スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 塾の合格実績 その2


僕は今年サピックス早稲アカの順に新聞のチラシで合格速報を見ました。
その時点で開成の合格者人数は定員とほぼ同数の300人。
「ああ、日能研はとうとう早稲アカに抜かれて三番手になってしまったのか」と勝手にですね、
中学受験業界の競争の厳しさにしみじみと感傷に浸っていたのですが90人越えとしっかり二番手をキープしていました。
また日能研は麻布や駒東などいくつかの学校ではまだ早稲アカに追いつかれることはありませんでした。
一方でサピは早稲田の合格者人数は早稲アカを抜き今年もほとんどの最難関クラスの学校で1番の合格人数になっています。
相変わらずというかなんというか、とにかくすごいですね。


開成の合格者人数を見てわかるようにほとんどの最難関校の合格者はこの三つの塾が占めています。(いつものごとく四谷大塚は算出方法が若干不透明な印象を与えるので省きますが悪意があるわけではありません)

市進、栄光ゼミなど他にも規模の大きい塾はいくつかあるのですが難関校クラスの学校の合格者人数は、サピ、早稲アカ、日能研とは大きく水をあけられていますし、サピはその中でもまたさらに早稲アカ日能研と差が開いています。


今回は2012しか掲載していませんがここ数年間の動きを見てみるとサピ早稲アカは全体的に増加傾向で日能研は現状維持か微減といった感じです。

実際細かいことまではわからないので確たることは言えないのですがこの3つの塾の中には重複してカウントされている合格者もいるかもしれません。
開成をはじめとした最難関クラスでは勉強計画において緻密な計画を立てなくてはほとんどの子供は合格できません。大体の学校がその名前の志望校特訓が各塾に存在するので上位校狙いの家庭では塾のかけもちを一つの選択肢として考えたことがある人は少なくないのではないでしょうか。
実際にそうしている人たちも今や珍しくないケースです。



上位のほうの動向とは別に中堅以下の学校を照準としている場合でも変化は現れてきているように感じます。



今年はここ数年の不景気や震災などの影響で受験人口は減ったという報道を見聞しましたが公立中高一貫校も「中学受験生」として含めるとやはりずいぶん増えたのかなあと感じるのですが、どうでしょう?
しかし同時に「よくわからないけど中学受験してみようか」という人も増えてきている気がします。

うまく言えないのですが、中学受験に対する動機が実はまだ自分たち自身不透明だったり、特に公立中高一貫に関しては「ダメでもともと受かれば儲けもの」というスタンスでほとんど対策を立てないで受験に臨もうとする人も増えきているようです。

例えば「景気が悪いから学歴くらいはどうにかしておきたい」という考えから始める人は増えてきていますが、
なかには受験までの過程をきちんと考えずに塾に通わせて「とりあえずこの塾いっときゃどこか受かるだろう」なんてのは困りものですね、やはり。塾の下位層ではあっさりと受験をあきらめるケースをしばしば見かけます。


確かに受験のことがよくわからないという人にはとりあえずサピ、早稲アカ、日能研、四谷系列に入塾しておけばいわゆる受験のテンプレートのようなものですので安心できる部分はたくさんあります。いわゆる入門編のような役割も果たしてくれますし、そこで正しく適切に受験勉強に臨めば上位校の合格率はずいぶんと高いわけです。
以前から言うように大手進学塾の積み重ねてきたノウハウや情報量はそうそうまねできるものではありません。

ですがそれは通わせておけば何もしないでもいい、とかそういうわけではありませんね。
大手進学塾の持つメリットをどれだけ生かせるか、これが子供の学力に多分に影響しているのは事実です。学力の高い子供は運や天性の感覚でそのレベルにいるわけではありません。

最難関クラスの合格者人数では頭一つとびぬけているサピックス。
今や生徒の人数も5000人を超えておそらく早稲アカ以上でしょう、関東圏内で受験する人で知らない人はいないマンモス塾です。


そんなサピックスを中心にもう少し塾についていろんな話をしてみようかなと思います。
うん、まあとくにテーマはないんですが最近の動向から赴くままにです。
(なのでひょっとしたら過去に触れた内容とかぶるかもしれませんが)


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

2012 塾の合格実績

ええ、こっちの方も2月から4カ月経過しており今さら感満載ですが前回大学実績を載せたのでついでに掲載しておこうかと・・・。

載せるのはサピと早稲アカ、日能研です。

ところで、今年の日能研はどうなることかと若干はらはら心配気味に(勝手に心配といわれてもいい迷惑だとは思いますが)合格速報を待っていたのですが、開成の合格人数は早稲アカに譲ることなく二番手でした。まあその話に関しては次回しようかなと思います。

今回はサピの偏差値上位校の合格実績を載せます。偏差値60弱くらいまでの中学校が目安です。
実際の数字で表れる難関校というのはいわゆる名門と呼ばれる学校よりも高い学校もあります。いや、おそらくですけどね・・・そんなこと言ったら失礼だとは思うんですが多分「あれ?」と思う人もいるんじゃないかなと想像しているのですがどうでしょう。
偏差値にも限度があるので明確にどちらが高いということは言えないのですが、見方によっては難関校というのは若干変化しますよと、それくらいの意味でとらえていただけたらです。

合格者の人数はサピックス、早稲田アカデミー、日能研の順番です。  


2月1日
男子校

開成           229/70/94
麻布           183/49/87
駒場東邦        135/37/71
慶応普通部       92/47/37

女子校

桜蔭           148/43/37
女子学院        115/61/55
早稲田実業       34/76/34
ふた葉          54/24/31


2月2日
男子校

聖光学院        187/41/74
栄光学園        150/28/70
本郷           123/101/151  

女子校

豊島岡          222/78/138

共学校

渋谷教育幕張      268/25/239
渋谷教育渋谷      215/55/96
慶応湘南藤沢      80/29/37

2月3日
男子校

筑波大駒場       85/24/17
早稲田(2次)      157/132/131
海城(2次)        185/71/95
浅野            222/48/174

共学校

筑波大付属       41/25/17
慶応中等部       122/58/29
お茶大付属       11/7/13


少しややこしい感じですが(2次)は2次募集がその日において上位の偏差値の場合です。
共学に関しては1次、2次という判別はしませんでしたが渋渋、筑附慶応中等部は男女での偏差値が幾分違います。各日男女別で各々他校と比べてもその立ち位置というか印象が違ってきます。女子の方が狭き門という感じです。お茶の水は特に例外です。

中学受験の合格実績に関しては一応普段かかわりが強いので勝手ながら主観的な感想を述べてみます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。