スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しい心境

毎年のことですが秋頃になると比較的それまで以上に精神的に不安の度合いが大きくなる人が増えると思います。

受験が近付いていくれば緊張が増してくるのは言うまでもありませんがその変化が特に大きいのがこの時期かなと、そう感じます。


そういえば最近、家庭教師センターから生徒の依頼がすごい頻度で来ましたが結局一つも引き受けることはなさそうです。

場所や時間帯などが諸々微妙でして僕のほうが
「この日からだったらスタート可です」とか
「定期でない時間帯もなんだかんだ埋まっているので来週とか再来週とかからスタートであれば・・・、すぐにはうかがうことはできません」

なんていうもんなので、大抵教務の方から

「んー、じゃあ、先方がその条件をのんでいくれるのであればまた折り返し電話します。」

なそういううやりとりだけでかれこれこの二週間の間に6,7件の案件が来ました。
全部決まらないのも珍しいですね、ただこればっかりは僕にはどうしようもできないものです。スケジュールが空いているかどうかだけでなくこの時期になれば現在指導している子供の近辺か否かも決め手になります。
毎年どこの地域に行くかなんてそのときになってみないとわからないですからね。

秋はねー、今現在指導している生徒が突然辞めるとか、そういうことがないと融通の利く時間にスケジュールはあかないんですよね。(っていうか空いていたらそれはそれでこちらが困ります。)


当然みんなせっぱつまって家庭教師や個別塾、転塾など様々なことが頭をよぎるのかもしれません。

そういう心境は指導している生徒の家庭でも同様です。

先日とあるお母さんから電話がきました。すぐには出られなかったので留守電を聞いてみると「ちょっと相談があるのでうんぬん。」

・・・・これは長くなりそうだ・・・。

こちらからかけ直すときに、深呼吸をして、心を落ち着かせて、などなど・・・
極力‘ありのまま‘で努めようと、うまく言えませんがそんな心境になります。

内容は大体予想通りで、最近算数の成績が良くないので何か大きな課題や問題でもあるのではないか、指導する立場から見ていて何かそれについて気付く事などはないか。
そんな感じの内容です。

ちなみにこのお母さん、普段はとても気さくで愛嬌のある明るい方です。
子供の育ちの良さを見ても両親の人徳が透けて見えるような方ですので、子供がいない電話での会話となるとそのトーンの違いがより浮き彫りになります。


この時期の悩み方の王道パターンだと思います。


こういうときの心理というのは解明するのがなかなか難しいものです。

おそらく早急に改善しなければ点がある場合、こういう相談はしてこないように思います。

かといって今回の場合、現実悪い方向へ向かっているのかと聞かれれば僕の目から見ればそんなことはないわけです。
なかには原因は分からないけれども漠然とした不安を抱えていて、実は明らかな下降路線をたどる場合もありますが、今回はそういうケースではない、と僕は判断しているわけです。

本人は夏休みも順調に過ごしたし、志望校に関しても至極現実的な範囲です。
テストでの志望校判断はどんなに悪い時でも30~40%だった記憶があります。
大体は60~80%でしょうか。

お母さんとしてはここ数回のテストのいつもよりも算数が悪い、そういう風に感じているのです。
そのとき、確かに言われてみれば良くはなかったなあと思ったのですが思い返してみれば前々回(定期テスト、オープンテストなど全てを含めて)のテストは総合も算数もどちらかと言えばいい成績だったのです。しかもそれは志望校判断テストでしたので個人的には重視しているテストでした。(この時期になれば週例、カリテ、マンスリーの重要性も子供によっては低くなります。)

ですが会話からそのテストのことがぬけ落ちているわけです。

テストのことは後で思い返したことだったのでその時は話さなかったのですがそれを差し引くほどの課題はないので

「学力が下がっているような印象は持っていませんよ。」という旨を伝えました。

実際自分の経験上そう感じたのでそう素直に話すほかないのですが、それが相手が求めている解答ではないだろうと思うので難しいわけです。

ですのでお母さんの返事はかなり曇りがちです。とりあえず励ましていくしかありません

実際、僕が心配する不安や課題はそれほどなく、強いて言えば課題はあるけれども今後指導の過程で十分改善できるレベルの事だと思うわけです。

その部分をあえて強調して「それを改善しましょう」とか「おそらく過去の経験上心配するほどのことではない」という言い方をしました。
結局僕自身「相手を納得させることができたであろう」というような感覚はみじんもなく、なんとも歯がゆさを感じたまま電話を切ったのです。

