スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の塾の合格実績



前回、今年の大手進学塾の合格実績を載せてみました。
最難関校に対するサピックスの合格実績は圧倒的です。
生徒は約4500人と今やかなりマンモス塾になりましたがそれでも最難関に対する合格率は群を抜いています。
2月1日に御三家に合格した人数を足したらかなりの数です。上位2割にいれば御三家は可能~安全圏だということです。

そんな塾は今や少人数の精鋭塾でもそうそうないですし、それをこれだけの大規模でやってしまうということは、指導する側にも如何に優秀な人材がそろっているか容易に想像できます。

今年一番びっくりしたのが生徒数は去年とほとんど変わっていないのに開成の合格者人数が30人ほど増えてとうとう200人突破、及び日能研とダブルスコアどころかトリプルスコアになってしまった点です。サピと日能研が5年ほど前までどちらもほぼ同人数だったというのが信じられません。
また筑駒に関しても120人中87人って・・・・。
今回取り上げた学校の大半はサピが定員数の半分以上を占めています。
確認できる学校に関して調べてみると実際の合格者人数に対しての割合も概ね3割は超えています。そんな感じでした。


次に注目したのが、早稲アカの伸びと日能研のやや下がり気味の点です。
神奈川に強いはずの日能研もサピに対しては栄光学園172対76、聖光学院170対98と完全に勢いに押されています。また日能研は桜蔭、女子学院に関しては早稲アカに負けています・・・。
早稲アカは去年と大きく変わらず全体的に若干良くなっているという感じでしょうか。


日能研の合格人数がが一番多いのは、今回挙げた学校の中ではありませんね。
うーん、なんともにわかに信じがたい結果です。
過去の日能研に詳しくない人は感覚的に分からないかもしれませんがここ数年合格実績は明らかに悪くなっている印象があります。一番顕著なのが開成、桜蔭、栄光あたりの合格人数の減り方です。

日能研のテキストを見る限り早稲アカ、サピに劣っているように感じないのですがやはり講師陣の差なのでしょうか。

ところで、こんな風に書いているといつもサピックスの信奉者のように思われてしまいますが、そんなわけではありません。

毎年そんなこと言ってますね、はい。

サピに通っていたこともないし、サピの講師をしたこともありません。
ただ他の大手進学塾と比較して客観的に見て優れていると思う点が多いし、というかこれだけ圧倒的な実績を見たらあまり批判する気にならないというのが正直な思いです。


サピの心配な点の一つである塾の急激な肥大化に関しては何度か触れました。
しかし今年の実績をみると、サピの生徒は去年と変わっていないのに開成、麻布、栄光、各々約30人近く、かなりの数で増加しています。なのでこの点においてはきちんと克服しているんじゃないでしょうか。

合格人数に限らず中学受験の塾はとても変化の激しい業界です、3年前に大手進学塾の特徴に関して簡単に触れましたがまたそのころに比べてサピックス、早稲アカ、日能研に力関係は明らかに変わりました。当時このままだと日能研は心配かなと思っていましたがいまだに悪い流れから抜け出せていないような気がします。
今の日能研出身の大学生が今年の合格実績を見たらびっくりするかもしれませんね。


次回、最近の中学受験を知らない人のために、と仰々しく言うのも恥ずかしいのですが「サピックスってどうなの?」なんて疑問を持つ人に向けて3年経った今、改めて他の塾とからめながら個人的な印象を書いてみようかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

今年の塾の合格実績

はい、例年やっておりますが今年も大手の進学塾の合格実績を載せました。
どの塾を載せるか、どこの学校を載せるか、去年も言いましたが完全にぼくの主観です。
「〇〇校がないじゃないか!!!」と、言われてもしりませんです、ってこれも去年も言ったような気が・・・。
サピ、日能研、早稲アカが最難関校受験においては三大勢力ですが、規模の大きい栄光ゼミ、市進も比較用として掲載しました。

去年は四谷大塚をのせて、今年は栄光ゼミ、市進としていますが、別にこれも特に理由はありません。単純に今の気分で「じゃあ、この2つの塾も載せてみようかな」っていうくらいです。
前回も少し書いたように今年いちばん目を引いたのがサピです。

