スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の宣伝


いやあ、昨日はサッカー残念でした。
Jリーグ発足以来日本代表の試合はミーハー程度にチェックしていますが、今回は非常に楽しい気分にさせてもらいました。
よもやカメルーン、デンマークに勝つとは・・・正直十中八九負けると思っていた分嬉しさ倍増です。

日本のサッカーは中田が引退して後退しているかと思いきやそうでもないようです。
昨日もあのパラグアイ相手にあそこまで粘ったんですから、僕としては誇らしい気分ですよ、って観客ですけど・・・。
16強ですからね~、負けた悔しさ以上に4年後が楽しみです。

あ、今日は宣伝です。
今年も半分過ぎました。今月はしませんでしたが来月の頭に弾き語りをします。



2010/07/04(日)@四谷天窓「HAPPY HOUR」
12:30 open/13:00 start/\1,000-
(1drink別)
(12:30~13:30にご入場のお客様は2杯目以降ソ
フトドリンク飲み放題!)
出演:細谷鞠恵/伊達唱平/ヒッポポタマス/Shu
※4組中4番目で14:45~15:15


ええ、日曜日ですよ、昼ですよ、よかったら来てください。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

習ったかどうかではなく その2

家庭教師は塾のフォローに回ることが多いですが個別指導との併用というケースも少なくないです。
個別で算数を一対一でやり、また家庭で一対一で算数をやるというのは冷静に考えると何だかおかしな状況ですが、まあそういうこともあるわけです。

どういう風にすすめていくのか、それも状況によりけりですが、こちらの立場としてはできる限り細かく塾で何をやっているのか把握しようと努めます。
個別指導に通う子供の指導のときでも塾のフォローに回ることが多いです。
フォローに回ればとにかく塾でやっている事を効率よく定着させたいので何を学び何がどこまで理解しているのか当然気になるわけです。
家庭教師でもそういうことはあるのですが、個別指導塾ではその子に合わせてカリキュラムを作成し、それに基づいて進めていくのが通常かと思います。

しかし、そのカリキュラムにおいて気になることというのは少なくありません。


長期の休みの時を例に挙げてみます。
夏休みや春休みになると学校がないので、個別指導塾を中心としている家庭に対しては塾側も勝負どころなのだろうと思います。
何が勝負かというのは学力のことではなく通塾時間、つまり授業の駒数であったりするわけです、明らかにそうとしか映らない場合もあります。それが大事ではないとは言いませんがそれに固執すると本末転倒になるし、繰り返しですが、長い目で見た場合様々な損失もあるのではないかなと思うのです。

また、集団塾に通いながらピンポイントで個別に通う場合であれば物理的に駒数を増やすことは難しいので個別指導塾の営業もそれほど強く勧めてくることはないかと思うのですが、それでもびっくりするような計画表を作ってくる場合もあります。

たとえば夏休みであれば大体40日間のうち20~30日程度集団塾に通うとして1日の拘束時間は昼過ぎから夜まで、もしくは朝から夕方までの7~8時間くらいでしょうか。
そんな子供に対して午前中、目一杯に2コマ(1コマ70~90分程度)ほぼ毎日入れたり
週に一回程度のペースで集団塾のほうが休みかと思えばその休みの日の朝から晩まで個別の駒が入っていたりと・・・・。

個別指導側が平気でこういうカリキュラムを作成して家庭に勧めてくる場合もあります。

「まあ、一体いつどこで学習したことを定着させるのか」まったくもって理解できない場合もあるわけです。
大抵は受験に対して、言い方がよくないですが素人な(本来教育関連の仕事でもしていない限りそれが普通なのですが)素直な、もしくは信頼しきった保護者からぎりぎりのラインまで金を引き出そう、そんな風にしか映らないわけですね。熱血さゆえに、授業時間を増やそう、という風にはどうひいき目に見ても映らないのです。その理由は後で書きます。

