめて維持しててほしいんですけど、どんなもんでしょう。

こういうケースは稀だと思います。あ、成績の伸びがじゃなくて。
ふつうは成績を伸ばす時期ではないですからね、志望校へ向けて頑張って、そのメンテナンス代りにこういうテストを受ける、それくらいの心構えでいられるといいんですね。
一般的には現状維持さえできていればあまり気にすることはないと思います。
たとえば偏差値が総合で5でも伸ばすなんてことはこの時期とてもとても至難の業です。


ですから「よーし総合でいままでよりも15あげて大逆転だー」なんて目標はなしですよ。
子供が吹っ飛びます。どんな風かは知りませんが吹っ飛んじゃうでしょうね〰きっと。


親子ともども、いや親のほうですかね。
そろそろ腹をくくって覚悟をきめてドンと構える時期ですね。
そうすれば子供も後ろから付いてくると思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

8月28日 サピの組み分け



昨日は四谷大塚の組み分けテストと、サピの組み分けテストの問題を見ました。

本当は日能研も・・・といきたいのですが。
実は今年日能研の生徒を一人も指導していないのです。だからセンター模試でどんな問題が出たのかわからないので日能研の方はすいません。

しかしながらですね、そのサピの組み分けを見る限りですが昨今の受験事情というのがすこし見えてくる気がするのです。

今日はサピの組み分けについて少し、話したいです。


まず一言で言うと問題が全体的に易しい気がします。

・・・・うーん毎年見ているうちに自分が慣れてきてそう感じるのか・・・・。
いや、どうだろそんな気はしないな。やはり。

そういえば四谷もサピも規則性、場合の数の難問がなかった気がします。
数の性質がないとやさしい印象になるのかな。


サピのテストは基本題、及び標準レベルという感じでした、(当然四谷のはもう少し易しめです。)

目の前に問題がないのでうろ覚えですが、問題構成はですね、たしか大問7問でした。
えと、1は計算、2は文章題、3は図形、4はニュートン算だったけな、めずらしく。
んで5、6にまた平面図形、立体図形(だと思います)そして最後の7に速さのグラフです。


後半は確かに難しいです。でも解法を知っている子であれば早そうな問題ですね。

立体図形の切断などはひねりもなく、「5年生用?」と思わず感じたぐらいです。


ええ、当たるかどうか知りません、主観の印象で150点満点は20人から50人(4500人中)。

と思うのですが、どうでしょう?平均は・・・でも下位の子も考えると65~75点くらい。

はずれていたらどうしよう(笑)、まあ天気予報じゃないからいっか。
満点に関してはそんくらいいてほしいという希望的観測ということで。



僕は毎年最難関の学校の問題を一部しか見ていないので確認したわけではないのですが、いわゆる爆弾みたいな超難問をあまり見かけないです。

明らかに物理的に時間がかかったり、どう考えても明確な解放がなかったり。とまあ頭痛がするような問題ではないんですね。

傾向としては、いい傾向だとは思うのですが。本番もそういう傾向にある、と見ていいのかもしれません。

今回のテストがたまたまそうだったのかな。
最難関校志望者にはおよそ実戦向きとは言えないレベルでした。ただ中堅どころでは落とせないような問題はありましたけど。

えと、去年もそうだったっけ、あははすいません覚えていませんが。


大手塾の情報収集力、特にサピなどは機動力もあるので、組み分けテストでの問題の易化は受験全体の傾向とみていいんでしょうかね。

サピの先生に教えてほしいですねー。



とにかく言えることは、計算処理能力と正確さなんでしょう。

この組み分けテストも正確に解法を導き出し丁寧に計算しないとダメな子はまるで歯が立たないでしょうね。

今日、指導した子は下位のクラスの子でした。組み分けはとっても難しかったそうです。


そうなんですね、いつも言うように塾が大きくなったのもテストが易しくなった原因かも。

ああ、そう考えると、受験事情じゃなくてサピ事情か(笑)



とにかく返却された際の平均が見たいですね。


夏休みで怒涛の勉強量をこなした子供たちの定着度を見るために難問奇問を抑えたのかもしれないですね、8月で学習した総復習した単元の基礎がちゃんと定着しているか、確かめる内容といった感じでなんですかね。



・・・・まとまりのない文章になりました。・・・・

結局唯の独り言のような主観で終わりましたが・・・。

まあ僕が第一印象で感じたテストの雰囲気ということで勘弁を(汗)。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。