スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の成長

朝日新聞に掲載されていた灘校の国語教師のお話です。

夏休みテスト前にこんな問題を出したそうです。
「何かに気づいたり学んだりすることで、ものの考え方、生き方が変わったという経験を書いてください。」

帰ってきた答えは・・・

親族の死を通して命が限りあることを実感し、悔いのないようしっかり生きようと思った。

自分と他人との違いに、ほかの人とは違うことに気がついた。

などがあったそうです。


ここでの話で、先生が強調したいのは、他人と自分との違い、ということみたいです。


あ、違ったらすいません、僕はそう思いました。

抜粋してみます。

たった一人の自分であることは、ほかの人も変わりません。「電車に乗っているとき、ほかの乗客の人たちも何かを思いながら生きていることに気がついた」「人それぞれに自分の人生があり、その人にとっては自分はわき役でしかないことに気づいた。」そのことに気づいた人は、より「人の気持ちを考える」ことができるでしょう。
 国語はそうした発見を通じて成長していく、心によりそう科目でもあります。皆さんは人と関わり合う中で、あるいは、本の世界でいくつもの発見をすることができるでしょう。できればその感動が冷めないうちに日記などに残しておきましょう。大人になったとき、かけがえのない財産になります。


以前少し話しましたが灘の問題というのはある種の美しさというか、難しさの中にも気品がある、そんな印象を受けるときがあります。すごい抽象的な表現ですいません。
もちろん難関校といわれるところは、どこだって必ずそういう魅力的な部分があると思います。



でも国語の先生のこの話だけでもいかにこの学校が学力以上に人間性を求めているのか容易に想像できると思います。

僕が特に目を引いたのが、わき役、という言葉でしょうか。受験生の親であれば思い当たる節はたくさんあるとは思いますが、まあ今はそれは置いといてですね、注目したいのは子供たちがそういう視点を養うことの重要性ですよね。

読書量を増やすということは活字慣れもありますが他人の世界を傍目で見る、場合によっては、なりきりその人生を体感するということをたくさん経験することができることだと思います。

記述ができない子供の中には、実はあまり他人の気持ちになった経験が少ない、という人はいるかもしれませんね。

というのはですね、口下手な子に多いかなと、感じるのです。

それは人間的に徳が少ないとか、思いやりがないとか、そういうのとは全く違うと思います。

思いやりがありやさしい人間であっても他人と触れ合う機会が少なかったり、本をほとんど読んだことがなかったり、つまり自分以外の外界との接触が少ないと文章というのはなかなか書けないんじゃないかな、と思うんですね。

技術的なものはせておいて、とにもかくにも何かを書きたい、表現したい、というエネルギーが湧いてこないからです。


「できれば日記にでも残しておきましょう」と書いてありましたが、普通の感覚であれば「めんどくさっ」となるかもしれませんね。
でも自分の中の琴線に触れた時には、どうしようもなく人に話したくなったり、書きとどめておきたくなったりするんじゃないかなと思います。


僕は実際には知りませんが、灘の出身者は感受性の豊かな人間が多いと聞いたことがあります。学力も高く、人間できてりゃ鬼に金棒の気もしますが、やはり学力と人間性は密接な関係はあるんじゃないかなと思います。

実際にこの文章を読んでいるだけでも何かこの先生の人間的な温かさというのがうかがえると思います。


本質的には勉学も感受性がなければ究められないと思うし「何かを知りたい、学びたい、習得したい」と心の中でエネルギーが湧いてこなければある程度のところで頭打ちになると思うんですよね。 


もちろん受験本番を控えた人間にはじっくり取り組むという悠長なことは言ってられないかもしれませんが、まだ時間のある子供たちは、読書だけでなく様々な経験から記述力を養ってほしいし、また6年生であってもたくさんの演習を重ねることで何らかの感動に出会い自分の気持ちを表現することに積極的になれるかもしれません。


これは今勉強がはかどらない子にも言えるかもしれません。ああ、それはまたいずれ忘れたころにでも。



前回国語はすべての科目の基であり、算数でも当然必要な能力である、ということを話しましたが、理数系、文系、という風にやはり算国は対局の関係にあるのではと考える人も多いんじゃないでしょうか。


