スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AOの是非

次はAO入試に関して触れてみます。


AOから一般入試への回帰というタイトルだったのですが、今のところ大きく変化したというよりは新たにそういう傾向が出てきたという感じでしょうか。
ただこう言った流れも大学側の危機感の現れだと解釈しています。


AO入試を減らしたり廃止する学校の理由はいくつかあるようです。

「入学後の授業についていくのに苦労する傾向がある」
「審査に時間がかかり大学側の負担が大きい」
「一般と違い、早めに合格が決まるのでその後の勉強が手がつかなくなる」などなど。

この10年でAO入試はかなり浸透してきたようで、2011年度以降は頭打ちとはいえ国立大の約6割、公立大の約3割、私立大の約8割で実施と、大半の学校が取り入れている事になります。

入試の方向を多様化することで様々な能力や個性のある学生を受け入れよう、というのがAOのメリットなんですが実際には基礎学力があまりにもおぼつかないという弊害も生みだしているようですね、そういう話は何度か聞いたことがあります。



AO実施に関しての資料は600以上の大学を調査し、大学側から回答してもらったデータからでして、ほかにもいくつかの項目に関して質問に答えてもらったそうです。


そのデータによると学部、学科など、入試を行う単位について、「大括り」化を目指すという回答が国立で63パーセント、私立で39パーセントに達しており、一方で明確に「細分化の方向」という回答は1割程度だそうです。

記事では金子・筑波大学教授がこんなことをおっしゃっています。

「これは最近の受験生に、18歳の時点で細かく分かれた中から自分の専門分野を選ばせることに基本的に無理がある、という点が指摘されてきたからであろう」

そのあと続けてておっしゃっているのは、現在の入試区分は各大学の教員の専門分野によって学生が配分される、つまり大学側の論理の結果に過ぎずない。
また産業構造が急速に変化し職業も多様化していく中で大学入学時に将来を見越して学部や学科を選ぶのはさらに難しくなるであろうということです。


ちょっと堅苦しい文章になりましたが、要は大抵の人間は18歳ごときで将来どんな人間になりたいのかそうそうわかるもんじゃないからバランスよく勉強しとけよってことですかね。


そういえばなにで見たのか忘れましたが、「習い事などにおいて幼児期に専門的に一つのことを鍛えていくよりも薄く広くさまざまなことをやらせた方が後々の成長において伸びしろがある」という見解を聞いたことが(テレビで見たのか、本で読んだのか・・・すみません定かじゃないです)あります。

実際のところ、どうなのかわかりませんが僕は何となく共感したのを覚えています。



1週間びっちり何でもいいから習い事を片っ端からやる、これは幼児期の短期間であればいいとは思うのですが、いつまでもそれらすべて手広く行うよりも、そういった様々な習い事の中から子供の特性を見つけて徐々に専門的なものに近づけてあげるのがベストなんじゃないかなと思います。


小学6年生の受験生で進学塾以外に習い事を三つ以上やっている生徒というのを過去に何度か見たことがありますが正直学力は高くありませんでした。

まあ、当然といえば当然なわけでして大抵週に三回以上は通塾しているのにそれ以外にそれだけなら以後をやっていたらまず塾の勉強を定着させる時間はないわけなんでね。
受験はほどほど、習い事の方を重視したいというのであればわかりますが小6の時点では、進学塾に通う多くの子供は受験というのが一つの大きな目標となっている(はず)なのですからやはりできるだけ1週間でやるべきことを絞って行くべきだと思います。



一方で自分の習い事に対しての意義がきちんとつかめている家庭では受験勉強ともう一つの習い事を実にうまく、というかどちらもかなり高い能力を身につけて両立させている事も珍しくありません。

またこんなこともありました。
兄弟がいる家庭で、お母さんが子供たちの将来なりたい職業について各々医者と弁護士になりたい、ということを話していたので

「じゃあ、二人共とにかく受験勉強頑張ってまず算国は重要だからきちんと伸ばさないとね」という事を言ったら

「え、でも医者と弁護士ですよ?弁護士は理系じゃないですよね?」
というお母さんの言葉があったのです。続けて
「うちは一人は医者、もう一人は弁護士を目指しているので、医者は算数が得意で、弁護士は国語が得意であればいいんですよね?」
とまあ、そのように考えている母親がいました。

