スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦力

実戦力

こんな言葉ちゃんとあるのかどうかよくわかりませんが、(あ。調べて使えって話ですね)でも僕はよく使います。実践力とちょっとニュアンスが違うのですが。

まあ、とにかく受験本番でちゃんと得点できる力、とでも思っていただければ。


6年生のこの時期、今まで学習してきた単元がどれだけ正確に引き出せるかで、ほとんどの子供の学力が区分されてくるわけなんですが今日はいい問題があったのでそれを取り上げつつ話していこうかなと。


いつものように今日の朝日新聞からです。大妻中です。



問題

28文字の漢字仮名混じり文をすべてひらがなで書くと42文字になりました。


(1)1つの漢字が全て3文字の平仮名になるものとすると、漢字は何文字ですか。

(2)1つの漢字で3文字の平仮名になるものと4文字の平仮名になるものがあり、3文字の平仮名になるものの方が、4文字の平仮名になる漢字よりも多い時、3文字の平仮名になる漢字は何文字ですか。



大妻、ということを考えると合格者はどれだけできているのでしょう?(1)は落とせないかな、そんな感じでしょうか。


取り上げた理由として、まずこれが今まで学習してきたどの単元に含まれるのか、解いている本人が分かるかどうかですね。実は実力テストのといった類のものは「~~算」というのが分かるかごどうか半分くらい答えが出たようなものなんですね。

・・・・うーん半分は言いすぎかな、でもまあちょっと邪道なような気もしますがそれが問題を解くうえでとても大きなヒントになるのは事実です。


このような問題は少し何の単元なのか分かりにくくなっていますので、ちょっと取り上げてみました。

理想を言えば5年生くらいでも「あ、これは、あれでしょ」とピンとくればいいのですが。


細かい区分けになると塾ごとで表現が違うので、自分の習ってきたテキストを見て「あ、これはあそこからの話なんだな」ということが理解してもらえればいいですね。


今日1日はカテゴリ分けしないでおきましょうか、ヒントになるので(笑)

さて今日は簡単にこんな感じで。

明日また解説を踏まえて話をしてみようかなと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>bmxhx502さま


>よかった

いやいやいやいやwww

そうですね。やはり一度は見たことある問題なので、確認問題という感じだと思います。

おそらく子供が解いているのがひらめきに見えるのはそれだけ研磨されているからかもしれませんね。
無意識になるくらいに。意外に説明できない子は多いんです(笑)言えばすぐ納得するのに。


>ってその勘が身に付くまで訓練している子供に与えられるものなのか…。

この前は書こうと思って長くなりそうなのでやめましたが・・・うーん今回もなりそうなので簡単に。
たぶん与えられますよ、どんな難問でも演習を繰り返すとある日突然突破口が開ける時が来るんです。
僕は指導していてよく体験します。最難関の問題を一生懸命解いてると流れが少しずつ見えてきて体感できるといえばいいんでしょうか、非常に抽象的な表現で申し訳ないのですが。

>あぁ、何だかんだ言っても実力は確実についていると安心しました。

それはもう、いつも言っているように、すごい勢いで向上していると思いますよ。

ご心配ありがとうございます♪

>私は何だか疲れてきたので、少し手抜き状態です…。

bmxhx502さんこそ無理をなさらずに、やはり大事な支えですからね

>これくらいさせてくれって感じですよね。

いやいやいやいやいやいやいやwwwwww
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。