明らかに早急に改善する点は見当たらないけれども保護者は不安になっている。
その不安を取り除くことができたとは思いませんが、保護者がドンと構えていれば杞憂に終わる内容かなと、そんな電話内容だったわけです。

それはなかなかストレートに行っても伝わらないですし、余計な誤解を生むかもしれませんね。

じゃあどうして電話をしてくるのか?
それは何とも言えない不安が強くなってくるというのが原因としてあるんじゃないかと推測しています。(そうじゃなかったらすいません)

何とも言えない、もやもやしたものがあるから不安になるとも言えますね。

中身がない、というわけではないんですよ?
ですが相談する側の本音はそこにあるわけじゃない時もあると思います。

何かこう自分の中にあるもやもやを解消したい、そういう心境なのかなと、想像しています。

比較すれば不安材料はたくさんあります。
それはそうですね、その内容は間違っていないと思います。

ですがその悩みを抱えていない人はおそらくほとんどいません、多かれ少なかれみんな悩みや不安はあるわけです。

中学受験が親の受験というのはこういう部分にも表れていると思います。
今回の電話くらいなら何ら問題はありません、別に30分たとうが1時間経とうがそれで和らぐなら大した問題ではありません。

他人に言わないでどんどんため込んで、ある日突然とんでもない行動に出るほうがよっぽど危険です。

リスクが大きいわけです。

そして実際そういうケースは、なくはないんです。



親がぶれない、子供が安心して受験に臨める環境を整える。

改めてその大切さを痛感します。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

人間関係と親子関係

人間関係を親子関係に照らし合わせてみるとこういう関係が出来上がる場合もあります。

子供へのまなざしの中から著者の言葉をそのまま引用します。


「親が僕のことを不足と思っている」と感じる子どもは、子ども自身も親のことを不足に思っているのです。
親が「ありのままでいいよ」と思っていれば、子供のほうでも、「僕にとっては、そのままのお父さん、お母さんで十分だよ」と思っているわけです。
そういう関係になるわけです。
親が子供に対して、「まだあそこがだめだ、ここがだめだ、あるいは、ここがこうなればいいな、あそこがこうなればいいな」と思っているうちは、子どもだって同じように、親に対して不足だらけに思っているわけです。

こういうことは人間の心理の、人間関係の鉄則なのです。


福音館書店
~子供へのまなざし、59ページより~


はじめてこの部分を読んだ時にはゾッとしました。
本当に寒気が走るくらいの衝撃でしたね。

それくらい的を射た表現だと思います。

たとえば、やたらと悪口を言う子や、なにかと一言文句をつけ加えるような子供というのがいるとします。

そういう子どもに対して「どうしてあの子はあんなに性格が悪いのか、どうしてあんなにねじ曲がっているのか」そういうことが不思議でならないと思う事はあるかもしれません。

でも原理は簡単なのですね。

その子の周りの大人がそうなのです。

この本では「鉄則」というように、それくらい強い法則だと思います。

自分自身に照らし合わせてみれば・・・言うまでもなく・・・・という感じです。
思い当たる節が多すぎる・・・。

自分が無意識に行っていたことにこんな原因があったなんて、と情けなく反省することが多いです。

子どものことを悪く言っていると、今度は自分が悪く言われるんですね。

因果応報とか、子は親の鏡とか、まったくもってその通りなんですね。

人間の精神というのは複雑で分からないこともたくさんありますが、太陽が東から昇って西に沈むのと同じくらい、ゆるぎない法則というのもあるようです。

この本を読むとよくわかります。

こういうのは著者が編み出したことではなく、長年たくさんの親子を見てきて著者の前に起きていたゆるぎない原則だったのだと思います。

鉄則と言い切るその言葉に僕はそんな重みや意志の強さを感じます。


ですからこの人間関係の鉄則に照らし合わせてみると多くのことが納得できます。

本当に予想以上にですね。

ですから、子を見れば親が、親を見れば子が透けて見えてくるわけです。

特に子供は純心ですから親の本音を思いっきり暴露してしまうことがあります。
これは別に本人が意識しているわけではないんですね。でも明らかに本人が考えて導き出した考えではないことを「大人をまねて」いうんですね。