ちなみにこの時点で中学受験前なので二人とも当然まだ小学生です。

大抵の人は言わなくてもわかると思いますが・・・中学受験の時点でそんな専門的に物事がわかれるわけでもなくですね、その後から中高と6年間続くわけです。

医学部や法学部に進むためには少なくとその時点で4科目相応の学力を身につけないと医大や、法曹界に強い大学を狙うのは難しいわけですので・・・云々・・・といちいち説明する必要もないと思いますが。

厳しいようですが10才やそこらの時点で算数さえできればいい、国語さえできればいいという発想は実に安直で世間知らずといわれても仕方のないレベルです。
却って子供の可能性をつぶしかねない発想だと思います。
最終的に、どの分野の専門的なものに進むのか、それによってもその専門性は分かれるとはいえ何事においても素養は必要なわけでして、また弊害となる基礎はないと思います。

幅広く素養を身につけてそこから徐々に専門性を持たせていく。

子供の個性や、身につけたい能力によっても随分と異なるとは思いますが欲するの力に対してどうやってそういう道筋をつけられるか、中学受験もその選択肢の一つですね。
もちろん国語が得意、算数が得意そういうのがはっきりと分かれている子供は大勢いますが小学生の時点であえて専門性に分かつよりもできるだけバランスよく、苦手な科目にも果敢に挑戦してほしいと思うわけです。
それは得意科目を伸ばすよりもはるかに大変で、また学ぶことも多いと思うからです。




話をAOに戻しますがおそらく大学はAOがひ広く知れ渡り実施されるようになった今、どこまで専門性を求めるのか?その線引きはどこなのか?そういった部分においての新しい弊害や危機感が生まれてきたのだと思います。
恐らく単純に理系なのか文系なのかによってもAOにおいての判断の仕方も変わるでしょう。


私立大は伝統校も例外なく全体の4割が赤字経営に陥っている状態の昨今、AOの負担や「長期的に人が集まるためのきちんとした学生の育成方法」というのを今まで以上に追及してきていると思います。

学生たちの方もここ20年の学生の実態調査において「豊かな人間関係」よりも「勉強第一」というのを選択する割合が増えているそうです。
ただ、こちらに関しては人間関係を優先できずに大学教員から学ぶことだけを勉強と考えていること自体に問題がある、憂うべき事態であると大学側は考えているようです。


AOの是非は大学側の能力次第という感じもします。
結局きちんとした審査ができる体制が整っているか否か、それだけの人材と財力ですね。ですから私立の赤字、国からの補助・・・そういったことも無視できない要因でしょう。

前回の保護者会といい、AO入試といい大学では一筋縄ではいかない問題が山積しているようです。

中学受験を指導している自分としては文系に強い理工学部出身者、理数に強い文系出身者。こんな子供が育ってくれるとうれしいですね。

そして高い自立性、自律性でしょうか、普段の生活では節々に子供らしさが垣間見える愛嬌さと、やるべき時には緊張感を持てるようなそんな感じの子供になってもらえたらなあなんて欲深いことを考えたりします。

ああ、たぶん親なら大抵そう望みますよね、はい。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

大学の保護者会

僕が大学関連において注目した去年1年間の新聞の記事(朝日新聞)のタイトルを見てみると

「大学の保護者会」
「大学生、友人より勉強」
「推薦AOから一般へ回帰」
「飛び級大学」
「就職活動開始の時期の先送り」

などがありました。

これらの記事に共通して言えることは「学力をきちんと身につけたい、身につけさせたいという学生、および保護者や大学生側の危機感が強まってきている」そういう印象を受けました。
ただ、実際にこれが大学全体の流れなのか、一部においてそういうものなのか、そこまでは判断できないものもありましたがどういった内容だったのか、具体的に取り上げてみようかと思います。

