スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

261で87%!



昨日の新聞でおそらく最終であろうサピックスの2014年の合格実績が掲載されていました。


何度か2月上旬では合格速報が載っていたのですが、例年通りという印象で、開成も230人前後だったと記憶しています、それが最終的にはこの人数ですから驚かずにはいられませんでした。


今年もサピックスの一強に変化はありませんでしたが、強いて言えばその勢いはますます強まったという感じです。




早稲アカ、日能研のトップの人々はこの惨状をどう捉えているんでしょうか。危機的です。




タイトルの数字、

これはサピックスの開成合格人数ですが、定員300人に対して261人。

サピ生が実に定員の87パーセント占めたわけです。

200人という大台を超えてから、次の大台である250人を超えることはあるのかと、いやまさかそれはないじゃないかと思っていたのが2,3年前・・・・。

ついに超えました・・・。

大手の塾では一部の生徒が複数の塾でカウントされている可能性を考慮しても明らかな差です。


開成の250人超えの他に次に目を引いたのが早稲田の160人。

この数字も早稲アカの155人を超えました。




早稲アカからすれば看板である、早実、早稲田、早大学院、この三つの合格人数は常にトップを保っておきたかったでしょうがそこの一角にサピが食い込んできたとなると早稲アカにとってみれば開成の人数以上にダメージ大きいかもしれません。




またここ数年は比較対象として取り上げ難くなってきた日能研。

主要難関校でトップに立った学校があるのか調べていませんが、おそらくないでしょう。(間違っていたら誰か訂正してください。)




ついでなのでほかの難関校に関しても次回掲載しておきます。



とにかく今回、はこの261人という数字のインパクトが強すぎて取り上げずにはいられませんでした。

合格実績、今年もサピの圧勝です・・・なんかもう、どうしようもないくらい圧勝です。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

中高一貫校の実績をどう捉えるか

閑話休題、都立一貫校の話に戻します。





そろそろ今年のも掲載される時期が来てしまいましたが、

2013年度までの全国の東大合格者数上位を載せてみます。

横の数字はここ三年間の順位です





1開成        170人          1 ←1 ←1
2灘          105人         2 ←2 ←2
3筑駒         98人           3 ←4 ←3
4麻布          82人          4 ←3 ←5
5東京学芸大付属    68人          5 ←9 ←9
6桜蔭          66人          6 ←8 ←4
7聖光学院        62人          7 ← 8 ←8
8渋幕          61人           8 ←10←14
9駒東          59人          9 ← 5 ←6
10栄光学園      52人          10← 5 ←7
11県立浦和      46人          11←14←19
12海城        40人           12←11←14
12ラサール      40人           12←18←21
14筑波大付属     38人           14←18←12
15女子学院      37人           15←31←16
16●西        34人           16←29←21
17●岡崎       32人           17←23←11
18●日比谷      29人            18←18←21
18武蔵        29人            18←35←25
18●旭丘       29人            18←16←27
18東海 29人         18←24 ←34
18西大和   29人          18←43←26
23豊島岡   27人         18←25←50以下
23浅野 27人          23←21←16
25●県立千葉      25人            25←17←36 





では昨今中高一貫となった都立の結果も載せておきます。

桜修館   6
九段    2
小石川   5
白鷗    5
両国    5
富士    0
大泉    0
三鷹    0
武蔵高付  1
立川国際  -
南多摩   0





ご覧のように上位においては私立の方が圧倒的に優位ですし、中高一貫校化した学校は公立のトップである日比谷校などと比較してもまだまだ明らかな差があります。




ただし一貫校化の入学者が卒業している、桜修館、九段、小石川、白鷗、両国は着実に実績を出しており、今後も大学合格実績が伸びるというのは大方の予想だと思います。



もしも今後数年間数字を伸ばすことはできなくとも5人前後は合格しているようであれば一貫校化はとりあえずのところ成功した見ていいんじゃないでしょうか。
東大合格者の上位ランキングを見たあとだとイメージしにくいかもしれませんが私立で同等の実績を上げる学校を探すとなると意外にも少数です。







実際のところ公立中高一貫校が俗に言う「お得な学校」かどうか?

合格実績、学費の安さだけをみたらそうとも言えますし、校風やカリキュラム、大学名だけでなく学部まで詳細に検討した場合「そうとも言えない」という意見も出てくるかもしれません。


例えば学費が安くそれなりに実績があっても、実際はダブルスクールを黙認してい るのかどうか、もしくは数年前の九段のような例のように、当時において「名ばかり中高一貫」と言われても仕方なのないような実情が露呈されたこともあります。



中高一貫ではない公立中では「塾の協力を歓迎している校長は過半数以上」というデータがあります。

杉並区立和田中のような例がどんどん増えていく可能性は高いですが、人件費のことを考えると公立であってもどこまでのことが無料でできるのか、それも大きな課題となでしょう。(私立もダブルスクールを黙認するような学校と、大学受験対策まで「自分たちが責任を持ちます」とはっきりと意思表示をする学校と、それぞれスタンスが随分と違います。)