しつけというのも同じ要素があると思います。


受験がゴールなのか、受験後が始まりなのか、焦りが大きくなってきた時には今一度原点に返ると今まで考えもしなかった答えが導き出せるかもしれません。

主体は飽くまで子供だということは忘れてはいけないことの一つですね。


最後にもうひとつ、言葉を引用しておきます。

僕はこの言葉に何かこう、心がえぐられるような感覚になってしまうんですが、まあ、載せておきます。



~子どもが「A君のお父さんみたいな、B君のお母さんみたいな親を持ちたい」と思う事は、子供にとって最も不幸な感情ですね。~




そんなことを言われる親が不幸とは書かないんですね。子供が不幸なんです。



毎日がカウントダウン化してきました。 焦らず無駄なく過ごしていきたいものです。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

中学受験の価値観

中学受験において保護者の役割は大きいし、理想としては両親が全面的に応援してくれるというのが望ましいと思います。

これは実際に勉強を見てくれるとか管理してくれるという意味よりも、子供の受験を応援してくれる、という意味合いのほうが強いです。

基本的に父親が仕事に行き、母親が家事をするというスタイルが多いので受験勉強に携わる機会が多いのは母親ですね。


それでも年々父親が子どもの受験に出来る限り携わるという家庭も増えてきています。

たぶん僕らの時代ではほとんどいなかったんじゃないでしょうか?そういう家庭は。


少子化に反比例するように中学受験を望む家庭が増えてきた原因として、母親だけでなく父親のほうが公教育に危機感を感じている人が増えてきたのだと思います。

というより安定した職に就くために(高給取りになるために)学歴による影響の大きさを感じている人が増えたのかもしれませんね。

今や学歴不問の会社も少なくないのでそれとは矛盾しているようですが・・・。
その点についてはもっと詳しく調べてみないとわかりませんね。




とはいっても、まだまだ中学受験に関心のない父親というのは母親以上に多く存在します。

また実際に中学受験を経験していても今の時代の中学受験の過熱ぶりが理解できない人も少なからず存在するように思えます。


首都圏の中学受験の移り変わりを見ていると、まず大学進学人数で戦後直後の名門校であった日比谷高校が東大進学者人数において首位の座から陥落したのが30年くらい前の話です。
つまりそれくらいから灘、開成、麻布、武蔵のような学校が首都圏内で本格的に頭角を現してきた、といえるのでしょうか。実際その時代に生きていたわけではないので、当時の人のほうがもっと細かく正しく説明できるかもしれません。僕はあくまで紙面上でしっているだけなので。

中学受験が今のように加熱してきたのは大体80年代後半と位置付けられています。今の過熱ぶりとそう差がなくなってきたということです。

そうすると年齢的に今の中学受験の大変さを容易に想像できる世代というのが35から40歳前くらいのところまでと、言えるかもしれません。

現に40代以上の人と、それより若い人の話を聞くと感覚的にもそこら辺が境目なのかな、という印象を受けます。つまり40を過ぎたくらいの人であれば「われわれの頃は中学受験はこんなに大変ではなかった」という意見を聞くことが多いのですが、30代くらいであれば、今の時代の受験の話を聞くと自分たちの頃の苦労を思いだすかのように「ああ、中学受験は大変だったな」というか感覚の人が多い気がします。


もちろん20代、30代の中学受験体験者といえども今の受験のシステムと様相は違いますが、たとえば偏差値の各学校の位置というのはそのころから大きくは変化していないように思います。

算数でいえば当時はなかったであろう解法や重視されなかった単元というのもありますし、それはほかの三科目においても同様ですね。

ですが今の子供たちは本当に受験をしようとしたら大変なんだ、というのを聞いたら感覚的に理解できるのは30後半くらいまで(受験生の親は除きます)かもしれません。

それ以上になるといまいちピンとこない、という人は話しているといますね。




以前あるお父さんとこんな話をしました。子供の学力が下がり転塾を考えていた時、わざわざお父さんがぼくの話を聞いてみたいということでこういうことを言ってきたんですね。

「先生の時代もそうだと思うのですが、まずは学校の勉強が第一ですよね、これをやらない限り塾の勉強なんて本末転倒でしょう。少なくとも僕はそうでした」ということをおっしゃったのですが、この点が時代の大きな違いだと思います。