まずは「大学の保護者会」に関して。
ちなみに読んだのは去年の6月です・・・大分前ですいません。



そこでは関西大学での保護者会が取り上げられていました。昨年は全体の2割、約5300人の保護者が集まり5年前から毎回5000人を超えているのだとか。午前は総会、午後は学部別懇談会さらに個人懇談と、かなりきちんとしたものみたいです。

「大学の保護者会が盛況である」なんていうと過保護な親、ヘリコプターペアレンツのようなネガティブなイメージを持つ人も少なくないと思いますが実際記事を読んでみると合理的というか、納得できる部分が多かったです。

いまや保護者の中にも「自分達の頃とは就職活動や大学生活が大きく違う」という事に気づき不安に思う人は増えてきて、又学生側も親にもっと大学のことを知って欲しいと思う人もいるようです。

こういう危機感は双方の依存や甘えとは違って、とても良いことなんじゃないですかね。
学生が自立して何かを取り組むことは重要ですが、自立だなんだと親子の風通しを悪くするよりは子供が何を考えているのか親も知っておくことは重要なことだと思います。
ある女学生のコメントで大学の保護者会に関して「本当は来て欲しい。入れてほったらかしより関わってくれる方が良いです。」というのがありました。
昔の世代じゃ考えられない感覚かもしれませんが今の時代には必要な感性のような気がしますね。

又大学側も4年間で具体的にどういった能力を身に着けて欲しいのか、自分の所ではどういったことを学びの場として提供できるのか、全入時代を迎える今、そういうことを具体的に説明するのはいいことだと思います。
特に新しい学部などは自身の学校名に寄りかからずに真剣に学生を育成していくという姿勢を見せる必要はあると思います。

何でもかんでも学生の意識の低さ、幼さを責めてふんぞり返るよりは、大学としての責任を果たす姿勢を見せる方が僕はいい印象を受けるんですけどね、どうなんでしょう。
幼いだけ、意識が低いだけで、きっかけ次第で芽がでる人材はたくさんいると思うのです。まあ、それに学生が幼いのはそういう社会を作ってきた側にも責任はありますしね。
時代に合わせて大学の在り方も変わるべきだと思います。



ちなみに関東では中央大学の保護者会が大規模だそうで、なんと30年前に発足していたのですね。

中央大といえば就職に強い学校だというのが僕の印象ですが、やはり背景にはこういう大学側の努力もあるということなんじゃないでしょうか。

この保護者会、今後も増えていくでしょうしいわゆる名門と呼ばれる学校にはもっと開催したらいいんじゃないか、そんな風に思いました。

AO入試ができてそれなりに経ちますが、その方法も転換期を迎えているようです。
次回はそのあたりについて触れてみます。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

今年も注目しています。



2、3年前でしょうか、一度広尾学園という学校を話題にしました。
今は数年前に比べてもその知名度はずいぶんと上がったかもしれません。

もとは順心という女子校でしたが共学校に変わり、そして学校名まで変えるという大改革をした学校です。いや、名前変えるのって大変じゃないですかね。


確か3年前、学長の本を拝読したことがあります。なかには「読んだことがある」「学校の説明会に行ったことがある」という人もいらっしゃるかと思いますが、どういう感想を持つにせよなかなか強烈な印象を与えるんじゃないでしょうか。

僕はずいぶん印象に強く残っていまして「その後この学校はどうなるんだろう?」と思って毎年偏差値表を眺めています。

それにしてもすごい勢いで上昇しています。1年単位で見てもあまり例のない伸びですが、年々伸びているので改名した年度と比べるととんでもなく上昇していると言えると思います。