個人的には私立と公立中高一貫校のどちらが良いのかと いう意見はないです。
どちらにせよ長所短所を含めた特色がありますし、その多様さは私立はもちろん公立もこれから国の許容範囲内で違いは出てくると思います。




ちなみにここ2,3年の流れでは早慶をはじめとした私立大付属の人気は急落しており、唯一人気を維持しているのは半分進学校のような早稲田中くらいです。

一方で公立中高一貫校の倍率は、ピークは過ぎ設立数が増えることで今後も減ることが予想されますが、それでもまだ7~8倍と私立の倍率よりもかなり高いです。



東京23区の区立中心学は約7割、その他3割の大半が私立、国立、中高一貫校に進学していると言われています。これは全国平均90パーセント以上と比較す ると突出した値になっています。




しかし中学受験を考えている保護者の3割近くが公立中高一貫校への志望を考えておりこれはこの数年でかなり増えてきました。
今後数年間で日和見的な公立志望受験者が減ることでの急減はあっても入学のハードルが大きく下がることは考えにくいです。



栄光ゼミがいち早く取り入れたように公立中高一貫対策コースというのもこれからどんどん充実してくるでしょう。

ですので受験までの通塾費用という観点では私立受験との差は縮まり入学してからのダブルスクールの可能性まで考えてから公立を選ぶか否か、最低でもそれくらいは判断材料にしたほうがいいでしょうね。




公立中高一貫に関しては今後も機会があれば話題にしてみたいと思います。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


















テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

・・・・。

久々の更新です。




二ヶ月ぶりですから過去最高を更新しましたかね。

もはやそれすらわからなくってしまいましたが、まあ、そんなことはどうでもよくて。



やっと二月に入り、6年生の受験も終盤に入ろうとしています。

僕も1日2日と現6年生の過去問(2014年2月1日、2日の問題)の解答作成や3日以降の試験対策におわれていました。



何を言っているのかピンと来ない方もいるかもしれませんね。

今や中学受験では複数回募集をする学校は珍しくなくなってきました。

例えば1月の栄東や開智のように3回以上試験がある学校もあります。
若干募集要項や試験の傾向も変わるのですが、大抵の学校は類題傾向にあるので、2月1日に、2日に問題が入手できると3日以降に行われる二回目の試験(二次募集)に向けての対策をとることができるのです。

また2回目も募集する学校というのは比較的ですね、情報開示といえばいいんでしょうか、試験内容を学校説明会などで細かく教えてくれることが多いのです。
なので1回目の試験問題を入手して、2回目以降に備えるというのはあながち馬鹿にできないものでして、そこでのギリギリまでのあがき(?)が功を奏するということがしばしばあります。

ここ数年そういう依頼も増えてきたので2月3日頃まではまだ新学年に向けて気持ちを切り替えることができません。



今年は昨日でそれも終わり、昨晩は若干気の抜けた感じになっていました。

この1年はその前の年とは打って変わり、昨年の夏頃から徐々に忙しくなり、特に12月と1月は例年以上の状態で本当に息つく暇もなかったです。

年をまたいだこの二ヶ月があっと言う間でした。

直前が忙しくなるかどうかというのは実際のところ御家庭の意向があるので毎年その時期になってみないとわからないのが痛いところです。



そして・・・今日はもう新6年生の指導には行くんですけどね・・・。





何もやりたくない感が若干増しておりまして、こんなところで無駄口を書き綴っているのです。
最近は平日の午前から指導という日が続いていたのでなんともこの時間が贅沢に思われます。(いや、普段の平日は空いてるんですけどね)





しかし、んなことは新6年生にとってどうでもいいことなんで、うだうだしている場合じゃないんですが。



あ、こう言えばいいのか、「ただ今出かけるまでに気持ちを整えているところです。」





いいですね、気持ちを整えるというのは良い表現だ。





ええ、と・・・。



僕の指導していた生徒の現6年生が半分位でしょうか、とりあえず終了したのでとにかく今月は溜まりに溜まった雑務を処理していこうかと考えています。



新しい案件は年末頃から来ているのですが・・・、今のところほとんど断っています。

場所や日時がベストではないというのもありますがあまり先を考える余裕もないというのもあります。

「ちょっと保留で待ってくれませんか?」とも言えないのでとりあえず断ってるんです。



半分自営業のような形で家庭教師を生業にしてもう10年以上経ちますがだんだん自分も身軽に生きていくのが難しくなってきました。いろいろな責任が伴っていくものなのですね。

今までは年中無休をモットーにしてきましたが、今後は仕事の仕方も変えていかないといけないかなと考えています。





ああ、そろそろうだうだうだしていられない時間です。


まだ、気持ちは整わないです・・・。



もう新6年生が始まっているので現6年生のことは置いておきます。この時期は彼らの結果に感情を持つことは極力しないようにしています。もう僕の手からは離れてしまっているので。



さあ、やるぞ!と早稲アカ風に熱血で行きたいです。

いや、基本熱が低いんですけねどね。こういう時には見習わないといけないです。熱血は大事です。



ああ、でもいかんせん脱力が・・・・・・。






ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。