僕は6年生の頃、学校の勉強を家でした記憶がないし、そういう受験生は少なくないと思います。あ、学校行事とか、宿題とか、委員会とか、自由研究、休み中の課題とかは別ですよ。ただテスト勉強なんて一切した記憶はないです。(まあ、小学生のテストであれば女の子なんか真面目なんでいちいち勉強やらなくても100点かもしれませんが)

ふつうは知りませんが僕は結構極端な人間でした(現在もそうかもしれません)小学1年生の頃なんか平気で0点のテストを持って帰ってきて家族全員を仰天させた記憶があります。

つまり受験勉強をするまで僕の小学校の成績は悲惨でしたが、始めてからは何もしなくても得点できてきました。


そのお父さんは、やはり小学校の勉強はしっかりしたらしいのです。

ちなみにこのお父さんの学歴は首都圏屈指の進学校から東大に行った方です。今じゃその高校は何十人も東大に進学しているのでこのお父さんがいかに努力してきた人か容易に想像できます。


でも学校の勉強が軸だったという話は僕自身も驚きました。僕の話をしたらお父さんがびっくりしていましたが(笑)。

当時は本当に限られた地域にしか進学塾がなく、せいぜい四谷大塚の準拠塾が町に転々と存在していたというのがお父さんの印象らしいです。

サピや早稲アカは勿論存在しませんし、日能研ですら通うにはかなり限られた地域の人間だったと言っていました。


とにかくですね、言いたかったことは中学受験という者の過熱ぶりは知っているけど所詮は子どの受験、と、いやないい方をすれば少し見下した、馬鹿にしたような感覚を持っている人はまだまだ多く存在しているということです。

別にだから価値判断としていいとか悪いとかを言うつもりはありませんが、もしも受験生の親がそういう感覚であれば、やはりあまり受験をする上ではよろしくない、これは子どもにとってよろしくない、そんな気がするのです。

・・・・NNとSSの話でしたね。

少し時代背景の説明というか、相変わらずまどろっこしい前置きになりました。


ただここまで書けば、父親が介入することで何が厄介になる場合があるか想像できるかもしれませんね。

明確な効果的な答えがあるとは思っていませんが、それでもその問題を避けて通らないでどうすればいいのかということを考えてみたいと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

達成度。理想、現実・・・

夏休みも終りが近づきましたね。


たまに若干涼しい日があるとうれしいです。

ブログのほうは・・・結局のところ更新スピードは戻らず(涙)。・・・

ええ、サクッと気を取り直して。

今日はどんな事を書こうかというとですね、夏も終わりいよいよ本番へ向けての時期ということで触れてみたいことがありまして。



塾に通っている子供たちは夏期講習も終盤に入りつつあります、月末にはテストが結構ありますし。

9月の合不合あたりで志望校が定まっていない人も決まってくるといいんですが。

さて・・・これからしんどくなるのは・・・たいていは保護者の方ですね。

当然子供よりも自立しているわけですから子供の行動の一つ一つが気になり不満もどうしても溜まりがちです。
子供は子供でのんきに勉強している、ように映ることが多いみたいです。


お母さん同士だって世間話はするとは思いますが、やはり相手の家庭を一部始終見ているわけではないので意外に自分たちの方針が正しいのかと不安になりやすいのだと思います。



ただ親の方が計画性、忍耐力などが明らかに優れているのであればそれを子供が越えることは不可能なわけですね。

もちろん親もそれを考慮して子供の勉強態度を見るようですがなかなか納得できるレベルには至らないようです。

・・・・正直、これは難しい課題ですね・・・・

結局のところ克服するには忍耐、我慢という以外に気の利いた言葉が見つからないです。

中学受験の指導をしていながら矛盾するようですがやはり受験はこれからの入り口に立つための過程なんですね。
ここをゴールと思うとついつい全力で1分1秒無駄なく、という思いが強くなってそれを本人に成果を求めてしまいがちになるようです。

どんな結果であれここまで頑張ってきたことは学力の面のみならず決して無駄にならないわけです。というのは不本意な結果に終わった人間には酷なようですがやはり事実なんです。


過去にも話したことですがこれは再三触れておきたいことです。

合格不合格だけに固執するとろくなことがないです。そういうことにこだわりすぎると受かっても不満が残ってしまう場合があるんですね。
何のための受験でここまで時間と労力を割いてきたか、それに真摯に取り組んだのであれば自ずと結果に充実感を持てると考えるのですが・・・うーん甘いですかね。ただそういう考えがないと報われないと思います。価値がなくなると言えばいいんでしょうか。

