スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い講師

良い講師の条件とはなんなのでしょうか・・・?


最近塾で仕事をしている人とそのようなことを話す機会があったのですが、
僕はその人から咄嗟に聞かれた「良い講師」の条件という問いに
「子供の学力を素早く客観的に(受験生全体において)正確に把握し今その子にとって最も必要な学習範囲を指示でき、方針を的確に立てられる事でしょうか。」

と、答えてしまいました。
そしたら「でもそれは最初の話だけでじゃないですか?その後はどうなんですかね、それはその後も必要なことですか?」と言われてその意見には多少違和感を感じつつも、確かにほかにも「良い講師の条件」はたくさんあるなと思いました。

というか、一言では言えないし時間があればゆっくり話すこともできたのでしょうが
そういう場でもなかったのでその話題は早々に切り上げられた形になりました。

後から考えてみても、「それもそうなんだけどそれだけじゃないよな、当然・・・もっと大事なものがあるはずなのに・・・・」それをうまく伝えられなかったことに後悔しました。


もちろん、塾の講師と家庭教師では「良い」と言われる条件は随分と違うと思います。

塾の教室というのは講師にとってみればホームでありイニシアチブをとり、リーダーシップを発揮し、また生徒を引き付けるパフォーマンス能力のようなものが必要だと思います。

ただし家庭教師というのはこちらの用意したカリキュラムを進めていくというよりは大半は子供の状況に応じて最適な方法を探し出し1時間30分なり2時間の間に正しい方向に導いていく、というような作業が重要だと考えています。

ざっくり分けてしまえば能動的か受動的か。

また子供の状況は刻一刻と変化するので家庭教師ではなかなか細かい部分まで計画を立てても意味がないこと(計画変更になる)がほとんどです。状況に応じて変化させていかなければいけないし、もし家庭側が「そのやり方はちょっと・・・」と言うことがあれば別の納得する方針を考えることもあります。

それはあらかじめカリキュラムがきまっている塾とは違います。
これはどちらがいいか悪いかの問題ではないですね。

勉強には必ず軸が必要なので塾のカリキュラムのような土台はとても重要です。
ですが一方でそれをどう取り扱えばいいのか、もしくはより効率的に利用するにはどうすればいいのか細かい作業になってくると個別(1対1)の存在も必要になることがあります。
中学受験の家庭教師の役割の大半、もしくはそれ以上はそういうことになると思います。
(ちなみに少人数と個別もわけが違います、1対2ですら同じ子どもというのはいるわけではないので、よほど学力が同じくらいか意識が同じでない限り一緒に指導するのはかなり無理があります。)
まあ、だから集団塾と家庭教師を併用するというスタンスが珍しいものではなくなっているのかもしれません。

コストはバカにならないのでどちらか一本にしたいと思うのがほとんどでしょうが、どちらかといえばきちんとしたテンプレートがある集団塾に絞った方がいいような気はしますけどね。

誤解の無いように、家庭教師でもそういう役割を求められるのでそれを否定するわけではなく、たいていの塾と個別の併用するケースでは塾が土台で個別が装飾(でいいのかな)、のような役割を担うことが多いということです。

実際に塾に通わずに受験に合格する家庭も少ないですが必ず毎年います。



ただいずれにせよ塾にも家庭教師にも共通しているのが「いかに生徒が能動的にものを考え学習しようとする環境を整えられるか」ということかもしれません。そこにたどり着くまでのアプローチは違いますが本人がやらなければどちらであろうと仕方がありません。

話を最初に戻しますと、僕が前述した「子供の学力を素早く客観的に正確に把握し今その子にとって最も必要な学習方針を指示できるか」
というのはやや抽象的な部分も含まれていて伝わりにくかったんじゃないか、と後から思いそれをうまく話せなかったことが悔やまれたのです。まあいうなれば自分の対話能力が低いということですね、はい。

ベストなのはこちらがほとんど何も言わなくても、指示を出さなくても、本人がたとえ問題につまずいた時でも自分で解決し次のステップへ進もうとすること、そういう場を、空間を作り上げる事、これは塾の教室でも家庭でも変わらないと思うのです。

そしてその空間を作り上げるにはいかに正確に今その時の子供の状況を的確に判断できるか、という事だと思うのです。



んで・・・・無料オンライン講座の話に戻ります。

個人的にはここでも良い講師に求められる条件と言うのは根本的には変わらないと思います。
前提として学ぶ側に学びたいと言う意思が必要ですが、その意欲をそがない内容で自発的に問題を解こうとする環境を整え、そしてその学習の流れをできるだけスムーズに目標ラインまできちんとしたプロセスを作ることができるか、こういうことかなと。


話がそれてしまったので次回無料オンライン講座の講師について触れていきます。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ




スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。