スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みが近いです

もうすぐ夏休みですね。

7月13日はおおくの方が大きいテストを受けたと思います。

特に6年生は最終的な志望校を決める最後の判断材料としたいところですね。

もちろん秋にもテストはたくさんありますけどね、そこではもうメンテナンスという感覚で臨んでほしいのですが。


ただ人それぞれでしょうね、一概には言えないので「理想を言えば」ということでとどめておきます。

僕の教えてる子も6年生は皆なにがしかのテストを受けました。

前話したように塾に行っていないで、家庭教師と御両親のサポートで受験勉強をしている子がいます。まだ一年足らずにもかかわらずまだまだ伸びていることがとてもうれしいです。

今回合不合を受けたのですが、まだ偏差値は出ていませんが例年の平均から想像すると総合で偏差値55いきそうです。

こういうときって、やっぱり僕もうれしいです。うれしいもんですよ。親ほどではないにせよ一喜一憂をするんですね。

この子の場合、どこまで伸びるかまだわからないので志望校はいくつか絞っている状態なのですができればいい見本になってほしいです。

1年ちょっとの受験勉強で、さらに塾に行かなくても(テストは受けてますけど)自分たちの納得のいく受験生活が送れる、そういう良い模範といえばいいのでしょうか。

僕は週二回いってますけどもうほぼ算数ですね、理科社会は御両親が分担してがんばってます。お父さんは休日返上で、しかも夏休みの計画を6月末位から立てているそうで。計画のために本屋でいろいろ研究しているようです。志望校が決まっていないにもかかわらず意中の学校の問題をぱらぱらめくっては今後の地理、歴史、公民の勉強方針を練っているみたいです。

すごいですね。でも塾に行かないとなるとやはりこれくらいの頑張りは必要なのかもしれません。


算数は一任されていますが、ご両親の足を引っ張らないよう無駄のない道筋を立てたいものです。

家庭教師で指導しに行くと、大抵はその場でわからない問題を解説するというパターンなのですがこの子のようにあらかじめテキストを用意して進める場合もあるわけです。
もちろんこういう方がはるかに楽ですね。また先の事の予測が立てやすいともいえます。

なかなか実感がわかないものですが、男の子でこれだけ計画通りに進むという例はまれですね。やはりみんなどこかしらムラがあるものです。

この生徒もこれだけ成績が伸びてくるとやはり短所も目立ってきます。それなりに形が出来上がってきた分、いびつなところが明確に見えてきた、と言えばいいでしょうか。これからはもう少し細かい作業をしつつ、思考力を深めつつと、そんな地道な作業になるでしょうね。



さあさあ、もちろん他にも生徒はいるわけでとにかく無駄のないように過ごしたいですね。

今日指導に行った家で、んじゃあ夏休みはどうしていくべきなのか、なんて話をしたので家庭教師という立場から、こんな風に進んでいったらいいなあ、というのを書いてみたいと思います。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>閃光者さま


見ていてよい流れだな、というのはありますね。

本当にもう雰囲気で言葉では表現しにくいのですが、明らかにありますね。

少なくともストレスなく前向きにというのは大事なようです。

修行僧のように苦しんでくるしんで、というケースよりも明るく楽しんで、という要素の方がうまくいきやすいのかもしれません。

努力に苦労はつきものなので、あまりめったなことは言えないと思いますが。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。