スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高一貫校の実績をどう捉えるか

閑話休題、都立一貫校の話に戻します。





そろそろ今年のも掲載される時期が来てしまいましたが、

2013年度までの全国の東大合格者数上位を載せてみます。

横の数字はここ三年間の順位です





1開成        170人          1 ←1 ←1
2灘          105人         2 ←2 ←2
3筑駒         98人           3 ←4 ←3
4麻布          82人          4 ←3 ←5
5東京学芸大付属    68人          5 ←9 ←9
6桜蔭          66人          6 ←8 ←4
7聖光学院        62人          7 ← 8 ←8
8渋幕          61人           8 ←10←14
9駒東          59人          9 ← 5 ←6
10栄光学園      52人          10← 5 ←7
11県立浦和      46人          11←14←19
12海城        40人           12←11←14
12ラサール      40人           12←18←21
14筑波大付属     38人           14←18←12
15女子学院      37人           15←31←16
16●西        34人           16←29←21
17●岡崎       32人           17←23←11
18●日比谷      29人            18←18←21
18武蔵        29人            18←35←25
18●旭丘       29人            18←16←27
18東海 29人         18←24 ←34
18西大和   29人          18←43←26
23豊島岡   27人         18←25←50以下
23浅野 27人          23←21←16
25●県立千葉      25人            25←17←36 





では昨今中高一貫となった都立の結果も載せておきます。

桜修館   6
九段    2
小石川   5
白鷗    5
両国    5
富士    0
大泉    0
三鷹    0
武蔵高付  1
立川国際  -
南多摩   0





ご覧のように上位においては私立の方が圧倒的に優位ですし、中高一貫校化した学校は公立のトップである日比谷校などと比較してもまだまだ明らかな差があります。




ただし一貫校化の入学者が卒業している、桜修館、九段、小石川、白鷗、両国は着実に実績を出しており、今後も大学合格実績が伸びるというのは大方の予想だと思います。



もしも今後数年間数字を伸ばすことはできなくとも5人前後は合格しているようであれば一貫校化はとりあえずのところ成功した見ていいんじゃないでしょうか。
東大合格者の上位ランキングを見たあとだとイメージしにくいかもしれませんが私立で同等の実績を上げる学校を探すとなると意外にも少数です。







実際のところ公立中高一貫校が俗に言う「お得な学校」かどうか?

合格実績、学費の安さだけをみたらそうとも言えますし、校風やカリキュラム、大学名だけでなく学部まで詳細に検討した場合「そうとも言えない」という意見も出てくるかもしれません。


例えば学費が安くそれなりに実績があっても、実際はダブルスクールを黙認してい るのかどうか、もしくは数年前の九段のような例のように、当時において「名ばかり中高一貫」と言われても仕方なのないような実情が露呈されたこともあります。



中高一貫ではない公立中では「塾の協力を歓迎している校長は過半数以上」というデータがあります。

杉並区立和田中のような例がどんどん増えていく可能性は高いですが、人件費のことを考えると公立であってもどこまでのことが無料でできるのか、それも大きな課題となでしょう。(私立もダブルスクールを黙認するような学校と、大学受験対策まで「自分たちが責任を持ちます」とはっきりと意思表示をする学校と、それぞれスタンスが随分と違います。)




個人的には私立と公立中高一貫校のどちらが良いのかと いう意見はないです。
どちらにせよ長所短所を含めた特色がありますし、その多様さは私立はもちろん公立もこれから国の許容範囲内で違いは出てくると思います。




ちなみにここ2,3年の流れでは早慶をはじめとした私立大付属の人気は急落しており、唯一人気を維持しているのは半分進学校のような早稲田中くらいです。

一方で公立中高一貫校の倍率は、ピークは過ぎ設立数が増えることで今後も減ることが予想されますが、それでもまだ7~8倍と私立の倍率よりもかなり高いです。



東京23区の区立中心学は約7割、その他3割の大半が私立、国立、中高一貫校に進学していると言われています。これは全国平均90パーセント以上と比較す ると突出した値になっています。




しかし中学受験を考えている保護者の3割近くが公立中高一貫校への志望を考えておりこれはこの数年でかなり増えてきました。
今後数年間で日和見的な公立志望受験者が減ることでの急減はあっても入学のハードルが大きく下がることは考えにくいです。



栄光ゼミがいち早く取り入れたように公立中高一貫対策コースというのもこれからどんどん充実してくるでしょう。

ですので受験までの通塾費用という観点では私立受験との差は縮まり入学してからのダブルスクールの可能性まで考えてから公立を選ぶか否か、最低でもそれくらいは判断材料にしたほうがいいでしょうね。




公立中高一貫に関しては今後も機会があれば話題にしてみたいと思います。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


















スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

中高一貫校の偏差値

久々の更新です。
前回の記事から過去最長を更新したような・・・・。
ええ、ずっと話題にしたかった中高一貫について触れていこうかと思います。


全国的に見て、中高一貫校は10年ほど前と比べて(タイプが若干分かれますが)数倍以上にに増えました。

都内の中高一貫校もいまや10校、都教委が進めてきた都立高校改革の実施計画による学校がすべて出揃ってから2年経過しました。
受験生の数も2万人近く(一都三県)と相変わらずその数は微増傾向にあるようです。



さて、私立に対しての都立の立ち位置をどのような側面から見れば良いのかとても難しいのですがとりあえず偏差値と難関大学の合格実績を軸に主観を交えつつ見てみようかなと思います。
まずはこれら10校の偏差値を性別は(男子、女子)でサピ、四谷大塚の順番で載せておきます。
なお、数値は時期により若干異なるので大体の目安として捉えておいて下さい。



小石川中等教育      (56 56) (64 64)
白鴎高校付属       (45 45) (57 59)
両国高校付属       (47 49) (60 62)
桜修館中等教育      (47 45) (59 62)
富士高付属        (42 42) (56 58)
大泉高付属        (47 47) (57 59)
南多摩中等教育      (43 43) (56 58)
立川国際中等教育      (42 42) (55 57)
武蔵高付属        (52 52) (61 64)
三鷹中等教育       (43 43) (56 58)
九段中等(区外)      (45 45) (57 59)


見て分かるように大半は女子の方が高く、もしくは同等、唯一サピでの偏差値で桜修館の女子が男子より低いだけです、この傾向は私立の共学校と同じですね。
偏差値に関しては再三触れてきましたが、私立と試験方法が違うので単純な比較はできません。
この数字は「私立に置き換えた場合の入りやすさ(受かりやすさ)」という風にとらえるのが適切かと思います。

又これらとは別に「進学指導重点校」と言うのが7校指定されています。
日比谷、八王子東、青山、西、戸山、立川、国立の7つの高校です。
今の所中学からの募集はしていませんがいずれ中高一貫校に生まれ変わる可能性もあると思います。

進学指導重点校というのは国が定めた難関校というわけなんですが、これが13年からの新基準によって指定校から外れる学校が出てきて入れ替えが起きる可能性がでてきました。

①基準は在校生の6割以上がセンター試験を受けてそのうちの1割が80パーセント以上の得点であること。
②東大、京大、一橋、東工大の4大学及び国公立大の医学部への現役合格者が15人以上であること。

原則として上記の二つを満たすことが必要なようですが、11年度では戸山が13人、青山6人、立川4人と基準を満たしていません。
因みにここ数年の合格者の人数の推移を見ると上記の三校はほとんど変わらず日比谷は顕著に伸びています。
最初にあげた10校のいずれかが指定校になる可能性もあるということでしょうか・・。

10校の合格実績に関しては又次回以降にある程度記載してみようかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ





テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

白鷗ショック

と、いうのだそうです。


今年の中高一貫の動向を見てみると倍率は相変わらず高く(全体で約7倍前後)来年もその状況に大きな変化はなさそうです。

また今年は中学で入学した学年が大学受験をした学校が注目を集めていました。

タイトルに挙げた白鷗です。

去年か一昨年、このブログで白鷗のことを取り上げて自分の知識不足により誤った情報を垂れ流してしまったわけなんですが(汗)・・・今回の白鷗の合格実績は見事に予想を覆したというわけなんです。

中高一貫校というのは倍率が高いのですが偏差値としてはずば抜けて高いというわけではありません。

県立千葉、小石川あたりは偏差値が高いですが、他の都立はytでも60を超えるようなのはほとんどなく、白鷗は去年の時点で男女ともに50そこそこという感じでした。

ということなので中学受験の偏差値から予想すると「一貫校になってからの一期生の大学合格実績はそれほど良くないんじゃないか」僕も含めそのように想像していた人は少なくないんじゃないかと思います。

具体的にどのような結果だったのか、主要校の実績を載せてみようかと思います。
卒業生232人

東京大  5人
東工大  3人
一橋大  2人
筑波大  3人

早稲田  38人
慶応大  11人
上智大  14人

同じように今年東大に5人合格した学校には本郷、芝、頴明館などがあります。
もちろん東大以外の合格実績をみると白鷗、本郷、芝、頴明館それぞれに差があるのでそれらと同レベルというわけにはいきませんし、東大合格者人数の3人~10人くらいまではその年の生徒の質によって影響される部分もあると思います。

