スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時間


夏休みの計画とセットで考えていきたいのが睡眠時間ですか。


どうなんでしょう、人間として欠かせないものなだけに当たり前すぎてあまり考えないかもしれません。

夏休みは学校がない分、生活のリズムを整えるというのはとても重要な作業ですね。一日の作業というか、成果というかとにかくとても影響する、と思ってます。

新聞で夏休みの勉強時間の話のなかに、400時間をやるとしたら、と勉強時間の例が書いてありましたがまあ普通に考えてばかにならない時間量ですね、はい。

とは言っても一日12時間くらいは勉強させたい、と思う親だっているでしょうし、逆に8時間くらいでもあり得ないという人もいるでしょうしまあとにかく普通に考えたら大変な時間なわけです。

どちらにせよ、本人の気力がなければ勉強時間なんて言うのは何の目安にもならないわけですが。

やる気は勿論、気力を充実させるには寝るのが一番と考えています。僕は。


ちなみに睡眠時間はどれくらいがいいんですか?と聞かれることは少なくありません。

常識の範囲内であれば変に増やすことも減らすこともしなくてもいいと思うんですよね。
小学6年生であれば7.5時間~9.5時間くらいですかね。

8時間から9時間の間が最も多いと思います。


たとえ勉強時間が増えても睡眠時間は絶対に減らしてほしくない、というのが僕の考えです。

僕ですね、今は慣れっこなんですが、いや慣れちゃいけないと思うんですが、マンツーマンの指導中に思いっきりガン寝されても気にしなくなりました・・・・。

え?それはお前の指導不足?

いやいやいやそりゃね?

それは否定しませんがね?

じゃあ想像してほしいんですけど、もし知人程度の人と一緒にご飯でも食べに行った時、相手が急に「あ、ごめーん、眠いからねるね♡」なんて言われて目の前で寝かれたらびっくりすると思うんですが?


最初は戸惑いましたね、理由はどうあれ道徳的にあり得ないだろ、という思いがありましたから。

でも、僕も前書いたように自分自身6年生の秋以降はホントに眠かったのを覚えています。
授業中余りに辛くてトイレ行くふりして、階段でへばってたこともありますし、やはりマンツーマンの指導中でも頭がクラッとして先生に叩かれた記憶もありますから。

それでも今の子は悪気が全くない子もいますね、僕も取りたてて怒る人間ではないのでそれもいけないのでしょうが、そうすると平気で両手でうつぶせになって寝る子もいます。人が質問しているのに、いつの間にか返事をしなくなって黄泉の国なんてのも珍しくないです。


あまりね、こういうのって怒ってもしょうがないかなって思っちゃうんですね。
それにもうとりあえずあきれるというか、感心するというか。「へー、寝るんだ・・・・、えと・・・僕はどうすれば?・・・・」みたいな感じになりますし。

あまりにひどい時は御両親に相談して意味がないから家庭教師はやめたほうがいいといったことも1度あります。


寝るのも寝る本人に問題がありますが(あ、僕の指導力がなくて、あまりにつまらないからねる、ということは棚にあげておきます)やはり睡眠時間が不足しているな、と感じる場合があります。ある程度は受験終盤になるとどうしても仕方がないのですが、あまりにも無理や負荷をかけている場合もありますね。

ここはやはり保護者が注意して健康管理をしないことにはどうしようもないことだと思います。あるノルマをやりきるまで絶対に寝かさない!という親もいますが、残念ながらこれも逆効果ですね。たいていの子供はもう自分なりの抜け道をしっかり作っているので、成績はほぼまちがいなく伸びません。抜け道を作れるならいいですよ、そうじゃなかったら過労死する子もいるんじゃないですかね、さすがに見たことないですけど。


というのはですね、6時間睡眠を子供に強いる親もいますが、これは断固として反対というか完全に間違っていると思います。少なくとも僕はそう思いますよ。

せいぜい数日ならまだしも、そんなの毎日なんか絶対無理ですよ?サービス残業を子供に強いるようなものです。いくら勉強が大事だ、天王山、とか言っても、睡眠時間を削れなどとはだれも言ってません。指導する人間でそんなこと言う人いたら僕はあまりにも無責任で何も考えていない素人だなと思います。そもそも子供と接する人間としておかしい。

100歩譲って7時間。7.5時間はほしいです。9時間でも大いに結構だと思います。

僕の考えでは眠たそうににしていたら寝かしてほしいなと思うんですよね、たとえその日一日ほとんど成果がなかったとしても。

体調壊して休まれるほうがよっぽど成果が出ませんからね、その方が迷惑です。そこら辺はやはりまだ子供、無理は利かないと思います。利いてる子がいたとしたら、こりゃ大きな爆弾抱えて勉強するようなもんです。