「定着させることよりもいかに多くの時間、個別指導塾に通わせるのか」を重視するようないささか悪質なケースですがこのほかにも憤りを感じるようなケースはあります。

ここまでの話ともつながるのですが悪質に映る理由は、そのカリキュラムの稚拙さ、多くの矛盾を抱えながらも平気でめちゃくちゃな計画表をゴリ通そうとする点です。

個別指導塾が作成したカリキュラム表に目を通し、毎回ごとの単元などを読んでみるとやろうとしている事、目標に向かってどのように進もうとしているのかよく見えてこないだけでなく、そのうちの何コマかは帳尻を合わせるためにどうでもいい単元にやたら時間をかけているように映る場合もあります。

つまり
「この子には、現状こういうことが必要だからそれに基づいて計画を立て、結果としてこういう駒数になった」のではなく

「この家は何も言ってこないだろうから、これくらいの駒数の契約を目標として、それに基づいてカリキュラムをつくっておこう」

という風にしか映らない、カリキュラム表があるのです。

そのいい加減さの表れのひとつが「もうここの単元は既習済みなので」という言い回しです。その言葉が妙に腹だたしく聞こえてくる場合があるわけです。

たとえば「つるかめ算を既習済みだから次はこれへ進みます。」と書いてあっても、どう見てもこの子はつるかめ算の「つ」の字もわかっていない場合、集団塾ならまだしも個別であれば先へ進むか否か、答えは明白です。

にも関わらず「00君は00算は学習したので夏休みは次へ行きましょう、そのためこれだけ時間を確保してやりましょう。」といい膨大な過密スケジュールの計画表を平気で立てる。社会理科の知識関連においてのみであれば、定着していない状態で次の単元へ進むことはありかもしれないけれども算数では絶対にそういうわけにはいきません。

約数倍数が扱えない子に分数の話をしてもなかなか理解できないし、分数ができない子に割合の話をしてもチンプンカンプンだし、比の話が分からない子に相似の話をしても解けるわけがないのです。

そういう段階を無視して、もしもです。
「よーしこの親子はカモだから夏はコンくらい駒数入れるぞ!」とカリキュラム表を作り
「00君は最近とても熱心でとてもやる気が出ました!!この意欲は素晴らしい!!この調子でもっともっと頑張りましょう!!!!」とよくよくみたら中身のないコメントを並びたてて、わけのわからない量の授業時間の計画表を立てて、子供の本来の学力向上を無視した、計画表を立てている場合もあります。立てているようにみえる計画表といったほうが正確ですかね。


それが営業の仕事だから仕方がないという言い方もあるかもしれない。
だけれども世の中には純粋にその言葉を信じそれに乗っかって、あげく悲惨な結果に終わる受験生もいないわけではない。そういう家庭側に問題がある場合も少なくないですが、家庭側に非があるからといって確信犯的なことを臆面もなくするのもどうかと思うわけです。何も分からない相手を導くのは営業のチャンスではなく、ただしい知識を伝えるのも仕事なんじゃないですかね。

営業の仕事とはいえ、騙すほうが悪いのかだまされるほうが悪いのか・・・・。
でも、営業というのは「その商品を自分が心の底から誇れるようなものだからこそ自信を持って強く勧めることができる」そうあるべきなんじゃないかと思うわけです。奇麗事や理想を掲げて現実とすりよせるというか、最初からだまし取ろうとするような姿勢はね・・・。

まあ、その結論は置いといてですね、とりあえず僕が関わる家庭ではそういうわけのわからない(ように感じる)計画表をみたらイチャモン付けます。

別に個別指導塾の営業を邪魔するのが目的じゃありませんよ。あしからず。塾の協力は僕にとって大きな支えなのです。
ただ僕はその家庭の指導に携わり、合格させることを目標にしているわけですから学力を伸ばすことにおいて非合理的であったり、私情をはさんだり、どう見てもただの遠回りとしか思えない時間をわざわざ過ごさせたり、そういった諸々のことをしている余裕はないのです。

「習ったかどうか」なんてのは極端な話どうでもいいわけです。
その単元が定着したかどうか、得点をとれるだけ理解しているのか否か、教えたことに満足せず定着させることができたかどうかに、もっと責任を持つべきなんじゃないかなと。