では以下、最難関クラスおよび早慶に関して掲載してみます。

              サピックス   早稲アカ   日能研   栄光ゼミ   市進


開成(300)         221     49       64     14      37 
麻布(300)         181      35       82     25      6
武蔵(160)         37      43       65     18      2
駒場東邦(240)      125     23       101     6      5
聖光学院(225)      170     64       98     12      8
栄光学園(180)      172     16       76      5      4
筑波大駒場(120)     87      19       21     7       0
桜蔭(240)         141      50      45      11     21
女子学院(240)      104      82      64      9      15
ふた葉(100)        55      24       31      1       1
豊島岡(240)        183     120     124     25      30
筑波大附属(80)      32      29       30      6      6
渋谷幕張(943)      309     134      272     28     102




慶応中等部(約190)    117      55       31      5       5
慶応湘南藤沢(約150)    82      31       50      3       4
慶応普通部(180)      98      38       29      4       3
早稲田(300)         104     144      27      20      38
早稲田実業(117)      46      75       27      1       2
早大学院(120)        47      61       21      6       2

カッコ内の数字に関して。

基本的には今年度の募集人数を書いておきましたが、渋幕は実際の合格者人数を書いておきました。なのでカッコ内の数字は統一性がなく分かりにくい形となりましたが、大体の目安であったり、塾ごとの占める割合がどれくらいの割合なのか見当をつけるのに役立つかと思い載せておきました。


次回あらためて、ここ数年の流れを踏まえてどういう結果だったのか触れてみたいと思います。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

新卒のメリット



就職活動の話になりますが新聞でずっと昔から疑問に思っていたことがテーマになっていたので取り上げてみようかと。

いわゆる「新卒」という肩書が、卒業してから内定が決まらない人間にとってメリットがあるのかどうかということです。

僕は自分が学生のころからずっと疑問に思っていました。なぜ企業というのは「新卒」にこだわるのだろうかと。

あえて留年して「学生」という身分を形式上持っているだけなのと、卒業して「学生」という身分を持たない事にどれだけの差があるのか分からなかったわけです。いまだにその理由がすっきりと分かっているわけではありませんが。

一般企業の就職活動なんてのをしたことない自分にとってはそれ以上深く考察する機会もなかったわけなんですが常々就職活動の記事を読むたびに「新卒」というだけで、それのみに特典を与える風潮はいかがなものかと感じていました。

今回新聞で「結局は人物次第」というのが書いてあって、ああそれなら納得ですと、今までの中で一番納得できました。もっと以前からそういうことを声高にいう人がたくさんいても良かったんじゃないかと思います。

留年生の中には海外留学をしていて帰国したら募集が終わっていた、もしくは企業側の募集職種の変化に伴い前年応募してこなかった人間を採用できないか。
そのような理由で留年した新卒生を「現役生」と同列に扱うという企業があるようです。とはいえ結局は留年生がどういういきさつで留年したかが重要で何でもかんでも同列扱いというわけではないのでしょうけど。

一方、留年している新卒生にたいして否定的な企業も少なくないようです。
ある機械メーカーでは「留年の理由にボランティア活動などを強調されると、よほど説得力がない限り就職の失敗を繕っているだけなのではと勘繰ってしまう。」

また「就職留年するのではなくまずは社会に出て経験を積んで」という意見も。
「これからは通年採用が増えるだろうから、経験を積んでから自分自身に合うと思える仕事にチャレンジするのも良いのでは」ということも書かれています。

僕はこっちの意見には共感できます。職種によってはアルバイトや派遣社員からのほうが正社員になる可能性が高い場合もあると思います。

ただ通年採用に関しては就職活動を長期化させる原因になっているという見解もあります。
去年一年よく新聞で、企業の採用開始時期をずらしてどうにか就職活動期間を短くできないかということが、よく書かれていました。
いくら就職するために大学へ行くとはいえ具体的に何の勉強もできずに大学生活の大半が就職活動というのもどうにもしっくりこないですね。


自分が教えていた子供も来年再来年には就職をする時期です。
どんな大学生活を送っているのか気になると気があります。やりたい職種が決まっていて、それと大学生活がマッチしているならともかく入学当初から就活就活じゃいやだろうなと。


