スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSとNN

大分前に塾の特徴を書いたときに振れたことがあるのですが、今日が再度触れて見ようかと思いまして。

塾の志望校特訓について話してみようかなと。

SSとNNということに関して。
えと、まずですね。わからない人のために簡単に説明しておきます。

SSとはサンデーサピックスというサピックスが行っている6年生用に開設されている日曜日の特訓講座の名称です。
NNとは早稲田アカデミーが行っている日曜日の講座の名称です。今はどうか知りませんが、たぶん土曜日の講座もNNの親せきみたいなもんです。

まず大きな違いとしてSSはサピックス生しか受講できませんが、NNは外部生でも試験に受かることができれば可能になります。


これは6年生の話なんですがまだ6年生じゃない子供たちにも耳を傾けてほしいかな、と思い書いてみました。


まだ子供が5年生以下の家では想像しがたいかもしれませんが、簡単にいえば二つの塾を通わせるかどうかで悩んでいるということです。


実はブログを書きたての頃、早稲アカの日曜特訓に関してあまりいい表現をしていなかったのですが今回はまた現状で感じていることがあるので再びと思いました。

というか、当初から、つまり今年の初めあたりから危惧していたことが現実に起きている気がするのです。

不思議なことに、今まであまり考えたこともなかったんですが、サピックスに通っている家庭ではNNを受けてみたらどうだろうかと考えることはあっても日能研生とかでそういう話題が上がったことがなかったことに気がつきました。

サピのカリキュラムじゃ不安だから、頼りないから、日曜日だけはNNに変えようということです。

多少差はあれ、こういう話を相談されることがここのところ多くなりました。数年前じゃ想像もしなかったくらいに。

(今回は、四谷大塚(早稲アカも含め)、日能研、サピという首都圏の三大勢力に限定して話していきますね。他の方はすいません、噂話程度に聞いていてください。)

こういう事態が起こっていう現状について、いくつか理由は考えられますね。


いっそのことサピックスをやめて早稲アカにすれば?と思う方もいるかもしれませんがそこが少々厄介でありまして。

迷う方はたいてい、サピの平常授業は早稲アカより質がいいけど志望校特訓に関しては早稲アカのほうがいいと考えているので悩むんですね。


こういう話は受験事情を知らない人がきくとびっくりするかもしれませんね。(笑)
まあ、とにかくいろんな情報が溢れているわけなのです。それだけで親は一苦労なんです。


まずなぜ日能研生での中で早稲アカはどうだろう?と悩む人がいないか(もしくは少ないか)という点についてです。

当然僕は個人指導なので、接する人間が少ないです。もっと首都圏全体で見れば日能研生でNNに通いたい、と考えている人はサピより多いかもしれませんね。

ただ僕はやはりサピックス生のほうが多いのでは、と考えています。


まず日能研のほうが志望校特訓に関してはきめ細かい、親身である、という点でしょうか。
御幣を与えかねませんが、子どもにとってはどうかは別として親の立場としては日能研の方法のほうが安心しやすい、というところだと思います。


サピックスは基本的に自学習重視ですので、自分たちでどこまでできるか不安になる親も多いし、説明不足の感も否めないのでいまいち任せます、と言いきれないような印象を受けます。


実績の面においても日能研はサピに引けを取りません。母体数は多いのですが上位の生徒に関しての授業はサピックスとかわらない質の高さだと思います。過去の日能研の日特のテキストなどを見るとそういう印象があります。

もちろん志望校クラスに入るのは大変ですが。でもはいれるだけの実力があればこの塾の日特は本当に質が高いと思います。


一方サピはというと・・・下がったというか、下げざるを得ない状況にある、そんな気がします。

ええ、長くなりそうなのでいったん切りますね。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

んも~尻切れじゃないですか~!
気になっちゃうから早く書いてください…。

我が家の回りでもちょうどこの話題で持ちきりですよ、ホント、タイムリーな感じです。

皆さん志望校の冠が複数付いたコースの方は不満に思っていらっしゃる傾向が強いと思いました。
配られるプリントに志望校が書いていなかったり、クラスの半数以上は他の志望校なのに大丈夫かとか。
教室単位に拘っているから仕方ないのと、中堅校はどこも同じ、実力さえありゃ入れるさ的な空気がありありですよね。
上位の生徒にはとても手厚く、成績も安定するので親は不安に思うことも少ないと思うのですが、ギリだったり微妙な立ち位置だと親が焦っちゃいますよね。今年はサンデーショックの年だし。

個人的にはNN、魅力ありません。
あれに行っても行かなくても結果は変わらないと思うからです。結局タラレバに上手く引っかかっている、そんな気がしています。

って明日の(今日の?)家庭教師さんのご意見、楽しみにしています~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんで途切れてるんですか!!!私も早く続きを読みたいです!!!頑張って今日にでも続き書いてください。待ってま~す。

No title

>bmxhx502さま

ええ尻切れました・・・なんか長くなりそうで。
いやあ、すいません。

>中堅校はどこも同じ、実力さえありゃ入れるさ的な空気がありありですよね

まさにそうですね、僕も一昔前ではもちろん、と言えましたが・・・。

いまは若干ですが不安は残ります・・・。

>複数付いたコース

これもまさに的を得てますね(笑)
たしかに同じ傾向の学校をひとまとめにしているのですが、そうはいっても通わせる方には不安が残るようです。

NNはやはり他塾の講座ですからね、できればサピで済めば、それに信頼がおけるという状況は幸せだと思いますよ。めぐりあわせも多少あるのかもしれません。

えと、僕の意見としては・・・あまりまともな意見がないんですが・・・。

肩すかしを覚悟で読んでいただければ(笑)

>hanakaさま

ええ、いや上に続きすいません
ええっとタイムリーですよね。
いやもうほんとすいません(汗)

>たんたんさま

選択肢として悩んでも実際にこ行動する余地があるのがサピでないのが日能研というところでしょうか。

結局はいる関門が高いということは、その講座の質が高いのではなく、子供の質が高いのではと思う方もいるでしょうね。

確かにここは塾にとっては判断がとても難しく、また死活問題ですからね。


でもやはり最後は自分がどれだけ頑張れるか、ということでしょうか。

陰ながら応援していますよ〰♪
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。