聞いた話じゃ、個別指導塾では「指名料」なんてのもあるそうですね・・・・・。

「おいおいどこぞのホストクラブだよ」とつっ込みたくなりますが苦笑いが精一杯です。

まあ、しかし世の中には「うちは00先生の指導につきウン十万もかけてますのよ」なんてことを自慢したくてしょうがない痛々しい母親がいるのも否定できません。嘘みたいなホントの話でして・・・。

そうなってくるとどっちもどっちですね。

湯水のごとくお金を使うことが快感な人にはニーズを満たしているのでたいして中身のない授業でもいいかもしれません。そんなくだらない見栄につきあわされる環境の子供は不幸以外の何ものでもないですが・・・。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

習ったかどうかではなく



新聞のチラシで塾や個別指導、有名無名大小問わず毎日たくさん入ってきますね。中には連日のように同じ塾のチラシが入っており、「まあよくもこんな・・・さぞかし広告料がかかっているんでしょう」と思わずにはいられない塾もあります。

いや、別に・・・文句や皮肉だけを言っているわけではありません。宣伝にかける労力も考えると、教えることしかしない自分には気の遠くなる作業だなと圧倒されるわけです。それはそれで大変だなと。


また一方で、宣伝も大事だけど中身も大事だよねえ、とも思うわけでして。


中学受験の勉強の仕方というのは一昔前に比べて多様化してまいりました。その中でもかなりスタンダードな存在になってきたのが個別指導塾なんじゃないでしょうか。
大抵は「塾と家庭教師の良いとこ取り」というのが主なキャッチフレーズかと思います。

フレキシビリティの高さは一つの売りですが現実はそんな融通の利くもんでもないんじゃなあないかなと感じます。たとえば一つの校舎にそう何人も優れた講師を置いておくわけにはいきませんから(学生バイトでほとんどの人員が構成されており優れた講師だけを確保するということは物理的に考えてもどう考えても無理です。)夏休みのように長期の休みの場合はその講師のスケジュールを考えると頼む側の都合のいい時間にすべて決まるということはほぼ無理だと思います。(ほとんどであれば可能かもしれませんが)


また、個別指導塾というのはその利用方法は様々ですね。
四科目すべてを個別指導でやっていくケースもあれば1科目や2科目をしかも中には単元を絞りつつやっていく場合もありますね。個人的な印象として後者のほうが個別指導塾をうまく利用しているケースが多いと思います。

もちろん4科目すべてを個別指導でやる場合もあると思いますが、これでうまくいっている(高い学力を身につけている)ケースというのはあまり見かけません。

つまりコストの面も考えると、かけたお金の分だけそれに比例するかのように成績が伸びるというよりは、下手をすれば反比例なんじゃないか、そういう印象すら受けます。

原因はいくつかあるとは思いますが、一つは目的の明確度の違いなんじゃないかと思います。

1科目だけを頼んだり単元を絞って補強していく場合、往々にして頼む側が今の子供の立ち位置を正確に把握しており「今、自分(この子)には何が必要なのか、どうすればいいのか」理解している場合が多いように思います。(そうでないケースもないわけでもありませんが。)

逆に4科目すべて頼む場合は、様々な理由がありますが、集団塾が合わない、ついていけない、スケジュールが習い事とバッティングしている、などから「じゃあこちらの行きたい時間に、自分たちのペースで学習できる個別指導にしよう」というケースが結構多いんじゃないかなと思います。

なので4科目すべてを個別指導で、というケースでもただ塾に放り込むだけでなくきちんと計画を立てて塾の特性を理解して通塾している場合であればうまくいくんじゃないかなと思います。うまくいっている家庭はそういうケースなんじゃないかなと思うのです。

頼む理由は気にはなりませんが、全てを塾に任せる場合、これは十分慎重に考えないとコストばかりが莫大にかかり学力がなかなか伸びない場合というのが出てくるんじゃないかなと思います。個別指導塾で指導していた1,2年の短い期間でもそうでしたが、家庭教師をしている今でもそういうケースは数多く見てきました。