きちんと比較したいのであればそれ位まで幅を広げて、なおかつここ数年のデータも照らし合わせないと本当の意味での各々の学校の合格実績は見えてこないんじゃないかと思います。

とはいえ、一期生で5人というのは、今後に向けていい弾みですね。

公立一貫校になったことで主に変わったことというのは、私立のような先取りが可能になったことと(私立では進学校の難関レベルになれば中学2年生で高校数学の内容を扱うことは珍しくありません)、それに伴い高校二年生から目的の大学別に細かい指導を受けられるようになったことでしょうか。


ついでに今年の東大合格者ランキング載せておきます。

創ですね・・毎年ただ載せるのもつまらないので今回は少し他の視点から見てみたいと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

国公立の動向

今年の受験をそろそろ振り返ってみようかなと思います。
僕も指導した生徒の進学先の判明した人だけ更新しておきました。今までと混ざっているので、今年の受験した子供がどの学校へ進学予定なのかわかりづらいかもしれませんが(汗)

このブログの右端にあるリンク先の「家庭教師の依頼」に掲載しています。


まずは国公立です。倍率は高かったのかどうか関心があったのですが、今年は全体的に下がり気味のようです。とはいえ私立に比べたらいまだに2,3倍以上は高いです。

朝日新聞に載っていた公立中高一貫校の倍率のデータを掲載します。
一行下は去年のデータで、書いていないところは新規募集です。

        募集人数     倍率
       男子  女子   男子 女子
小石川   79  80     7.4   5.9
       (80  79)   (7.9  6.4)
白鷗    72  72     5.4   8.2
        (70  74)   (6.1  7.7)
両国    60  60     7.8   7.8
       (60  60)   (8.1   9.1)
桜修館   80  80     4.6   7.0
       (80  80)   (5.0  7.1)
立川国際  65  65     4.5   7.3
        (65  65)   (7.3   12.3)
武蔵    60  60     7.6   6.9
        (60  60)   (11.5   10.3)
富士    60  60     3.5   4.0
       
大泉    60  60     8.1  9.4

南多摩   80  80     8.4  10.7

三鷹    80  80     6.1  5.7

九段   A40   40    1.7   1.7
      (A40   40)  (1.8   1.6)
       B40   40    7.5   8.5
     (B40   40)   (8.6  11.5)


国立ではお茶の水大付属の女子、筑波大付属の男子、東大付属の男子が増えただけであとは軒並み減少したようです。学芸大附属も減少傾向にあるようです。

また受験が終わった人に向けてまたまた「これはいいなあ、いいこと言っているな」というようなことが載っていたので次に取り上げてみようかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

公立中高一貫での出来事 その2

はい、結局更新できませんでした・・・。

まず新聞の内容を詳しく内容を見ていきたいと思います。

九段中等教育学校は、千代田区が都立九段高校から譲り受けて06年に開校。
同年の入学選抜で合格した(昨年4月時点で)160人は高校段階に進む際に18人が外部の学校に進学。

「高校の授業についていけない可能性があり、納得のうえでの転学」が学校側の言い分ですが、「一貫教育を前提にしているにもかかわらず、学校が責任を放棄している」という批判も出ているわけです。

学校側は外部に進んだ生徒について
「授業中にノートを取らなかったり、学校が求める補習に参加しなかったりなど学習態度に問題があった」ので保護者を交え面接して、「高校で授業についていけず、留年の可能性もある」と話して外部進学を選択肢として示したそうです。

校長いわく「いずれの場合も保護者を含めて納得の上での選択だった」。

この学年では中学3年の段階でも7人が転校し現在は160人から135人にまで減っているそうです。

なぜこれだけ転学者が多いのか、背景としては入学選抜制度です。
定員の160人は80人ずつ、千代田区民と区民以外の都民から募集しています。
倍率は区民枠1.7倍、都民枠が10.0倍です。

ちなみに高校段階に進まなかった区民枠が18人中16人だったそうです。


公立中高一貫校は私立志向が強い大都市圏中心に「公立復権」の対策として相次いで設立されているわけです。
だいたいが既存の高校かに附属中学を新設するわけなんですが、九段のように「中等教育学校」として、一つの学校として一体的に教育する学校もあるわけでこれがいま全国で20校だそうです。

比較した場合、都立の中高一貫で高校段階に進んだ生徒がいる学校は4校あり外部の学校に入った生徒は全部で4人だそうです。

千代田区教育委員会も「今回の出来事を大きな課題として受け止めている」みたいですが。



つぎに、今回のことをぼくなりに少し考えてみたいです。


大きな問題なのは、区域内と区域外との倍率が大きく違う事だと思います。当然ですね。

普通に考えてです、どう考えても外からの倍率で入ってきたほうが学力の高い子供である傾向が高いと思います。


ちなみにここら辺の地域では越境して小学校に通ってくる子供も少なくないですね、となると中学での九段を視野に入れて引っ越したり越境してくる人もいるかと思います。


区域内にさえ入ってしまえばかなりの確率で、お得感の高い公立中高一貫に入学できる、当然そう考える人はいると思います。
基本的には公立中高一貫は軒並み高い倍率ですからね、この倍率では入れるなら実際かなりの裏技です。