そういえば、そのころを今の中学受験の事情もずいぶんかわりました。
数日前から大手の進学塾の合格実績が掲載されていますがSAPIXがとんでもないことになってますね。次回から何回かにわけて大手の塾の合格実績を載せてみようかと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

距離感



ここのところ、家庭教師という自分の立場の在り方が変わってきているように思います。
うまくいえないのですが、おそらく他人の目から映る自分の姿が数年前と今とではだいぶ変わってきているのではないかなと思うのです。

たぶん一つの理由として加齢による外見の変化(汗)があると思うのです。
年と共に見てくれが変わるのはごくごく自然な事ですが、そういう部分だけでなく身にまとう雰囲気というものに変化が生じてきたんじゃないかと感じるわけです。


たしかに、接し方という面では意識して変えた部分があります。


家庭教師をやり始めの頃というのは「コミュニケーションが何より大事だ」と考えて生徒に対してとにかく打ちとけ合えるよう努力をしていました。

しかし、今までの経験上こういうのはもろ刃の剣というか、どちらかといえばデメリットのほうが大きいような気がして最近は「コミュニケーション、コミュニケーション!」と力を入れ過ぎないように注意しています。

「打ち解けあう」のと「なれ合い」との関係は紙一重でその境界線は案外たやすく超えやすく、明確にしてバランスを保つのがいかに難しいか、そう感じるからです。

仲良くなったがためにうまく指導ができない、効率が悪くなった、受験の合否にまで影響を与えてしまったのではないか、そう思ったことが家庭教師を始めた最初の3,4年何度かありました。
ここは中高生とは違いますね、それくらいになるとお互いよくしゃべっても勉強に支障が出るということは少ないのですが、小学生であれば基本勉強をやりたくないという方が多いのでペースが崩れてしまうことがあります。
逆に低学年くらいであれば子供と仲良く楽しくすることのほうが大事かもしれません。
幼すぎず、かといって自制心が高いわけでもない、中学受験生というのはまさにその両方を持っている微妙な年頃だと思います。


なので僕のように主に中学受験の家庭教師という立場なら、飽くまで学力を伸ばすことが最優先、打ち解けあったり何かを相談できる関係になったりするのは後から付随するものであれば「尚良い」ものであってそれを最優先にしないよう心がけています。

リラックスと緩慢はどうにも似ているようで違うのでそこを履き違えてしまうと一見とても良好な関係が築けているようで実は中身はさっぱり変わっておらず成績は一向に伸びない、どころか下がってしまうなんてことになるんじゃないかなと。真面目な子供であってもこちらが扱いを間違えるとそのせいでどんどんダレてしまう子供も少なくないです。

そういう風に考えるせいか、初対面の子供には以前よりも「かたそう」とか「まじめそう(融通が利かなそう)」という風に思われることがあります。

そういうことを子供のお母さんから聞いたことがあるのです。

「先生、弟にも『あんたも家庭教師に来てもらおうか』っていったら『いやだよ、あの先生真面目そうで、俺なんか絶対無理』とかいうんですよ。」

とかまあそういった具合です。まあ冗談半分という感じですが。

そういう話を聞くと「うーん、もうちょっとなじみやすいキャラを作るべきなんだろうか」とか少し悩んだりもするのですが、大抵そういう試みはうまくいかないのでとかく自然体でふるまえるよう心がけています。



そして、もうひとつ今年と去年なのですがとにかく女の子の生徒の依頼が圧倒的に多い・・・。
現在も新6年生は全て女子です。受験が終了した今年の6年生も男子は一人だけでしたし。
ここしばらく新規の生徒で男子にほぼ全くといっていいほど出会いませんのです。


これが去年1年間だけの話であれば単なる偶然かなと思っていたのですが、今年になってもこういう状況が続くと少し考えてしまいます。

正直女子のほうが男子のようなむらが少ない傾向にあるので指導する方としては楽な部分もあるのですが、精神年齢も高いし、何がきっかけで「生理的に受け付けない」といわれるかわからないので変に緊張してしまう部分もあります。