もちろん受験に臨む側は基本的に受験に関して素人なのだから、専門としている人に任せるのは本来間違いではありませんし、それは責められる理由はないと思います。しかし現実は何も知らないことをいいことにその家庭から出来る限り搾りとろうということしか考えていないような、そうとしか映らないケースもあります。
夏休みや受験直前期は膨大な時間とコストを受験にかけるケースは毎年必ずあります。集団塾の授業のように20万や30万とか、そういうレベルじゃないですからね。
いかに多くの利益得るか、それが営業という人もいるかもしれない。だけれどもわざわざ質を落としたものと知りつつ高値を付けるというのは、いくら相手が望んだり受け入れたりするとはいえあまりよろしいことではないと思います。

もしそういう行為が正しいとするならばたとえばアメリカで起きたサブプライムの問題なども商品を買うニーズがあったから問題なしってことになるんじゃないでしょうかね。
まあ、経済のことは詳しくありませんが、とにもかくにも確信犯に近い商売は先々考えたらろくな結果を生みださない、そう思うわけです。

利益ってのは何も金だけじゃあないと思うわけです。
信用だったり安心感だったり、よりどころだったり、そういうお金じゃ還元できないようなものに案外大事なものがあったりするんじゃないですかね。

「お金に糸目はつけないからたかが何百万どうってことない」という人はいいでしょう。できる限り余計なお金はかけたくないというのであれば、中学受験に臨む以上保護者はできる限り子供に関わり子供の勉強含めその内情を把握していく必要があると思います。

んで・・・本題に入る前にまた長くなりました。
タイトルの意図が全然伝わりませんね。また次回に続けて書きます。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

サピックスの偏差値 1月 2010年



最後です。1月校をまとめて載せます。

男子


67 灘


63 西大和
62 渋谷幕張





56 函館ラ・サール 栄東・東大選抜1 開智・先端A
55 栄東・東大選抜2 県立千葉 ラ・サール 開智・先端B
54 市川1
53 栄東B
52 東邦大東邦・前期 立教新座1
51 愛光 栄東A
50 昭和秀英2
49 江戸川取手1
48 佐久長聖 開智2
47 愛光 西武文理・1特選 西武文理・2特選 開智1 芝浦工大柏1 芝浦工大柏2 早稲田佐賀 市立浦和
46 春日部共栄1 AICJ 江戸川取手2 専修大松戸2
45 西武文理1 専修大松戸1 麗澤1 麗澤2




女子


62 渋谷幕張




57 浦和明の星
56 栄東・東大選抜1 開智・先端A 県立千葉
55 栄東・東大選抜2  開智・先端B
54 市川1
53 栄東B
52 淑徳与野1 東邦大東邦・前期
51 愛光・東京 栄東A
50 昭和秀英2
49 江戸川取手1
48 開智2 佐久長聖・東京
47 西武文理・1特選 西武文理・2特選 開智1 芝浦工大柏1 芝浦工大柏2 早稲田佐賀 市立浦和 
46 春日部共栄1 AICJ 江戸川取手2 専修大松戸2
45 西武文理1 専修大松戸1 国府台女子学院1 麗澤1 麗澤2


中学受験で最も変化が大きいのはひょっとしたら1月かもしれませんね。とにかく増えました。特に埼玉方面です。
また栄東、開智など同じ学校の複数募集が目立ちます。名称が細かく分かれているので何が何だか把握しにくいですね。同じ学校に入学しても度の試験で入学したかにより学校生活もずいぶんと変わりそうです(汗)そこら辺は注意して入学後のことも調べておく必要があるかと思います。

東京、神奈川在住の受験生は「試し受験」として1月校を扱うのが一般的でしたが、今では本命、併願として受験する人もずいぶんと増えてきました。その中でも突出しているのが渋幕でしょうね、何といっても。
僕と同世代の人間なんか受験に現在関わっていない人間にはさっぱりわかりませんよ。家に来た友人が何気なく偏差値表を見て「何、渋谷渋谷って?場所は渋谷にあんの」とか「渋谷幕張って何?すごい偏差値高いね。」とかそんな感じです。還暦世代にもさっぱり???という方は多いでしょう。それくらい短期間で急成長した学校です。