そのことについて僕なりに今考えていることを書いてみたいと思います。    


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

記述

志望校別の講座というのは早ければ6年生になってから、ゴールデンウィーク、夏休みとあるわけなんですがそろそろその内容が本格化してくるころだと思います。

志望校別の授業を向ける大きな理由は記述対策をするためだと思いますが、最近は記述の割合が増えてきた学校が増えてきました。これからもどんどん増えてくるだろうと思われます。

ということで今日はあんまり、というかこのまま書いていったら算数は関係ないかな・・・。



朝日進学情報のデータによれば国語の問題の50パーセント以上が記述の学校が挙げられていました。

5割~8割が麻布、桜蔭、ふた葉、白百合、鴎友、フレンド、日本女子大付属などで、8割以上は開成、武蔵、学習院女子などです。


やはり女子校が多いですね。


これに加えて社会の記述も含むと今度は男子校のほうがもっと増えるんじゃないでしょうか。

こういった国語の記述対策は進学塾ならではという気がします。記述の添削はよく塾の先生がしてくれますからね。


基本的に記述の多い学校は問題傾向全体に特色があるので、これから12月までにある実力テストの成績どおりに合否が決まらないという人は毎年結構いるんじゃないでしょうか。

新聞の記事ではこんなこと書いてありました。
「記述の場合、模試の成績が低めであっても、書く力が伸びたことで『逆転合格』したケースもあった」
そうです。

ぼくもそう思います。四谷の合不合や日能研のセンター模試が大規模な実力テストとはいえ限界があるというのはこういう点においてです。とくに首都圏模試なんかは選択問題ばかりなので、難関向けとは言えないと思います。

大人数に向けてのテストなので試験内容も標準的な作りを意識しないといけないですからね、特に理科社会などは記述の多い学校を志望する子供にとってはテストの成績がそのまま志望校の過去問に反映されるとは限りません。


新聞には麻布に合格した人のコメントが掲載されていました。
15年分の過去問演習をしたそうです。
「出来が良くなったのは、入試直前の冬ごろ、設問で『何を求めているのか』をつかみやすくなり、書きやすくなった」らしいです。

うーん、なんと賢そうな返事なんでしょう、さすがは麻布の子です。(笑)

男女問わず新聞を読むことは重要でしょうね。朝日小学生新聞とかじゃなくて、普通の大人が読む新聞がいいでしょうね。

もちろん隅から隅とは言わなくても、天声人語とか編集手帳とかだけでも効果はあると思います。

時事もリアルタイムのことを分かっておかないといけない時期でしょうね。


どうなんでしょうね、記述問題なんかも同じ問題を何度も解くのは効果的だとは思いますが・・・。


そこら辺は明言は避けておいて、専門家に・・・ってぼくももっと勉強したいんですけどね。

国語も暇を見つけてはどういう学習法が効果的か、というのは本を読んで、問題を解いては考えるのですが。

結局のところ読書量がないことには始まらなさそうですね。

その素養があってこそ初めて記述対策というのが活きてきますからね。

もちろん残り数カ月だからといってあきらめずできる限り活字慣れをして、少しでもいい得点をとれるよう頑張ってほしいところです。

だから5年生以下、特に4年生以下などはまだ比較的に時間が作れるので本をたくさん読むといいと思います。


やはりすべての基になりますからね、読めないことには算数だって解けません。
国語ができる子は呑み込みが早い傾向にあると思います。

たとえば実際に得点に結びつかなくても途中式の完成度が高いな、と思う場合が多いんですね。


こういう点は成績だけをみるとついつい見逃しがちなのですが、間違った問題などを一緒に解いてみると実は自分の理解度をしっかりと説明できたりするんですね。これはとても重要ですね。


ですから国語力を一番に伸ばす方法は親子のコミュニケーション、というのもあるでしょうね。

一緒に問題を解いたりするのはとても労力がいりますがいろいろな効果も望めるんじゃないでしょうか。

問題も易しく、時間も作れる時期に、親子で勉強に取り組むと国語力というのは伸びるのかもしれない、今はそんな風に考えています。

6年生はなかなか大変でしょうが。
と、あまり本番を控えている人には関係のない話になりました(汗)


あ、そうそう、この新聞には灘校の国語の教師の先生の言葉も掲載されています。

次回は紹介して、どんなもんかすこし考えてみましょうか。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。