スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料オンライン講義

前回、海外の大学ではしのぎを削って優秀な学生を探しているという事を書きました。
今度はその話をしていきたいと思います。

米国では一流大学が授業を次々と無料でオンライン発信をするようになりました。

まだ始まって歴史は浅いのですが、すでに大学サイドでは「意欲と能力さえあれば生まれた環境に関係なく良い人材を獲得できる」といった効果が現れているようです。


個人的にはこのシステムがもっと確立されてきたら推薦入試よりも効率良く、求める人材、そして学生側が求める教育機関を結び付けやすくなるのではと思います。




朝日新聞でアメリカマサチューセッツ工科大学でやっている無料オンライン講座「ムーク」について取り上げられていました。

無料で講座というのはすごいと思うんですけどね。
ムークでは教員が講義の動画、スライドや資料を配信し受講生は名前メールアドレスを入力すればだれでも受けられるそうです。

しかも大学の講義のような長時間ではなくメリハリをつけて10分程度に編集されて、なおかつ理解度確認の小テストも行うという、何とも魅力的な形式が多いそうです。


週に5~10時間を3~4か月間受講し、宿題や試験に合格すれば修了証ももらえるそうです。英語による講座が多いのですが人気講座は使用者が勝手に字幕をつけて拡散するので中には10を超す言語で見られるのもあるのだとか。

MITとハーバードが共同で設立したオンライン教育機関「エデックス」では両大学などの計24授業を無料配信、ネットさえつながればどこでも授業が受けられる状態です。


実際にあったことでは
「電子回路」の授業では15万人が受講、そして課題をこなしながら4ヶ月間の授業を最後まで受講したのが7000人、さらに最終スコアで満点を取ったのが全受講生の0.2パーセントの340人、そしてその中にモンゴルの15歳の高校生がいたようで、その事実に授業を行った学長は大喜びだったそうです。

学長は優秀な成績を収めた生徒には自身の大学受験を勧められるのだから大学側には大きな利益になる、と考えているようです。

このオンライン授業、当初は講義資料や動画を一方通行で公開していたのですが2012年に宿題や試験など受講生と双方向で授業を進める仕組みが誕生、そこから大きく変化していったそうです。

世界中の受講生の成績を回収できるようになったことで、研究開発にしのぎを削る大学にとっては貴重な資源である人材獲得な有力な手段となることが分かったからです。ちなみに東大や京大もこのシステムに参加しています。

それから米国を中心に世界の大学が参入、1年間で受講生は450万人を突破し、これは日本の全大学生の約二倍にあたります。

日本でもオンライン動画はあるのですが、そのほとんどが一方通行で中々増えない状態みたいです。オンライン授業が進んでいると目される京都大でも人気動画の公開率は数パーセントで公開することで間違いを指摘されたり他大学と比較されることを授業改善の機会と捉える文化が根付いていない状態だとか。

授業する側の都合で公開に対して消極的という感覚は大学の講義に関わらず、教育すべてにいえる深刻な課題のような気もします。

「オンライン講座での名門大の教授が出した修了証を集めれば、高い授業料を払って大学に行かなくても就職できる時代が来るだろう、教員の研究業績を重視し、教育力は二の次としてきた日本の大学には激震だ。」
このように予見している人もいます。

先程も触れましたが「ムーク」設立当初はこのような事態を予想はしていなかったようです。
きっかけは2001年、MITが教材のオンライン化に乗り遅れた「後発組の焦り」からでた当時の学長の考案だったそうです。
しかしどう考えても収益は伸びない提案だったので収益はなくとも「世界に役立つ知識と広める」という大学理念から、あきらめ気味に無料講座に踏み切ったそうです。

初年度の参加教員は約1000人中50人、やはりはじめは「仕事が増える」「なぜ自分の教材を無料で見せなければならないのか」と抵抗が強かったみたいですが実際にはネットをきっかけに入学する優秀な生徒が出てきたり、公開する緊張感から教材の質も上がり参加する教員や利用者が増えていったようです。