じっさい性格的に真面目な人で子供の怠慢がどうしても許せずノルマが終わるまで絶対に寝かせないというお母さんがいました。その子は女の子でしたがひどい時は4,5時間という時もあったんですね。

親は自分が耐えられるから大丈夫と思っている節がありましたね、「いや、あたしもかわいそうとは思うんですけど」なんて言ってましたが・・・・。え?これって虐待?思ってもやめないんだ。

別に親子の関係が悪いわけでもないので虐待とまでいかなくとも明らかに下手な勉強方法です。意味がないということは何度も言いました。

結局しわ寄せは僕の指導中に来てました。学校や塾でも寝ていたでしょうね。じゃなきゃ4,5時間じゃ無理だと思います。最後のほうは一日中寝ているような感じになっていました。

2時間のうち半分以上は居眠り、本来5分で済む話が30分以上なんてこともあります。すごい嫌な言い方ですが「ああ、お金の使い方が下手だな」とそんな風に思った記憶があります。


挙句の果てには親が留守の間に僕が指導に行ったら、いくらベルを鳴らしても誰も出てこない。
どうしようかと思いましたがマンションだったので管理人に話したら・・・・こんどは僕は完全に不振者扱いです(汗)。
ひょっとしたらという思いがあったので帰らなかったんです。あ、もちろん電話もしましたけどね。

たまたま父親が近くで勤務していたので、いきましたよ、仕事場まで(笑)
みんなにじろじろ見られながら。

んでなんとか家に入れてもらいましたが娘は大の字でベットで寝ていました。

お父さんと僕の中で、お母さんには内緒、という変な暗黙の了解の空気が流れていましたね。子供も「お母さんには絶対に言わないで!」と何度も念を押されましたけど。

どうしたっけな、話したっけ。でもお母さんに何度も訴えた記憶はあります。もうすこし寝かさないと意味がないと。

ここまでのケースは珍しいですが、睡眠時間はちゃんと確保してほしいですね。どれくらい寝ないとだめかは親が一番わかっていると思います。無理を利かせないでほしいですね。

勉強が忙しくなるからこそ健康管理を何より重視してほしいです。
そうしないと指導もへったくれもないですから。



えと、これからしばらく忙しくなるので前回書いたようにしばらく休みます。
いろいろやらねばならぬことがたまってきたので・・・。
毎年夏休みというのは忙しくなるかどうかは僕の場合、御家庭によりけりなので全く読めないのですが今年は忙しくなりそうです。

なので探さないで下さい、って違いますね、すいません。


はい、では健康に気をつけて頑張りたいところです。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[新製品]ドコモ、脈拍・歩数計を内蔵した“健康ケータイ”の「らくらくホンV」

 NTTドコモ は7月17日、健康管理機能を搭載した富士通製の3G携帯電話「らくらくホン?(ファイブ)」を、8月に発売すると発表した。実勢価格は、新規契約でバリューコースを利用した場合では4万円前後見込み。【実際の使用場面の写真入りの記事】  「らくらくホン」シリ...

コメントの投稿

非公開コメント

ナルコプレシー

今年の春まで、いわゆる「ナルコプレシー」の生徒を教えていました。本人の意思とは関係なく、授業中に毎回しかも突然眠るんですね。授業前に十分寝てもらっても、全く効果がありません。

こういう生徒の場合は怒っても仕方がないので、10分くらい寝かせることにしていました。こういう子は周囲の理解がないとやる気がないと判断されてしまうので、塾に通うわけにもいかないのでしょう。もっとも私も平然と目の前で熟睡されるのは、あまり気持ちのよいものではありませんでしたが。

昔は「四当五落」といって睡眠時間を過度に削ることが受験ではよいことだとされていましたが、その分勉強の効率は確実に落ちているはずなので、全くナンセンスな都市伝説ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

返信遅れてすいませんでした!!

>dydx123さま


すごい!なんかすごい響きですね、調べてみます、「四当五落」。

睡眠障害みたいな子供は・・・同級生でいましたけど・・・ありゃたるんでただけかな(笑)

現代は鬱のように精神障害の病気が多いので僕も生徒を見るときに気をつけたいです、まだ五、六年生だと思春期ではないのでおそらく集中力が途切れやすいというのもあるのでしょう。顔洗わせたり水を飲ませたりしますが、結局保護者に睡眠不足にならないように気をつけてみてくださいということが有効な対処法になってしまうのですが。

>たんたんさま

家庭教師探しは御家庭の方も苦労がつきものなんでしょうね。夏期講習で忙しいとなかなか条件に見合う人は見つかりにくいのでしょうか。いい先生が見つかるといいですね♪

ブログは見に行きますよ、こんな僕の経験からでも何か言えることがあればぜひ提案してみたいので。
心身ともに大変だとは思いますが、現状の成績で土俵に乗っかることができているのですがから是非是非飛び出してきてほしいですね♪
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。