スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教務との会話 その3


志望校に関して、いつまでに決めてほしいということになると当然過去問のやる時期もそれに伴い変化してくるわけですね。

志望校は夏前までに決めてほしいという上位の場合だと夏休み中には過去問に取り掛かることが多いです。

当然いきなり本命に取り掛かるわけではないです、併願が決まっていたらやっても問題ないレベルであれば解いてもらいますし、そうでなくても8月ごろの本人の実力に見合った学校の問題に取り掛かってもらうことが多いです。


僕の感じる塾ごとの印象ですが。

サピックスなんかは夏休み中の過去問に関してはこういう風に考えてほしいと、大手の塾の中では最も具体的に話してくれていると思います

日能研、早稲アカあたりでは、過去問は重視しつつも指示を出す時期に関してはサピックスよりは遅い印象があります。

栄光ゼミナール、個別指導塾などではもっとおそいでしょうね。


もちろん校舎、講師によりけりですが、大雑把に分けるとそんな感じになるんじゃないかなと思います。


なぜ大雑把に分けるとそうなるのか、主な原因は学力差が原因です。
学力に応じで高ければ高いほど過去問は早くから取り掛かることが可能ですね。

ですから過去問の扱い方は慎重にしないといけないですね。
塾の先生などのアドバイスがもらえない環境の人は、本当に慎重にならないといけないです。

自分の子供の学力を客観的に計ることができないと、過去問に手を出すのはとても危険です。

当然、五年生での過去問演習なんて言語道断です。

塾のテキストに掲載されている問題や、四則計算などは別ですよ。
いわゆる赤本のような本を買って一年分丸々解くというのはまずいということです。

やってもいいのは5年生の時点で自分の偏差値より25、最低でも20以上低い学校でしょうか。まあやったことによる学習効果は望めませんが。

子供の学力を客観的に計るということはとても難しいです。そして大変ですよ。
ぼくも受験を経験していない、指導経験のない、親の立場だったとしたらこれはとても大変で自分の子供の成績なんて正確にはつかめないだろうなと思います。

と、なると過去問は原則専門的な人の指示に任せてそれに従い進めるのがいいと思います。

今回は少し、個別指導時代の過去問演習について。


個別指導塾について過去問演習が遅いといったのは自分の経験からです。

僕が個別指導塾で仕事をしているときは随分過去問演習量が少ないな、という印象でした。

僕が働いていた塾は、一応講師がカリキュラムを立てるんですが最後の判断は教務です。カリキュラムの立て方はある程度マニュアルみたいなものがあってそれに従って作るという感じです。

つまり、たとえば僕がもっと「過去問をしたほうが良い」とか、そういう意見が通る環境ではなくただの形式に沿って通り一辺倒のカリキュラムを立てるだけなんですね。

あまり講師の考えなどはあってはならないような雰囲気でした。
ごく少数のベテランは違うでしょうけれど。その他大勢は大学生なので当たり前と言えば当たり前の選択かもしれませんが。


もちろん個別なので個々に差があるべきなのですが、実際は大体の子供の学力は低いです。
大手進学塾に比べてはるかに低いです。
個別ではサピなどとの併用の子供もいますけど少数派ですね。

当時は過去問演習が少ないなあ、と感じましたが今にして思えばそれはそれで仕方ないかもしれません。
前回も書いたように、学力が低ければまずは基本の定着ですからね。
四谷の合不合で偏差値40以下の学校はほとんどの場合しっかり基礎が定着して、問題配列を把握し時間配分さえ間違わなければまず問題ないですからね。

5年も10年もやらなくていいかもしれませんね。
2度3度の復習も意識しなくてもいいかもしれません。

話を教務との会話に戻しますと・・・。

結局ですね、センターの教務の方と話していると、過去問一つ挙げても様々な言い方ができるので、まあほんと人それぞれだなと思ったわけです。

今回は、個別指導の頃の話題にも触れましたが、過去問においても全体像に触れるのは難しいですね~。いや、普通に書ききれないです。
もっと明確に書いている人もたくさんいるので、まあ僕は僕でこんな感じでいいですか。

機会があればまた触れます。



んだから、僕の受け答えは質問するほうからすれば何とも歯切れの悪いものだったかもしれません。

でも人それぞれリズムが違うので、そのリズムに入りつつ、こちらの考えもすり合わせていく、そんな感じの指導というのが望ましいのではと考えています。

あ、わかりづらいですね、はい、イメージです。僕の勝手な。

最後には質問する側が
「家庭教師って大変ですね~、複雑でいろいろですね~」

あ、いや、あなたも営業じゃ・・・・。



まあ、そんなこんなで取り留めもなく話したいことを話してきた写真撮影でした。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ




スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。