当初からオンライン教育に携わっていたMITの宮川教授(日本人というのは何だか誇らしいですね)は「真のインパクトはこれから」と見ているようです。

平和賞、文学賞を除けばノーベル賞は今も先進国出身が多いのですがムークのシステムがもっと浸透すれば教育機会を得にくい発展途上国でも医療などの最先端の研究に携わるようになる、そんな時代がそこまできているのではと、記事ではそのように締めくくっています。

このオンライン講座の記事は前三回にわたって連載されているのですが続きでは講師や、その後の就職へどうつなげるのか、その点についても触れています。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ









スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

東大の推薦入試



ええ、東大の推薦入試の簡単な方針をまず書いておきます。


時期は2016年度の二次試験の後期日程で、募集人数は当面は東大募集全体3000人のうちの後期日程100人の枠で検討。

募集人員の大半を占める前期日程での導入はせず、その新制度でも1次試験としてセンター試験は課して一定の学力は確保、そのうえで2次試験に高校の調査書、面接による選抜を検討しているそうです。
仮に推薦で不合格でも前期日程での応募は可能とのこと。

推薦入試を取り入れる理由はAOの話題の時にも触れたように「従来の型にはまらない学生」がほしいのと、学力偏重型、つまり「いかに効率よく点数を取るか」を気にする学生が増えたことへの危機感だそうです。

それともう一つの理由に複数の東大教員も感じていることらしいのですがグローバル化という点でしょうか。
東大は国内では言わずとしてた最難関ですが世界の大学ランキングでは常時10傑に入るような最上位層に位置するわけではありません。(尤もランキングの出し方には疑問を持つ人も少なくないようですが)

ある教授が言うには
「この10年で指示待ち人間」が増え、
「論文では本人の考えとは思えない白書のような論文」が増えたと感じているようです。

一方で海外の大学は優秀な学生の獲得にしのぎを削っており、日本国内でも東大よりも海外の大学を目指そうという生徒も現れ始めています。これに関してはまた触れます。

ちなみにAO入試を全国で初めて取り入れたのが慶応の藤沢キャンパスだそうで(知らなかった・・・)当時の入試にかかわった教授が今回の東大の方針に
「センター試験を課さないくらいのリスクを取る度胸がないと結局今の学生とかわらないのでは」と評しています。
慶応藤沢といえば今年度(確か)試験にナンバープレートを出題したことで話題になっていました。
これは斬新といえば斬新ですが一方でナンプレを趣味でやっている人には圧倒的有利で公平性に欠けるという意見も少なくなかった気がします。


こういった試験とは別に、一方ではここ数年入試に過去問というのも増えているようです。
要は過去に出題された問題を良問という名目で、同大が使用した問題を改編もせずほぼ同一の出題をしているそうでして。

いやね、良問の改変はいいと思いますよ?無理して変な問題出題するよりよっぽど健全だとはおもいますが・・でも丸々はまずいかなぁ・・・。

うーん、良い生徒を本気で採る気あんのかよって感じですが真意はわかりません。
僕はどうかと思いましたがそこらへんのさじ加減や考え方は人それぞれかもしれません。



ええ、話し戻さないと。

んで、東大の推薦入試に関して。
駿台予備校のセンター長は、東大が前期日程より前に推薦入試を設けることで地方国立大をチャレンジしていた層が受けやすくなり「地方出身者の拡大」に効果が見込めるのでは、と推察しています。


個人的には今回東大が導入しようとしている「センター試験を課したうえでの面接」というのはバランスも良くていいと思いますけどね。
あ、でもバランスがいいと突出した人間は採れないかな・・・どうなんだろ。





うーん、AOは難しい。





結局導入をしてきた多くの大学ではAOでの不公平感をなくすことや、何より本当にほしい人材を取ること事がいかに難しいか相当悩んできたはずですから東大の今回の方針もいきなり大成功というわけにはいかないと思います。