もちろんそこまで偏差値が高くなくても埼玉を始め以前では見かけなかった学校が続々登場しているのが1月校です。これからも大きく変化していくんじゃないでしょうか。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

サピックスの偏差値 2月4日以降 2010年



2月4以降です


男子


62 聖光学院2
61 渋谷渋谷3



57 芝2 攻玉社特別
56 サレジオ学院
55 本郷3

53 市川2
52 城北3 逗子開成3
51 公文国際一般
50 鎌倉学園2中央大附属 神奈川大附属C
49 立教新座
48 昭和秀英3 成蹊2 神奈川大附属B 立教池袋2  法政大学3 鎌倉学園3 桐蔭中等教育 
47 世田谷学園3 桐光学園3
46 高輪C 国学院久我山3
45 明大中野2 東京都市大附4 山手学院後期



女子

61 渋谷渋谷3
60 豊島岡女子3





54 鴎友学園3 浦和明の星2
53 吉祥女子3 市川2
52 鎌倉女学院2 
51 公文国際(一般)
50 淑徳与野2 中央大附属2 頌栄女子2 洗足学園3 神奈川大附C
49 普連土学園3 晃華学園3
48 昭和秀英3 成蹊2 神奈川大附B 法政大学3

46 共立女子C
45 山手学院(後期) 


4日以降でもまだまだ学校はあります。聖光、豊島岡のように1回目同様偏差値が高い学校がありますが、1日~3日までの一回目募集からグンと上がる学校もあります。
逆に偏差値がだいぶ下がっている学校もあります。個人的にはそういう学校は入学後など注意しておいたほうがいいかなと思っています。

昔と違い前半の合否次第で後半の日程の組み方が変わるケースが増えています。そこらへんが難しいところですね。

あとは1月校を掲載してみます。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

サピックスの偏差値 2月3日 2010年

3日の偏差値です。

男子

72 筑波大駒場










61 早稲田2
60 海城2 筑波大付属
59 浅野
58 慶応中等部

56 学芸大世田谷

54 明大明治2 本郷2 小石川中等教育
53 学芸大竹早
52 東邦大東邦
51 学芸大小金井 暁星 逗子開成2
50 学習院2 国学院久我山ST


48 法政大学2 武蔵高校附 桐蔭中等教育2
47 桜修館中等教育
46 大泉高校附 両国高校附
45 白鷗高校附 九段中等教育



女子

62 慶応中等部
61 筑波大附属
60 豊島岡女子2
59 お茶大附属

57 学芸大世田谷

55 学習院女子B 横浜共立B
54 明大明治2

52 東邦大東邦後期 学芸大竹早 学芸大小金井
51 晃華学園2 小石川中等教育
50 東洋英和女学院B
49 日本女子大2
48 法政大学2 武蔵高校附属 両国高校附属

46 大泉高校附属 大妻3 清泉女学院2 国学院久我山ST2
45 成城学園 白鷗高校附属 桜修館中等教育



3日は1日の次に重きを置く家庭も少なくないと思います。筑駒が特別な存在であることは言うまでもありませんが昔からの名門国立もいくつかあります。
また国公立だけでなく男子では早稲田、海城、本郷、学習院など、女子では学習院女子、東洋英和、日本女子、晃華などで二次募集があります。
共学では明大明治、法政、国学院などです。

昔は「国立の受験日」という印象でしたが、私学の二次募集も増え、また公立一貫校も数多く出てきました。(中等教育と高校附属はシステムが違います。いずれ時間があれば触れます。)私立に比べ倍率ははるかに高いのですが偏差値でいえば小石川以外は難関校レベルではないです。
以前も言いましたが効率は「適性検査」なので私立と同じ土台で偏差値で測ることには無理があるでしょう。個人的な見解としては同じ偏差値の私立と比べた場合「その私立を合格するのと同じくらい難しくて大変」というくらいにとらえておけばいいんじゃないでしょうかね。

1日から3日で大体受験の山場が過ぎるので次は4日以降で載せておきます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ 


