スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名門公立小学校 その3

ええと、週刊誌の話をまだ続けますね。

斜め読みしていると、ある学校の校長先生の話が載っていたんです。

簡単に言うと、自分の学校に対して名門受験校としての自負心があり越境してでもうちの学校に来たい家庭の気持ちは分からなくもない、そう取れるようなコメントが載っていました。

プライドを持つことはいいことだと思います。でもどこまで現状を把握しているのか、もしくは把握したうえであえてそういう強気なコメントを出していたのか、そこまでは理解できませんが・・・。

僕はちょっとびっくりしましたね。

なぜなら僕が知っているその学校の生徒はサピックスでかなりの最下層でしたから。


ここでポイントなのはサピックスだというところでしょうか。

いいか悪いかは別として、ネームバリュー重視で学校や塾を選んでいる保護者というのが、サピや名門公立小学校に行きやすい、そんな印象は受けますね。

あ、そうじゃない人もたくさんいますよ。でも名前で四谷大塚、日能研などを選ぶという人は会ったことがないのです。

日能研に行くだけで鼻高々、というのはちょっと想像しにくいんですね。



繰り返し言ってきたことですが、今のサピの急激な肥大化で、誤解や思い違いを持つ御家庭は増えたと思います。


当たり前すぎるんですけど、サピに入塾してもそれですべてが良し、というわけではありませんからね。


名前のある小学校に通わせることに意味がある、そう考えている人も少なくないかもしれません。


少なくとも僕が出会ったお母さんのなかでそういう印象を受けたことがあります。

かなりのインパクトというかクセのある人だったんです・・・。


とにかくすべてが全て銘柄を紹介しないと気が済まないわけです。
場所から、店から、物から、食べ物から、もらいものや、職業や・・・。

出てくるおやつなどは初めのうち毎回そうでした。

たまに子供のほうが「これは有名などこどこのもので・」
なんて言われた日には・・・・気の毒でなりませんでした。


じゃあ名門学校の同級生はどれくらいの成績なのか、その子のように下のほうじゃ肩身が狭いんじゃないかと言えば、そういう感覚はないんですね。



その子やその親の話を聞くと周りもほとんどサピックスでA、Bあたりの子供ばかりらしいです。

だから偏差値が30半ばでも気にしないわけですね。


「だって僕は00小学校に行って、サピックスに通っているから」


勉強ができなくてもいいわけです。

親子で、いつかどうにかなると思っているんですね、おそらく。

親はひょっとしたら経済的な事も含めてそう考えていたかもしれません。

こういうことを言われたことがあります。
「うちの小学校には先生の学校の後輩になる予定の人がいっぱいいるんですよ、むふ」

これはもう口癖でしたね。(汗)

予定と言われましても、まあ、確かに慶応中等部は非公開も多く面接があるのでいろいろな噂が立ちますよね。

学校を弁護するわけではないですが、おそらく裏金のようなものは存在しなかったと思います。少なくとも中学は。

ちなみに僕は6年生の頃、日曜の慶応コースで「この学校を狙うなら贈り物や裏金、もしくはそう思われるような行為は絶対やめろ。それだけで落とされる」と言われました。

そして、それは僕が家庭教師という立場になっても親に言い続けていることです。

そもそも裏金くれなきゃいれない学校に、子供にどんな有益な未来があるのか僕にはわかりません。


また、この子が通っていた小学校ではサピックスの上位層であるαクラスの子はめったにいないそうです。

だからこの家庭では偏差値40を切らずにCにでも上がろうものなら大騒ぎするわけですね。



話を週刊誌に戻します。

自分の学校のその現状を知ってか知らずか自信満々に語っていた校長が印象でした。


ぼくも本当に限られた範囲でしか知らないので他はわかりませんよ?

ただし名門とは言われなくても受験率が高く実際に御三家クラスに毎年数人は、入るような小学校も存在します。


ええ、重ね重ねこういう人ばかりではないとは思いますが、そういう人もいるということです。名門小学校には。


なので、僕なりの見解としては、公立の小学校をどこに通わせようか、そこまで過敏になる必要はないということです。たまたまその地区に人気の学校があればあえて変える必要はないとは思いますが。自分の住んでいる地域の学校に通わせるのが一番自然な気がします。

たいていの先生は受験に否定的です。でもたいていの子供がそういう状況の中で受験しています。

たとえばうちの学校は窓ガラスがありません、とか、そういう小学校だったら転校するなり何か対策を考えたほうがいいかもしれませんが、ほとんどの場合において何が何でも「あの00小学校に」というのは考えないほうがいいと思います。


週刊誌を読んでいて少し気になったので考えを書いてみました。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

