スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験の充実

大学生活の記事を読んでいた時に自分も振り返ってみました、どうだっただろうなと。

自分にあてはめた時にも考えてしまうわけです。つまり中学受験をして歩んできた人生の意味や価値というものでしょうか。僕は付属なのでその後受験は経験しませんでした。


中学受験を考える保護者の中には、とりあえずいわゆるいい大学に入って、そこからなるべく広い選択肢から本人の考えを尊重する、というのはおそらく多いと思います。

もしくは本人の強い希望で専門的な大学に進んでサラリーマンではないような、つまり平均的な雇用者でない職業に進むのか。


答えはそうそう見えてくるものではないですが、保護者の視点ではなくどれだけ本人の視点に立って考えられるのか、これができればできるほど後々後悔する可能性は少ないんじゃないかという気がするのです。


まあ、考えすぎかもしれませんね、実際のところ多くの人間は中学、高校、大学と歩んできた人生に満足しているのかもしれません。

そして中学受験を経験して高校そして大学と進む人間の多くも後悔せずに進んでいるのかもしれません。


僕自身についていえば気づいた時にはレールに乗っかっていた、というの思いがあるのです。

それはそれで幸福なんでしょうか・・・。

自分にとって納得いくか、いかないか、そんな選択を考える間もなく、閉ざされた環境で育ってきたというか、無理して悲観的にとらえているわけではないのですが・・・。

何とか勢いで受験は終えたけど、後がまずかった・・・・。
自分の思いと学生生活のずれというのは埋められないまま終えてしまいました。
それでも大学に倫理学という多少興味の持てる学問が存在したのが多少の救いだったかもしれません。

学生生活は・・・目一杯の達成感があったかといわれれば、なかったですね。

ごまかしてごまかして・・・現実に理想を懸命にすりよせようとはしてましたが、結局自分の進みたい道への方法を見つけられぬまま終えた気がします。

社会人になってようやく学びたいことに専念できる時期もありましたが、だんだん環境が許してくれなくなるんですね、今度は。

社会人になって24時間好きなことはなかなかできないから、だからいい学校へ早いうちに進学させたい、という結論にもなる人もいるかもしれません。

受験する当の本人は、まあ所詮小学生だから、そこで大学までのビジョンを正確に打ち立てることのほうが無理があるような気もしますけど、でも絶対出来ないとは思わないのですね。

実際最難関に合格した子供の体験記など、実に立派なものが多いですからね。
すごい小学生だなと感心してしまいます。

別に受験に限らず小さなころからの願いをやがて現実に変えることができる人もいるんじゃないでしょうか。

僕の卒業した学校でいえば、やはり医者や弁護士の子供は普通の私立より多かったのかもしれません。中学一年生の頃からそういう職業を目指し勉学も勤しみつつ、学生生活を謳歌している同級生もいくらかいたように思います。

思うといったのは本人の本音はどうかは知らないからです。少なくとも自分にはうらやましく映ったということです。


大学が最終学歴なのでそこから将来のことを大いに悩むというのも遅いわけではないとは思うんです。

でも中学受験をする子供たちは、ひょっとしたら、中学受験をしない子供たちよりも早くにそういうことを真剣に考えないといけないんじゃないかなと思うのです。
大学生だから、高校生だから、中学生だから、と早ければいいとか時期で価値が決まるということではないのです、言いたいことは。

ただ中学受験をするということは、よくよく、その将来のことも考えなくてはいけないのかな、と思います。

勉学という面においては有利かもしれませんが、同時に若干進みやすいレールに乗っかりますから、自らの意思で外れるのにはそれなりに勇気がいるでしょうね。

子供達にはこれから6年間どういう道が待っていて、そしてその後(原則)大学を狙う際にどういう道が広がっているのか、よくよく考えイメージしなければならないと思います。


6年生ではこの時期になると明らかにエネルギー切れの子供というのも、実際存在します。

いつまでたっても同じような間違いをするけれど本人に至って反省の色なし。

誰かからの指示がなければ絶対にそれ以上のことはやらない。

親が日々のノルマと課したことでも、言われなければ言われなかったことを理由にやらない。

とりあえず目の前のクラスの昇降は気になるけれど、過去問のように人と競う(偏差値の
出ない)ものではないもので悪くても気にしない。まあ気にしないくらいならいいんですけど明らかに常時手抜きの場合など。

などなど。

彼らの多くが受け身なんですね。

仕事なんです。

勉強が。

そしてついでに言えば好きでもない仕事。
本人にとってはまったくもってつまらない単純作業を延々と周りに文句を言われながらやるような心境でしょうか。
その忍耐によって、その後に得られるものへの想像が乏しいとも言えるかもしれません。

こんな残り数か月の時期でも子供たちの学力で下克上は結構あります。

その決め手は気持ちでしょうね。受験生活を充実して過ごしているかどうか。
イメージがとても重要です、受験後に広がる生活への。現実がどうであれ、とにかく良いイメージです。それをしてほしいですよね。


ギスギスした感情ばかりが占めていてはどんなに努力をしても本当の意味でいい結果はついてこないと思います。運よく受験に失敗しなくてもそのつけはどこかで必ず回ってくると思います。


塾に通っている子供たちにすればライバル以上に友達なのです。そういう思いが強い子もいるはずです。それは馴れ合いの関係ではなく切磋琢磨お互いを意識し合いつつも、でもその友達と塾に通うのが当たり前で楽しくて、充実しているという状態です。




充実という言葉は観念的なものなのでわかりにくいものです。


大学生活を充実させる、というのはその前段階も大事なのかもしれませんね。

中高生活を充実させたい、そのために今の受験勉強を充実させたい、そう思えるといいですね。

そのためにはやはりコミュニケーション、受験をさせる親とする子供のいろいろな勉強以外の学校の話、生活の話をすることはいいことだと思います。


そういうことが子供の勉強へのやる気を充実させるきっかけになるかもしれません。
向上心を高めてくれるかもしれません。

飽くまで可能性ですけど・・・・。


なんてことを考えてしまった、大学の特集記事でした。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>たんたんさま

そうですか〰実際に比較できるのとできないのでは違うのかもしれませんね。

僕は受験は中学だけなので、中学受験、大学受験としてきた人間に比べればかなり楽をしてきたほうなのかもしれません。

勉強でもそうでなくてもいいから何かに打ち込めるものを見つけてそれに向かって頑張れる環境を早いうちに子供のために用意できたら理想的なのかもしれません。

逆にいえば「やることがわからない、みつからない」人はとりあえず勉強しとけっ、ともいえますか(笑)勉強の中身よりも、その取組み方から学べることも多いのでしょうね・

確かに中学受験で培われるものというのは本人が自覚する以上に多いのかもしれませんね。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。