現在の偏差値は四谷大塚合不合判定80偏差値で
男子 特選選抜→51
特進選抜→52
女子 特選選抜→53
   特進選抜→54

今、手元に数年分の偏差値の資料があるんですが、ええと日能研の女子の偏差値表でその変化を見てみると・・・

2006年順心女子の時は35です。それが

2008年  42
2009年  47
2010年  50

といった具合です。2007年の偏差値表がないのですが(確かこの年に改名)おそらく順心の頃とそう変わらなかったはずです。高めに見て36,7ですかね。ちなみに今年の合不合の偏差値はサピの影響でどこの学校も若干数字が上がっていますので、日能研の偏差値を見てみました。

浦和明の星、淑徳与野、早大学院のように1年目から高いのもなかなかできない芸当ですが、前評判を覆してここまで来るとは。同じ偏差値ではずいぶん名門校も並んでいます。

改革の内容に関しては賛否両論はあるでしょうが経営状態の悪い中よくここまで持ち直したなと、それは並々ならぬ努力だと想像しています。普通に考えて伝統ある学校をここまで改革させるには相当な紆余曲折もあったと思います。

これだけ変化した学校というの栄東とかでしょうか。埼玉のほうではいくつかあるかもしれませんが明らかに異常ですね。開校(改校)当初からの数年間で10以上上昇とは過去そんな学校がどれほど存在したんでしょうかね。
中学受験の偏差値というのは保護者の学校に対する反応はかなり反映されていると思います。結局口コミのような形で良い評判、悪い評判どちらもすごい勢いで広まりますからね。
学校行事や部活動がどれくらい盛んなのかはさっぱり知りませんが、いやでもね。
こんだけ上がりゃあねえ、そこら辺は欲張りませんよって人も多いと思いますよ。

たった数年でこの数字の上昇は広尾学園にとって「大成功」となるんじゃないですか。

今年の受験が終わったときにまた同じペースで上がり続けるのか。後2,3年で60超えたりしちゃうんですかね・・・。

伝統校という言い方をしましたが道徳、校風というものだけによりかからないで学力を重視する学校は年々増えてます。「名前だけじゃ食っていけない」そういう危機感を持った私立がどう巻き返してくるのか。

広尾学園のような学校がまた出てくるのかどうか、そこの部分も気になるところです。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ





テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

大事なことがたくさん書いてありました


先日朝日新聞の進学情報を読んでいたら、志望校決め、過去問などについて書いてありました。読んでいてまず最初に思ったことは、この時期に改めてそういうことを書かなければいけないほど、過去問を重要視していない人が少なからずいるのかな、ということでした。

内容をかいつまんで載せておきます。


最近はいつまでも受験校が決まらないでいるケースが少なくありません。
中略
12月ともなれば受験勉強の中心は「過去問」。受験校が決まらないと勉強する対象も定まらないので急いでください。対象がはっきりせずになんとなくする勉強と、目標がはっきりしている勉強では効果が大きく違います。
中略
偏差値とは別の次元で、子供に向いている、あるいは向いていない学校というのがあるのです。「わが子をこう育てたい」という家庭の方針と合い「過去問」との相性がいい学校が受験校としてふさわしい学校です。こうして受験校を探しても90%の保護者は子供の実力よりも上の学校を受験させたくなります。
中略
ただ、こうした高望ばかりでは困ります。受験では何が起こるかわかりません。今春の入試でも偏差値がずっと上の子が落ち、下の子が受かったという実例があります。ですから、思いっきりやさしい学校もぜひ受験してください。ただ、やさしい学校を選ぶ過程で注意したいのは子供の前でその学校の低い評価を口にしないということです。「その学校に入学するかもしれない」。そのことを頭におきながら選んでいきましょう。


2009年12月号 朝日進学情報より


短い文章ながら書いてあることが良いことづくめで、横から僕なんかが便乗して話そうとする駄文が続きそうです。と、前置きしながら過去問、及び志望校について順次話してみたいと思います。


まず志望校についてですが。
たしかに言われてみれば受験校が定まらないケースというのは増えていると思います。

おそらく保護者は20年ほど前と比べても比較にならないくらい多くの情報が手に入り、知識も豊富なんじゃないかなと思います。

だからといって今の保護者が「優柔不断で高望みなんだ」というのではなくて情報が多すぎるという事と、また受験は受験でそのものが非常に多様化してきたというのが原因のように思います。

