スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考書

参考書の説明


市販のテキストというのは実に様々ありますね。

ぼくもいくつかは知っているので場合によっては人にお勧めする場合もあるんですが、まあそれにしても様々ありますね。

なので把握していないテキストもたくさんあるんですけど。

もちろん、「このテキストはどんなもんですか」と聞かれればその場で拝見するなり本屋で確認したりして「どんなもんです」ということを話すことはします。


すごい前に紹介した「中学への算数」だけでなく、僕なりにこれはいいのではと思うテキストはいくつかあるのですが、やはり用途というものがありますね。


たとえば中学への算数なんかは平均レベルの子供が使用する代物ではないと思います。
5年生だと、よほど算数ができない限りは厳しいでしょうね。最初の基本問題だけでも5年生であれば慎重に取り組みたいです。まあ、やらなくてもいいと思います。普通は。
個人的な感覚としては6年生で四谷大塚、日能研偏差値の60はほしいです。
そういうレベルじゃないと勧めないですね。



こういうテキストというのは、算数の問題集という性質上どんな問題が載っているかというのを注目する方も多いと思うのです。

問題同様、もう一つ忘れてほしくないのが巻頭や巻末に載っている「本書のすすめかた」のようなところですね。たいていの参考書には掲載されていると思います。


まずこの部分にしっかり目を通してその参考書はどれくらいの学力の子供に向けて作られているのか、その本の目的はなんなのか、そういうことを確認する必要があると思います。それはとても重要なことだと思います。

もちろん、パッと見の衝動買いに近いような感覚で購入するのも悪いとは言いませんが場合によっては子どもにあまり効果的ではないこともあるかもしれません。

そういう時にその本の進め方というのをしっかり認識していれば、使い方にも人それぞれ、ということになってくると思います。

回答のみの簡素なものや、解説の詳しいもの、さらにはその問題を載せた狙いやどれくらいまでできるようになってほしいか、そこまで書いてあるとかなり良心的な学習効果の高いテキストと言えるんじゃないでしょうか。


市販のテキスト購入というのはいきなり無駄なく購入というのは難しいと思います。
買ってみて初めて他との比較もできてくると思います。


「本書の目的」となる場所を読んでどれを買おうか比較するのも良い判断材料になると思います。

いろいろ迷う方は、自分の子供の学力と照らし合わせそんなところにも目を向けてみるといいかもしれません。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。