スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 宇宙エレベーター

久々二日空きました。



今日の朝日新聞に宇宙エレベーターのことが書いてありました。


以前こちらで簡単に紹介しました。

宇宙エレベーター




この前は本の紹介も兼ねていたのでもう一度宇宙エレベーターについて話したいと思います。



今回、宇宙エレベータに関する国際会議が日英米の専門家らを集め、東京で行われたそうです。


まずこれは空想の話ではなくもう基本技術は完成に近付いているそうで、今や昔とは違い実現する可能性の高い乗り物だということです。
当然行先は宇宙で、宇宙船の代わりになるものです。

構造は赤道の上空36000キロにある静止衛星からとてつもなく長いケーブルを地上にたらし、これを使って地上と宇宙をエレベーターで昇降するという仕組みです。



ケーブルは10万キロ(かなり長いですね)になるそうで、宙に浮かんだままで安定するようです。そして建設費は1兆円。

個人的には給付金はいいです。作ってほしいです。

いや、もう、麻生首相は、ねえ・・・・まあ、いいですかね、そんな話題は。



んで昇降機は新幹線並みの200キロ毎時で約7日間で到着、そこから先へ進むには地球の自転の力を利用して動力なしで進むそう。

おお、遠心力ってやつですか?これは、すごいですね。そんな身近な物理がそういうところでも応用されるなんて僕にもわかりやすいです。って違うかもしれませんけど。


そもそもこの乗り物が考案されたのは、今の宇宙船があまりにも非効率だからだそうです。
2.5トンの荷物を宇宙に持ち上げるのに250トンもの燃料が必要だというのを聞くと確かに非効率ですね。

さらに爆発する燃料を使わずに、使い捨てがないので環境にもやさしいと、今までの宇宙船に比べたら圧倒的にメリットのほうが多そうです。


会議を主催した民間団体、日本宇宙エレベーター協会の会長の言葉です。

「議論は『できるかどうか』から『いつ、誰がつくるか』に移ってきている。早期実現のカギは、必要な技術で最先端をいく日本が握っていると思う」


もちろん、多少日本ひいきというのがあるにせよ、とても希望に満ちた言葉ですね。

中学受験というのが、こういう最先端技術を担う人間のスタートラインになるといいと思います。



いやいや本当ですよ、子供たちを教えていて本当にそう思います。


サピや日能研の最難関用のテキストをほとんど理解できる子供たちであればそれはそれは有望です。将来が楽しみだって本当に感じるわけです。

並の努力じゃないですからね。

ああ、だれか僕を宇宙に連れて行ってくれないかなあなんて思うわけです。

それくらい中学受験は負担もかかり大変ですからね、子供達には希望や夢を持って勉強してほしいです。

つまらないとか、たいへんとか、取り柄がないからせめて勉強だけとか、そんな理由じゃなくて、大きな夢や希望を持って取り組むことはいいんじゃないでしょうか。

大人はたいてい
「うちの子に限ってそんな大それた・・・」
「あんたなんかじゃどうせ無理・・・」

とか口にしてしまうものなのですが、やはりさびしい気がします。

親が子供にそんなこと言ったら可能性をわざわざつぶして妨害するようなもんですからね。


ただ必要だから勉強させる、なんて大人の都合だけじゃなくて、夢を持たせてそれがどんなに途方もないことであれ、応援してあげてほしいです。

いちばん身近な保護者の存在は根底から子供を支えるものです。

謙虚と否定的な言葉や卑下は違いますからね。


もちろん大胆な夢を語ることには多大な責任と努力も伴いますが。


意志の強さが願いをかなえる力になると思います。


宇宙エレベーターのように、ある意味において勉強は夢や希望にあふれているものであるということを伝えることができたらいいです。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>せ・・・・さま

なかなか褒めるということは勇気のいることなのかもしれません、少なくともそう考えている人は少なくないようです。

いや、もちろん理由はどうか詳しいことまでわからないですけどね。(汗)

>し・・・・さま

親としてはどうしても結果はほしいところですものね。思うようにいかないときはとくに。

勉強というのはあくまで子どもの側面にすぎないと思えば気持ちも少し楽になるかもしれませんね☆


>め・・・・さま

失礼しました。
3万6千はは単純に0一つ忘れていました。

(桁一つ間違えたらかなり意味は変わってしまいますが。)

現実性については・・・・確かにあまり使わないですね。

僕の中では会長の言葉の「早期実現」とはちがい、ファンタジーに取り上げられた空想の世界との比較で実現という言葉でなくリアリティという意味合いを込めて使用してみました。

ですが、そうですね、よく考えてみればそこまで深く読解を求めるほうが無理があるのでここも無難な表現に訂正しておきます。



訂正コメントありがとうございました♪

No title

一兆円で出来るの?と言うのが私の率直な感想です。遠心力で回すと言うのも、大丈夫かいなっ?て思っちゃいます。

これって大人の発想ですよね。

子供にはもっと自由な発想で、宇宙エレベーターに限らず、奇抜でも良いので楽しい事を考えて、実現させようと言う前向きなベクトルを持って欲しいです。

>意志の強さが願いをかなえる力になると思います。

本当にそのとおりだと思います。
子供達にはその意思を持って私達を宇宙に連れて行け!って感じです( ̄ー ̄)ニヤリ

No title

>尾場さま

おお、言われてみればそうですねなんか1兆円て桁が違いすぎて(笑)

ひそかに教えている子供たちがそのうち偉い学者さんにでもなって招待してくれたらうれしいんですけど、なんて妄想してますw

だから、宇宙エレベーターの話を事あるごとにするんですけどね、子供たちに^^;


あ、そうそう、以前からコメントを残そうと思っても禁止ワードに何度も引っ掛かり断念しました。
10行くらいの文章が1行になってしまったので(汗)

今度禁止ワード教えてください♪

すみませんでした(汗)

他の方からもご指摘いただいていていましたe-330
スパムが結構来ませんか?それできびし目に対策してたのですが、ご迷惑をお掛けしました(*_ _)
思い切って禁止ワードを減らしましたので、お暇な時にでも試してください(*_ _)

もしそれでも引っかかるようなら
「おい!まだコメント受付ね~けどどうなってんだ?e-262
と仰ってくだされば、又対処させていただきます(*_ _)

申し訳ありませんe-263

No title

了解です♪

またコメントさせていただきます。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。