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

サピックスの偏差値 2月2日 2010年



次は2月2日です。

男子


63 聖光学院
62 栄光学園 渋幕

60 渋渋

57 慶応湘南藤沢
56 本郷

54 明大明治
53 攻玉社2

51 学習院
50 青山学院 鎌倉学園 横浜国大横浜 桐蔭中等教育(特奨) 城北2
49 巣鴨2 世田谷学園2
48 桐光学園2
47 高輪B 立教池袋 神奈川大付属
46 頴明館



女子


62 渋幕
61 慶応湘南藤沢
60 渋渋2
59 豊島岡


56 青山学院
55 白百合
54 明大明治

52 鴎友学園
51 晃華学園
50 吉祥女子2 洗足学園2
49 湘南白百合
48 鎌倉女学院 横浜国大横浜
47 神奈川大付属 光塩女子
46 大妻2
45 桐蔭学園 理数(特奨)頴明館2 共立女子2


1日の後ですから2回目募集の学校は偏差値が上がっています。特に顕著なのが渋渋でしょうか。大学の合格実績を考えると渋渋二日目は偏差値がやや高騰気味といえそうです。
男子は神奈川のトップ2ほか、本命となりそうな学校はありますが、攻玉社、城北 、巣鴨、世田谷、高輪などは併願としてよくあげられる学校もあります。

女子は1日同様本命となりそうな学校がずらりと並んでいますね。最難関のレベルは一日と同等です。こう改めて中堅校まで見ると数年単位でみる偏差値の変動が大きいなあと感じます。

じゃあ、次は3日を載せます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

サピックスの偏差値 2月1日 2010年



少し遅くなりましたが今年もサピックスの偏差値を載せておきます。

サピは相変わらず年数百人のペースで生徒が増えていますがそろそろ母体数に対しての増加率が低くなってきたので去年と比較しても偏差値で大きな変動はなくなってきたように思います。

今年は趣向を変えて日にちごとの上位、中堅校を載せておこうかと思います。
いつもは上位校だけになってしまうのですが日にちごとであれば多くの学校を載せてもごちゃごちゃしないかなとおもいまして。また現実問題同じ日に何度も受けることはできないのでその日ごとの偏差値を見比べたほうが現実的ですかね。そんなこんなで日にちごとにしてみました。

最初は1日です。
男子校

66 開成



62 麻布

60 慶応普通部 駒場東邦


57 早稲田実業 早稲田
56 武蔵
55 海城

53 サレジオ学院 芝 早稲田高等学院 渋渋
52 逗子開成 桐朋

50 国学院久我山ST 東京農大一
49 攻玉社 東京都市大付属
48 世田谷学園 城北
47 巣鴨 桐光学園 法政大学
46 頴明館 公文国際
45 成蹊 桐蔭中等教育 中央大付属



女子

62 桜蔭

60 女子学院
59 早稲田実業

57 ふた葉
56 フェリス
55 渋渋



51 学習院女子 鴎友学園 立教女学院
50 横浜ふた葉 吉祥女子 東京農大一
49 洗足学園 
48 頌栄女子 横浜共立
47 法政大学
46 頴明館 大妻 日本女子大 公文国際特別 国学院久我山ST
45 普連土学園 東洋英和女学院 成蹊 中央大付属


日能研や四谷大塚とは全体的な数字が低いだけでなく学校ごとの偏差値の高さも若干違ってきていると思います。(とくに45~50周辺)

今年の合格実績を見ると、やはり今年もサピの偏差値が一番信頼が置ける気がします。
首都圏模試レベルでは今回載せた学校のレベルは上のほうに詰まっていて正確な値が出ていないといっても言い過ぎではないでしょう。

もちろん試験のタイプもあるので(知識スピード型、思考記述タイプ、中間タイプ)この数字が普遍的なものではありませんよ。あくまで目安です。
簡単にいえば「平常これくらいの偏差値だったらこの学校を受ける素養がある、過去問対策をすれば十分に合格できる可能性がある」そんなところです。

次は2日を載せます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。