ところがふたを開けてみれば区域内から入った学力の低い人間は、結果として、はじめから学校側からは相手にされていないわけですね(学校側の言い分は別として)。体面を保つために受け入れはするけれども出来が悪いなら大学進学率における学校の評判に関わるので適当なところで切り捨てようと言う魂胆だったのでしょうか。はじめからこういう事態が起こることが想定内で6ヵ年教育を始めた可能性も無いとは言い切れないわけです。

となると他の中高一貫でもはじめからある程度素養のある人間しか相手にしないんじゃないかと言う不安を持つ人も出てくるかもしれません。保護者としては考えたくはありませんが。

実際私立では「特進」クラスのようなものが存在する学校では「特進」と「一般」を明らかに区別して「特進」で進学率を上げようとする学校は存在します。

奇しくも、先日保護者の方からこういう質問を受けました。
「00学校は特進に入った人間にばかり力を入れて一般はとてもじゃないけどちゃんと面倒見ているとはいえない状態なんですか?△△学校では一般で入った子供もしっかり面倒見てくれるって聞いたんですけど。」

火の無いところに何とやらで、そういううわさが流れると言うことは少なからずそういううわさが流れる要因があったと考えられます(芸能ニュースのように根も葉もないうわさもあるかも分かりませんけど)

特進と一般の差にもよりますが、あまりにもかけ離れている場合は両方の面倒を見ると言うのは無理がある場合もあるかもしれません。あらかじめですね「特進はこのレベルの学校、一般ならこのレベルの学校」とある程度明確に目標が分かれていて通わせるほうも納得していればいいと思います。

あまりにも学力の低い子供が6年間、「丁寧に面倒を見てもらう」と言うのは本人の気持ちとマッチしていなければかなりの負担になるんじゃないかと思います。

御三家クラスの私立学校に入る子供はもうスタートラインが全然違います。
スピード、深度、求められるレベル何をとっても偏差値50前後の私立と比べても桁違いです。


九段の場合は区域外からの入学で私立受験も視野に入れている子供が入学してきてそれが大体yt,日能研で50後半だとします。逆に区域内から私立受験を全く考えず公立の学校の優等生が入学してきたとします。(公立中高一貫の選抜問題は難しくなっていますがこの倍率ではそういうこともまったくあり得ないことではないと思います。)

受験を指導するものであればおそらくだれもが少なからず「無理がある」と感じると思います。無理とはいかないまでも別々に教えたいとは思うんじゃないでしょうか。

次元が違う、という表現は行き過ぎではないと思うのです。暗記モノの理科社会ならともかく、国語の読解レベル、数学のスピードに対しての差は歴然だと思うからです。

もちろんこれくらいの差であれば本人次第で何とかなるレベル(かなりしんどいと思われます)でしょうけど、区域外から偏差値60レベル、区域内から偏差値30レベルの子が入学したらもっととんでもないですね。これは・・・偏差値30以下の子供を目の当たりにしたことがあるので実際起こりうることです。

僕なら指導を放棄します(笑)

いやいや冗談ですけどって言いたいけど本当その立場になったらとんずらこきますよ。

その差を3年で埋めるには、指導者にも相当の腕が求められると思います。


どこまでのことが現実起きていたのか・・・・本当のところ、本当の実情を100パーセント把握しているわけではないので、わかりませんけど。


今回のことは起こっちゃいけない事態ではありますが、単純にいいとか悪いとかじゃ済まない問題です。今後もこういうことはほかの公立一貫校で起こる可能性はありますが、それを防ぐ方法は今のところなさそうです。それだけ難しい問題ですね。中学受験全体が抱える問題の一つだと思います。

予防策としては、学校の校風をよく調査したり、内部情報をできる限り入手するしかなさそうです。価値判断として、それでも九段に入学したいという人もいるでしょう。自分たちはどうしたいのかそれをできる限り具体性を持たせることですね。

途中で転学する可能性が高い学校はいやだという人はどこまで事前に調べることができるか。

中学受験を考える親にとってはまた一つ仕事が増えたような気もしないでもないですが、子供にはなかなかどうにもできないことなので保護者がどうにかするしかなさそうですね。

九段はこれからどうするのか、ほかの中高一貫はどういう対策を講じるのか、今後の動向も気になるところです。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。