まあ、これは感覚的なものとしか言いようがないです、わからない人にはわからないかもしれません。僕の考えがひどく非合理的に映るかもしれませんね。


こういう話題はとてもデリケートなので本来話題にしないほうがいいかもしれません。

これからどういう風に取り組んでいけばいいか、なんてことになると基本的にはケースによって違うので、放任じゃ駄目だけど、あまりガミガミ言っても逆効果、なんてのはあまりに抽象的すぎて混乱を招きそうですし。


じゃあなぜわざわざ話題にしてみたかというと、真剣に中学受験に臨んでいるご家庭であればまず間違いなく、保護者の考える勉強計画と子供の勉強態度にずれが生じるからです。

それに対してのずれや不満の度合いやまたそれぞれですが大小含めてない家はまれでしょうね。

たとえば受験時代にほとんど親に怒られた記憶がない、という人も少なくないと思いますが、そういう家で保護者が本当に楽観的に考えていたかというと、そうではないと思います。

やはり相当の忍耐力があったんじゃないか、と想像しています。

かといって本気で親が怒った出来事が子供に奮起を促したり、とてもいい効果になる場合もあるわけですね。
当然そのときには決して親は自分の感情で怒るわけではないので深い自己嫌悪に陥るでしょうが。

ブログを読んでいてもそういう人はいますよね。

それだけ怒るという行為も難しく、自分の感情をよく分析しながらタイミングをみはからってする必要があると思います。



一つ言えることは、自分たちだけ遅れている、取り残されていると、過度の思わないことかなと思います。
度合いは人それぞれですが多くの親が同じ悩みを抱えています。直接そういう相談をしてくる方も少なくないです。

見ていると生真面目で几帳面な方はこういう心理状態に陥りやすいようです。子供を叱りつつも本音では自分で自分を許せなくなり、かなりつらい精神状態に陥ってしまうように見えます。

最初に書いたように、周りの家庭状況が見えないから余計にそうなるんでしょうね。
保護者のブログを見ているとそういった悩みを共有することができて、お互いいい効果を生んでいる場合もある気がします。(もちろん話題の展開には難しい部分もあるとは思いますが)


うまくいかないというもどかしさの中、悩んでいるのは自分だけではないということを知ってもらえればと思い書いてみました。

楽観視するわけではないですが悩みすぎないように、というのが重要な気がします。

うまくいかないことがあっても遅々としてでも、少しで前進できたことによしと思えることも大切です。

忍耐や継続ということに関してもう少し突っ込んでみたいと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

塾との距離感 その2

昨日の続きです

塾に通わせて「こんなはずじゃなかった!」
という経験をできる限り予防するために。

簡単に書くと

ふだんから親が子供の塾でやっている勉強を逐チェックしていて
志望校はどんなレベルの問題が出てるのか(解けなくてもいいんです)
返却された小テストはちゃんと○付けや、間違い直しをしてるのか
等そのようなレベルです。


それを継続して子供の状況を把握してさえいれば
たとえば昨日書いた塾の宿題を渡された際に
すぐに違和感を覚えるはずです。

昔はどうだか知りませんが、少なくとも現代は学校にお任せ塾にお任せ、という姿勢では
満足な学力は身につかないと考えています。

やはり勉強も育児の一つなのではないのでしょうか。

昨日のようなケースで塾を責めろというのではないのです。
ただ塾には塾の経営する以上、言い分や思惑があるし
それらも納得した上で受験に臨む必要があると思います。
それは小学生にはわからない事情です。
もし「ああ、この親は子供の勉強を見る気がないな」と塾側におもわれたら
適当にもなりたくなる、という塾側の人情もわからないでもありません。
そうでないにしろ悪い連鎖が生まれやすくなると思うのです。
ですから子供のためにも親が予防出来ることはしておくべきでしょう。

以前書いた中学受験は小学生がしているというのはこのことです。

長くなりました。
出来る限り簡潔に書きたかったのに。

まあ、でもこんな時代だからこそ徹底した面倒見主義(あれ?市進のキャッチフレーズ?)
という私立や塾も存在していますね。
それに関してはまた後日。

僕が考える塾や家庭教師の役割、
これもいずれ具体的に話したいと思います。

とりあえず親の重視している塾といえばSAPIXでしょうか。
今度はそんな話題でも。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。