例えばこのブログだってある人にとっては一つの情報源となりうるわけなのですが、振り返ってみても誤った情報はいくつか発信していましたし(コメントでの訂正でだいぶ助けられました)、ひょっとしたらいまだに放置されている誤った情報や知識があるかもしれません。

僕自身は注意を払っていますがそれでもそういうことは今後も起こるだろうと思います。

インターネットの普及で価値のあるものからないもの、確かなもの不確かなもの、ありとあらゆるものがほんの少し手を伸ばせばすぐに手に入ります。実際問題、初めて受験をする家庭というのはこの取捨選択が非常に難しいんじゃないかなと思います。

また受験校そのものの選択肢が増えたことも大きな原因だと思います。
複数回の募集というのはですね、考えられませんでしたよ、ほんとにもう。僕何度も言っていますが、それくらい衝撃なわけなんです。
これはおそらく学校側が受験生を慮ってというケースよりも生き残るための策という色合いのほうが強いのではないかなと思います。ええ、そんなこと言ったら私立の先生に怒られますね(汗)でもまあ、そんな風に映っちゃうことがしばしなわけなんでしてそれはそれで一つの意見として聞いてもらえたらです。


ですからいくつかのシミュレーションを立ててそれを眺めながら悩む保護者というのは少なくないと思います。また自分が受けるのではなく子どもがうけるので、不確かな要素が多いわけですね。
「ああ、ここで落ちたらこのルートで3日位までいこうかな。」
「ああ、でもまてよ、この前の模試での併願状況見たら少し志望者増えてんじゃん、じゃあ、やっぱりこっちかな~、あっちかな~」
「この日、この学校受かってくれたらこういうルートもありなんだけどな~」

悩みだしたらいくらでも選択肢が浮かんでくるのが今の中学受験です。
昔は一回募集一発勝負、落ちるも受かるもその日次第でしたからね。次の募集があるわけじゃないです。浪人もない、仕切り直しがきかないまさに文字通り人生でたった一度しかできない勝負だったわけです。

そういう意味では昔のほうがわかりやすく、方向性が自然と定真理安かったんじゃないかなと考えるわけです。

あまりに情報を知らないというのも問題ですが、知りすぎて何が正しい情報で何が誤っている情報なのか判断がつかなくなる危険性も怖いです。またそれを客観的に判断しにくいし、他人に指摘されてもそうそう納得できることでもないですからね。


この時期になれば本命は言わずもがな併願校も定めておきたいです。

合不合も4回目の最後が終わりました。そしてほとんどの塾で最後の実力試験も終えようとしています。(あるいは返却されないテストだったり)

志望校について。これは例外なく、志望校、併願校決めたほうがいいです。
もちろん1月から2月5日位までの受験校のルートを一つに絞らなくてもいいのですが、ルートが分かれた上で受験する学校が多く出てきたときは、さらにそのルートの優先順位を立ててどの学校の過去問からやるのか決めておく必要があると思います。
意外に面倒くさい作業ですが。

学力が定まってから志望校を決めようという時期はもうすでに終えています。
学力はまだ変わっていく時期ですがそれは志望校を決めることで変わるものです。

もしまだ本命も定まっていないようなら、あっちかこっちか迷わず第一志望から順に決めておきたいところです。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

学校を休むのか休まないのか その3


はい、相変わらず少し間が空いてしまいました。
前回の話の続きです。


何で学校を休むのかという話をしてきましたが、今回は「じゃあ、学校を休むことでどれだけ成果が出るのか」ということです。
(成果といえばいいんでしょうか、メリットといえばいいんでしょうか。どういう効果があるのかといえばいいんでしょうかね。)

あともうひとつ、どう過ごすのかいいかという個人的な感想についてです。
親ではない第三者として「より良い過ごし方というのはあるのかな」という、提案というか、そうですね一つの案としてこういう考えもある、というのを書いてみたくなったのが理由です。