ただ何かやらないと始まらないわけなんですから推薦入試自体は大きな一歩だと思います、何せ東大ですから秋入学の件同様多くの大学に影響を与えるでしょう。




以前「AO」の是非というタイトルで推薦入試の話題に触れてきましたが、要は大学側が求める理想的な人材が手に入るのかどうか、それさえできればAOであろうとなかろうと、どちらでもいいと思うのです。

僕は前回「何となく」という動機について触れましたが、そういう考えではいくら優秀な教育機関に仮に入学できたとしても豚に真珠もいいところです。
小手先のテクニックだけで運よく入れたとしてそのあと続かどうか、当人の中で何かが変わらなければ厳しいと思います。



東大に行かせたいなら、子供に「勉強をしろと言ってはいけない」という事を聞いたことがあります。
なぜなら東大生とほかの学性の違い「勉強をしろ」と言われたことがないからだそうです。
すべてがそうでなくともそういう傾向が強いということなんでしょう。
今は東大の大学教授が言うように変わってきたのかもしれませんが、本来であれば自分の知識欲を満たしたいがために東大を目指したり、医者や弁護士等々様々な分野で何かを追求したい、といったような明確な強い意志を持って入学してくるものが当然だったのではと推察します。
それがだんだん、受かることへの効率化ばかり先行して内実空虚な学生が表れ始めたということなのだと思います。



実は知り合いでこんな話を聞いたことがあるのです。

都内の進学校に通う男の子が親の言われるがままそれを苦痛に思いながら勉強の日々を過ごしていたそうです。
そして親は「何が何でも東大!」を目標にとにもかくにも勉強を強いていたそうで、東大に受かった暁には願いを聞いてあげると子供に言ったそうです。

親の言ったその言葉を固く心に刻み続けてそして東大に受かった、そんな彼の願いは・・・。

なんと入学当日に退学届けを出してやめてしまったそうで・・・。


いやぁ、シュールです。嘘のような本当の話です。
僕が当人からその話を聞いたのはすでにそれから10年以上も経てからでしたから淡々としていましたけど・・・。
この話を聞かされた時はこれはもうほんとに、すごいなとおもいました。


当然、彼が退学したからと言って東大が悪いわけではありません。


東大に取りつかれた保護者が愚かなだけです。
親はそこにどんな夢を見ていたんでしょうね。

受かった瞬間に退学した子供に懺悔をしたのかどうか、そこまではわかりませんが多くの人間はやめた彼を馬鹿にするかもしれないけれども僕はこんなことを子供にさせた親が本当に愚かだと思います。
子供に本気で向き合わずに、自分の欲望を満たすために適当な言葉で子供をだますだけでなく「それが正しくわが子のため」と自分すらもごまかしていたからそうなったのだと思います。


こんな極端な事例はそうないにしてもね、やはり然るべき人間が進むべきだと思います。
彼は自ら意志のない人間に成り下がることから抵抗したんじゃないですかね、そんな言い方したら本人は別にそんな大げさな、っていうかもしれない、 でも僕は彼の親にそういいたい気持ちがあるのです。意志のない人間にならずに良かったじゃないかと。

それは東大へ行ってそこで充実した人生を見つけることができればそれに越したことはないけれども、彼の選択を責める権利はないと思うんですよね。




全入時代を迎えようとしているこれからは子供の適性を見極めるのが却って難しくなってくるかもしれません。
本来、然るべき道へ導くことができるのはやはり親のなせる業だと思うのです。(一方でヘリコプターペアレントにならないように)

大学受験は僕にとって直接かかわりはありませんが中学受験生の大半が通過することを考えると、子供をよく見ることのむずかしさを本当に痛感します。



先ほど海外の大学ではしのぎを削って優秀な学生を探しているという事を書きましたが、今度はその話をしていきたいと思います。
僕自身、これは実に画期的でこれであれば求める人材、そして求める教育機関双方のニーズが成立しやすいのではと思いました。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。