スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾を変える その2

どこの塾にすればいいのか、これは難しいですね、書いといてなんなんですが。

いつも通り僕の主観で書いていこうかなと思います。

とりあえず確率論から言えばやはり最難関志望者はサピックスをとりあえず勧めますね。ちょっとこの前の記事と矛盾するようですが、まあやっぱり最難関はサピですね。いくらサピの生徒層の幅が広がったとはいえ、今のところは、ですね。

もちろん啓明舎やおぎしんなど地元密着(実際密着しようとしてるか知りませんが)で実績のある進学塾はほかにもあるし、後は日能研、四谷大塚、早稲アカだったら最上位クラスに入れればお勧めしますけど。ただこれは最上位という限定つきですね。

成績は塾が挙げるもんだろ!!ってまあ、確かにそうなんですが・・・。最難関校というのに安定してその学校を狙える学力を身につけられる塾といえばやっぱり限られて来るかなと。日能研以下二つ挙げた塾に関しては、まあいわゆる大手の進学塾では大体言えることは、もちろん必ずではないですが、1年通塾して成績が上がらないもしくは若干下がるようであれば正直その先何かよっぽどの意識変化がない限り劇的に伸びて行くことは難しいかと思います。

また、これらの進学塾でもやっぱり御三家クラスは特別な存在です。日能研も母体数を考えるとやはり御三家狙う子は塾内では特別な人間たちですよね。

6年生になった時点である程度の素養がないと、塾側に受け入れる余裕はないかなと、その許容範囲が最も広いのが今はサピックスかなと、そんな気がします。

親が塾を変えたいと思うきっかけは大体というか、子供や保護者の塾に対する不満ですよね。
・・・それ以外ないか・・・。
あとはやむを得ぬ事情というのは抜きにしてやっぱり、不満が原因でそういう気持ちになるんでしょうね。

塾の先生は当然自分の塾はやめてほしくないという思いはあるでしょうが、客観性は持って真実を伝えるほうがいいのでは、と思うことがあります。

というのは、たまに疑問を感じることがあるんです。


ええ、何かというと。


あの、すいません、また長くなったのでいったん切りますね。

いやあのほんとすいません、もう少しわかりやすくすっきりかけつて話ですよね。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。