名門公立小学校 その2



受験に強いといわれる公立小学校と私立の小学校を比較するとどちらの勉強のほうが進んでいるか、今まで見てきた経験での見解を述べたいと思います。

家庭教師という立場上、当然母体数は少ないですが(汗)。

私立の小学校といってもこれまた千差万別です。
たいていの学校は、女子は上にあがれますが男子は出なきゃダメというところも多いですよね。
そうなるともう男子はほぼ全員、女子も受験するという学校なので当然受験率はかなり高いです。

学校内での学習レベルは中学受験時の偏差値におおむね比例するようです。そんな印象を受けます。

いわゆる中学受験で難関校以上のレベルになるところでは、おそらく外から入る子にあまりにも差がつきすぎないように受験の基本レベルは学習しますからね。

だから教科書なんておまけみたいなものです。というか無理が出てきますね。少なくとも算数は。6年生でせっせと通分とかやってる場合じゃないです。

それなりのテキストを使うので、やりようによっては四谷の合不合で偏差値50後半というのも無理ではないと思います。


一方、公立小学校はどうかというと。

個人の差は当然ありますが、学習レベルだけを見たら私立の学校にはるかに劣ると思います。僕が知っている子供の内容を比較したらそうでしたね。おそらくそうでないところもあるかもしれませんが、合不合で50後半は取れないと思います。

名門公立で出来の良い子というのは、まず間違いなく塾なり何なり、学校以外の学習によるところが大きいと思います。

たとえばサピや日能研でトップクラスの子供が学校の勉強だけで出来上がるというのは到底想像できないです。

だとすると私立の学校で「学習面においてのみ進んでいない学校」と比べてもそう大差ない気がしますね。

公立で学力の高い子は学校だけの勉強で、という子はおそらく日本全国探してもいないと思います。それくらい考えられないです。



しかしながら昨日話した週刊誌によれば、名門公立小学校の人気というのは僕が思っていたよりもかなり高いようなのです。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

名門公立小学校

名門公立小学校

中学受験を考える御家庭では少なからず小学校受験をした人や、または中学受験に有利な小学校を選ぼうと考える人もいると思います。

選ぼうとする、というのはいわゆる越境ですね。

ただ、いまの時代は僕らのころに比べて越境に対して敏感な学校もあるようでいろいろ資格を得るのも大変なようで、思い切って引越しをする人もいるようですね。


首都圏は中学受験が盛んですが、去年だったか、おととしだったかに見た新聞に23区とその近辺の受験率が掲載されていました。

ぱっと見た印象ですが、神奈川境に沿った区は受験率が高かった気がします。
品川区港区も高いですが、大田区、世田谷区、杉並区といったあたりです。
逆に墨田区あたり、浅草近辺でしょうか。そこら辺は受験率が低かった気がします。

最近は埼玉県の受験率というのも急激に増えてきている気がしますね。

いずれ受験率の高い小学校というのができてきて受験対策を余儀なくされる学校も出てくるかもしれませんね。


この前立ち読みした週刊誌で昔から受験に「強い」といわれる公立小学校に関して紹介されていました。


僕の個人的な印象では名門公立小学校というのは普通の公立小学校とどう違うのかというと、まず明らかに受験人口が多いということですね。受験率は50パーセントを超えているところも結構あるんじゃないでしょうか。

そうなってくると学校側も受験に対する意識が高く否定的な先生というのも少ないんじゃないかと想像しています。

受験を考慮した学校生活というのでしょうか、そういうのを考えてはくれているようです。

受験に関しては否定的な先生も多いので、受験に肯定的というだけでも受験生の親にとってはありがたいと思います。

ちなみに僕の小学6年生のころの先生は受験に否定的でした。

ぼくも決して態度のいい生徒ではなく、悪い受験生特有のひねれた性格だったとは思いますが、内申書にはそこまで悪いことは書かれていなかったような記憶があります。

内申書の内容を何で知っているのか、思い出せないんですけど、そんなに悪いこと書かれていなかった気がします。直接担任と話したんだっけ・・・??



その他どういう点で受験に強い学校は名門足りえるのか、実は詳しいことは知りません。


今は公立と言えども本当に様々だと思います。行く先々のご家庭で学校の状況を聞くとそういう印象を受けます。


学級崩壊になるほど1月ごろの出席率の低いところもあれば、大してそうでもなく1、2月が過ぎ去るという学校もあるようです。

また算数などはかなり細かくクラス分けされるところもあれば、勉強そのものよりも課外活動などにかなり力を入れているところだったり。

個人的には課外活動に力を入れている学校では著名な芸術家と交わる機会があったりうらやましい学校もありますね。


雑誌を読んでいて、はたして名門小学校に行く必要性はあるのか、そんなことについて漠然と考えてみました。

現状僕が考えていることを書いてみたいと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。