スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AО入試

朝日新聞にAO入試のことが書いてありました。
一部で廃止や縮小の方向で進んでいるそうです。

詳しいことは知りませんが要はあれでしょ、勉強以外でアピールできることがあれば面接などで合否を決め、筆記試験免除というやつですよね?ええーと、間違っていたらすいません。


廃止の理由は「学力が低い」、「一般生と大差ない」などらしいです。とにかく選定が大変な割には優秀な生徒がいないらしいです。

最近では芸能人で明治や早稲田にAO入試で入学するケースも増えてきたようです。私立は増えていても国公立の方では減らすんだか慎重に検討してんだが。

どちらがいいのかわかりませんが優秀な生徒がいなければ確かにやるだけ無駄ですね。

ゆとり教育の改革もあり今、日本の子供の学力は世界的に大幅に下がっているみたいですし。

そんななか中学受験は世間がどうであろうがまったくもって影響を受けずにきた、そんな気がします。

むしろ不況により私立の競争が激しくなり、中学受験といっても本当に多様化して複雑化しました。ですから90年代と比べるとはるかに厄介になったと思います。

しかし中学受験は大変な分、頑張れば本当にかけがえのない見返りがあると思います。大学ではとにかく子供たちの読解力の低下が顕著で大学の教授に言わせると悲惨なようですが、
武蔵中や麻布中の過去問は高校受験や、高校生の授業の教材に使われることがあると何かで見たことがあります。

それだけレベルの高いことを11、12歳の子供が勉強しているということです。やりすぎと思う方もいるかもしれませんが現に合格する子供が毎年居るということは小学生でもそれだけの力がつくということですね。

AO入試の芸能人と御三家を受かった子供の国語力、もし小学生の方が上だったら洒落にならんですよ。

確かに一芸に秀でるということはだれもがなれるものでもないしそれは大変でしょう。そりゃ東大受かるより芸能人で活動していく方がはるかに大変かもしれません、比べるものでもありませんが。

僕が中学受験を教えていて感じるのは子供の可能性の大きさです。早期教育でやりすぎ、という意見よりはこれだけのことを考えられる子供たちが将来どんな未来を切り開いていくのかむしろそちらの方が楽しみに思うわけです。

AO入試の良し悪しは難しいところですが中学受験は面接が増えてきたとはいえやはりメインは純粋な筆記試験、難関校のあれだけの問題が解けりゃもはや一芸でしょう。

今後中学受験でもAO入試のようなものが増えるか否かどちらがいいのか世間の親はどう考えているんでしょうか・・・?

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。