実際、僕が今まで見てきた中で、明らかに劇的な効果を発揮してウルトラ逆転ミラクルが起きたなんて言うケースは残念ながらありません。

しかしながら学校を休んだことによって、学力が少なからず向上して合否に影響した、というケースはあったんじゃないかなと思います。風邪をひかなくてよかったというだけでなく、中学受験という側面においては学力をより伸ばすことができたというある一定の効果ですね、これはあったと思います。


じゃあどう過ごすのがいいか。

どうしても大人の感覚ですと、学校での拘束時間(8時30分~15時30分くらいでしょうか)の約7時間くらいを目いっぱい使おうという考えに陥りがちですが、恐らくそんなうまくいかないと思います。

また前回コメントをいただいたように学校に行くという行為は子どもにとっては本来とても規則正しい生活なのです。ですから成績が高い子供たちのなかには直前期にもいつも通り学校へ通いそして志望校に合格するケースはありますし、やはりこちらのほうが多いかと思います。

傾向として(成績のいい子供のほうが学校が好きだ)という印象があります。これはあくまで僕の感覚です。今までにも何度かこのブログでも触れてきました。
それでも受験日以外は皆勤賞というのはなかなか大変で、ほとんどの子供がやむなく1日、2日位は大事をとってどこかしらで休むということをしていたと思います。

高校生ではないので、「よしここで時間を作って朝から晩まで目いっぱい勉強してやろう」というのはなかなかないと思います。またそもそもそういうタイプであればそうする前にそれ相応の成績をとって1か月近くも学校を休むということはしていないと思います。確証はありませんが。

こういった前提を踏まえて、じゃあそれでもそれなりに長期間、一週間ないしは2週間位は学校を休ませる(もちろんそれ以上長くてもです)とした場合はどうするのがいいのか?


ほどよく自由時間をつくるほうが効果が高いように思います。


それじゃあ、学校を休む意味がないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、現実問題、確保できた時間をそのまますべて勉強時間に費やすというのはいささか無謀といえます。その後まだ寝るまでにも5,6時間以上はあるわけです。そこでも勉強しようとなると・・・机に座りすぎて本当に体がおかしくなると思います。

大人であれば根性出して1,2カ月の短期間でやれることでもやはりまだ11,2歳の子供です。当然身体的にも精神的にもまだ未熟な部分は多々あるわけなのでして。

僕が思うに学校を休ませる一番の目的は、まずは健康維持、健康確保といってもいいくらい調子をきちんと整え、すっきりした状態で効率よく勉強させるということかなと思います。ですから勉強時間を増やすというよりはその質を高めることですね。

この時期になると多くの子供の体はガタが来ています。これは結構なものですよ。たとえば学校行事が重なると今までどんなに風邪をひかなかったような健康児でも倒れることはあります。

ただでさえそういう状態なのに(これらは本人も含めほとんど無自覚であるケースが多いですが)学校を休ませてそれを存分に勉強時間に費やそうとなると、それこそ逆に体を壊すと思います。


学校をいっていない時間は2,3時間勉強時間が増えるくらいであとは睡眠時間を増やしたり体を動かすなりしてとにかく丈夫な体にしておくといいと思います。
どうせ夕方になるといつもの勉強時間ですね、日ごろの疲れが少しでも取れてくればそこでも質の高い勉強時間を確保しでより効率が上がるように思うのです。


また学校が好きな子供ならば、これはそもそも休ませる理由はないと思います。
どんなに合否が瀬戸際でも学校生活が楽しく感じられるというのは今の時代とても幸運でそれはそれでかけがえのないものです。仮に受験に失敗してでも学校生活を謳歌させることがその子の人生にはいいように思えます。

休まないですむのであればそれに越したことはありません。
休むのであれば心身ともに健康を作り上げる、これを最優先に考えたほうがかえって勉強の効果も上がるのではないかな、というのが僕の考えです。

また2,3年したら世間の事情も変わってくると思うのでおそらくそのベストな過ごし方というのも変わってくるかと思いますが、現状考えていることを書いてみました。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。