今年の6年生の女子は比較的コミュニケーションが成り立った子もいれば最後の最後までやや硬そうにしていた子もいました。

ですが最初にも書いたように本人がよほど嫌であれば「やめたい」と言うでしょうから、そればっかりにとらわれ過ぎて変に無理して仲良くなろうと力み過ぎないようには注意しました。小学生ですからある程度の緊張感は必要ですし。


子ども一人ひとり本当に性格が違い多様なものなので、
今年の生徒も去年と同じように接すれば良いというもんでもないと思うのです。

今年は一人一人に対してどういう距離感で接するべきか、ただいま思案中です。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


そろそろ塾の合格人数が出そろう頃ですね

いやあ、新年度(僕の中では)に切り替わって1週間近く経ちましたね・・・。

あ、長いタイトルですいません・・・いいのが思いつかなくて・・・。


このブログ相変わらず更新頻度が下がったまま今年度も良い具合に調子が下がりっぱなしです。

個人的にはこのグダグダ感もいいんじゃないかと堕落の方向にベクトルが向きつつありますが
どうにかこうにかそのまま駄目人間にならないよう頑張りたいと思います。



あと1週間もしたらどこの塾も合格実績が出揃う頃でしょう、今年もどういう状況なのか、いずれ載せてみたいと思います。

ぼちぼち新6年生も始まったのですが先週は現6年生の指導にも行ったりと・・・ええ、そうです・・・なかなか思わしくない状況でありました。まだすべての結果を聞いていないのですが、最終的にはおおむね落ち着くところに落ち着きそうです。個々の成績と比較した場合に大きなぶれはない、という意味です。

前回は「もうお任せです」なんて言ってみましたが、強がってみても実際のところ気持ちを簡単に切り替える事はできませんでした。
ましてや2月の前半は予想以上に思わしくない結果でして、このままどうなるのかなんて感じでしたが、

まあまあなんとか。


ところで。


最近の中学受験は複数回募集の学校が増えたことと、学校側の情報公開の量が増えたため対策が立てやすくなったと思います。ですから受験が始まった後の指導でも何かしら力になれるケースが増えてきました。

過去問はもちろんのこと学校説明会の重要度も全体的に増してきたように思いますし単純に「学力があるか否か」だけでなく「その学校にどれだけ行きたいか」という思いが合否により大きく反映されるようになったと思います。

精神論という部分だけにおいても「入りたい」という思いの強さは幾分反映してきますが、関心のある学校に関してどれだけ情報を集めることができたか、これも少なからずですが以前に比べて大分影響してくるようになりました。そういう学校が増えてきたと思います。その影響力は15年以上前の中学受験とはずいぶん違うと思います。

多くの学校において「自分の学校に入りたい」と興味を持ってくれる人をできれば入学させたい、そういう姿勢がうかがえます。本番の試験問題以外での学校側のメッセージがより明確になってきたので早い段階からどれだけリサーチできたか、子供の学力とは違う、いわゆる保護者の仕事の重要度がこれからも増していくんじゃないでしょうか。

生徒を集めるのが大変な時代になってきているので情報公開によって「受けやすい学校」という印象を持たせて人気の上で頭一つ飛びだそうとしているのかもしれません。

学校側が自分の学校の入試問題の解答を配布したり、予想問題を作ったり、入試のための体験授業をしたり、年賀状を書いてみたり、まあとにかくどこの学校もいろいろな形をとっておりまして、至れり尽くせりでして、本当に一昔前じゃ考えられないなと思います。


ここ数年指導している子供たちを見ると合格している回数よりも落ちている回数のほうが多いのに、本命に合格したり第二志望に合格したりしているケースが増えている気がします。

それはやはり情報公開であったり複数回受験であったり、その部分が多分に影響しているんじゃないかと思うわけです。

僕はどんどん多様化していく中学受験にたいして、ただでさえ大変な保護者の仕事が増えていくことに「どうなのかな?」という印象を持っていましたが、一方で保護者の「合格したい」という思いがきちんとした形で反映されて合否に影響を与えるというのは、それはそれでいいのかなという気もしてきました。
実際振りかえってみるとその恩恵にあずかる場合があったのかなと。


これからの中学受験もしばらくは「親子の受験」という言葉は似合いそうです。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。