スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校説明会

今日は少し学校説明会について触れてみようかなと思います


6年生はこの時期くらいになってくると多くの御家庭で一度くらいはどこかの学校説明会に足を運んでいるかもしれません。もちろん低学年からでも見に行くことは可能ですね。早めにいくに越したことはないと思います。

僕は怠慢なことに一度も行ったことないんですが、大体はお母さんからの又聞きで状況を聞いたり、資料をいただくわけです。んで、こんなんでしたけど先生どう思いますか?じゃ、これからこんな風にやっていきましょうか、とかまあそんな話をするわけですね。


ともあれ、この説明会は重要ですよね。昨今では足繁く運ぶことで実際の受験の合否に、つまり試験に役に立つ情報を手に入れることができる場合があるんですから。

どういうことかというと、学校説明会というのは、当然のことながら学校での学生生活の具体的な説明や、カリキュラムの説明、部活動、進学先などが主な内容だとは思いますが、それ以外に入試に関して、個々の差はあれヒントや情報を提供してくれる場合があるんですね。


みていると基本的に複数募集をする学校は試験に関して具体的な情報を提供する傾向にあると思います。

過去一番びっくりしたのが学習院の社会です。
なんだったっけなあ、「歴史のこの時代の何世紀から何世紀のこのあたりに人物について出します。」みたいな感じでしたね。

・・・・いやいやそれは普通に期末試験ですか?

ここまで具体的に発表するというのは説明会に出るか出ないかでかなりの得点差が発生すると思うのですが。

国語なんかも学校の教育方針を聞いていいれば、ある程度出題される文章というのが予測できるかもしれませんね。実際当てている塾や講師というのも存在しますしね。もちろん多くは過去問の分析でしょうが。でも説明会の話を聞くことで出題傾向が今年度も例年通りか、はたまた変わってくるのか、なども想像できるわけですね。

説明会でどこに重きを置くかでその学校の性格というのも見えてきますからね。

以前ふれたようにどんなに言葉で取り繕っているつもりでも、(いや取り繕ってもいないかもしれません)言葉の節々に利潤追求のみに偏る学校も存在しますからね。

びっくりしたのが「この学校にはこれだけ借金があってそれを自分がまかなっているんだ」的な発言をした理事長がいたそうで。何年前の話か思い出せないんですが。そんなのを聞いたことがあります。


僕は主に算数に関していろいろ相談されるんですが、情けないことにあまり利用できていません(笑)例年通りである場合は、過去問を見ればいいことだし、そうですね、今年は例年と違う、そんなときくらいでしょうか、説明会を聞いて違う対策を考えたりしますね。

ただ、どうでしょう、僕は仕事としているから、説明会に対してインパクトが少ないだけで、やはり中学受験にはじめて臨む方々には大きな収穫がたくさんあるかもしれませんね。
この前、聖光学院の試験に関しての学校側が公開している資料を拝見したのですが、かなり細かくて驚きました。「ここの設問では(3)からが合否の分かれ目になっている」とか「合格するために日頃この部分に力を入れることを心がけてほしい」などなど、最難関でありながら、と意外な印象を持ちました。

本郷なども学校で販売している過去問で一問一問正答率が載っているのを見た時は「ずいぶん親切だな」と思いました。


学校の多様化が進んできた分、それをうまく利用して自分の志望校に関して情報を集めれば集めるほど受験本番で有利に運ぶことができる、そんな風に変化してきた気がします。

本来の勉強の姿からはかけ離れてきているかもしれませんが、現状はこうであり、合格するためには事前に情報を集めるという行為は重要であり有効であると思います。

そんなの不公平、という意見もあるかもしれません。確かに試験に与える影響は少なからずあるわけですから。

でも学校側も純粋な筆記のみでの合不合というのをなるべくなくそうといろいろな処置を施してくれているともいえますね。運不運だけでなく、自分の学校に来たいという情熱も得点に加味したい、そういう思いが感じられます。

私立である以上学校側も経営という問題はどこも深刻でしょうね。実際は知りませんがおそらく深刻じゃない学校なんてないんじゃないでしょうか?ただ経営を好転させるための人集め、といのではなくて、というよりはこんな子供たちに来てもらってこんな学校を子供たちに築いてほしい、そういう強いメッセージを感じさせるところも多いですよね。
それが結局学校の存続につながるとも思います。質の良い子供たちに学校を支えてもらうという感じでしょうか。


とにかくまあ、興味のあるところはいって損はなし、だと思います。
好感触でもがっかりだったとしてもです。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ġ??????

ķ?????? ?С ?餺????? ???顢Τä?? ? ???С ???å??ġ ?Ĵ????礦 ???? ??ķ????

コメントの投稿

非公開コメント

No title

説明会や学祭に行かず、面接でそれを正直に明かすと面接官に「はぁ?」って顔されるとか・・・。

説明会だけではなく、学祭まで行くんだなぁ~っと驚きました。(4歳から毎年行っていたと言う方も見受けられました)

興味あるから受験するので当然といえば当然なんでしょうねi-179

ボーイが赤門を見てみたいというので、今年の夏休みに行く約束をしていますi-239
勇気を出して通るだけ通ってきますi-230

No title

>説明会や学祭に行かず、面接でそれを正直に明かすと面接官に「はぁ?」って顔されるとか・・・。

説明会に力を入れるということは自分達の学校をよく理解してくれる人が欲しいという傾向が強くなってきたのかもしれませんね。

また逆に「興味が無い」と言うのは意外に面接官に伝わってしまうものなんでしょうね。

赤門ですか!!いいですね、今の内からゆっくりいろいろな学校が見れるというのは、とくに本人が行くというのは尚いいことでしょうね。

夢や希望がどんどん膨らむといいですね♪
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。