スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり難しいわけです

もう半月ほど前になりますが、去年指導していて今中学生になった子供を持つお母さんに相談されたことがありました。

そのお母さんの友達についてのことでした。
今6年生の息子がいて、やはり中学受験の真っ最中だそうです。

成績がいつまでたっても伸びないし、塾の室長にも「このままじゃ本命は厳しい、こういうタイプは特に・・・。」と見放され(室長がそういうつもりでいったのかは知りませんが)、お母さんお父さん、いよいよ家庭教師を、と思ったそうです。

それでどこかのセンターを探してきたらしいのですが、そこがいいのか悪いのかちょっと僕に聞いてみてくれないか、といったようなことでした。


たまたまそのセンター、6,7年前、僕が2,3ヶ月営業で働いていたところだったんですね。
まあ、決して良心的なセンターではなかったと思います。同僚同士にも契約件数で競わせようと同じフロアに敷居を作ってテレアポテレアポでギスギスした雰囲気を思いっきり作っているようなところでした。

研修中、僕の上司が「大体まともな家庭教師なんてほんとに一握りしかいないんだよ。あとはひどいからね~、そこんとこは営業の腕の見せどころで何とか言いくるめないといかんのだよ。わかるかね?」みたいなことを言われました。

ちなみに上司の上司、部長って立場の人ですかね。不動産業からの転職だそうです。
バブル時代の物件を売るノリだから家庭教師の契約は300,400万は取らないと、みたいな感覚の人でした。
自分の愛人を自慢げに話していたのを思い出します。(・・・あ、それは趣味の問題ですからいいですかね。)


と、まあそんな記憶しかないので「先生、そこのセンターってどうですか?」と聞かれたのですが、とりあえず無言。言葉が出てこず。

「まあ、センターはこの時期どこも稼ぎ時だし、どこにするにしても距離間をうまく保たないと・・・・。」などとわけのわからないことを言ったような言わないような・・・。


「またそういう出会いは当たりはずれもありますし、うまくいくこともあると思います。うまくいかない時はもう時間もないので・・・・替えを探していたら受験が終わるというか、まあなんというか・・・」

持ちかけてきたお母さんも察してくれているんですけどね、言いたいことは。


話の状況から察するに、何か大事なものがすっぽりと抜けているような気がしたので、僕は直接その御家庭の両親は知らないのですが、相談してきたお母さんに不満や疑問をつらつらと言ったんです。

その相談してきたお母さん、とにかく四科目どれもパッとしないから週二回「カリスマ家庭教師」に何とかしてもらいたいそうなのです。

もうよくわかんないけど、どうにかして、みたいな。



前書きましたね、僕は困ります、こういうタイプ。
こういう依頼は、仮に予定が空いていたとしてもなんとかセンターの教務に言い訳してお断りします。



隣で聞いていた子供も僕への相談内容に一言。



「それ、もう無理じゃね?」


何を偉そうになんて思わないでくださいよ(笑)
話の内容への素直な感想です。つまり子供でも分かる現状だということです。


次の週にお母さんから報告がありました。

「先生に言えないくらい莫大な費用がかかったみたいです。すごいですよ、ほんと」
「センターも紹介した先生に対して歯切れが悪く、{何かあったらすぐ代える}って言ってるらしいですよ。案の定という感じみたいです。さっそく代えてみたり、うまくいってないみたいです」


「言えないくらいのお金ですか。超ベテラン講師、週二回で一回指導が三時間、そこのセンターは長期契約で持ちかけてくるはずですから、入会金、諸経費もろもろで三か月ですから。100万はいくかもしれませんね。」

あ、お母さん黙っちゃった・・・、図星かな。

なかなかそういうケースは難しいのでは。多くの人がそう思うだろうし、確かになかなか難しいですよね。満足する結果が得られるのは。焦っている分余計に。


しかし話の流れが気になったんですね。
ざっと聞いても、おそらく親子関係が良好とは思えない。このままでは受験の合否以前にの問題では、と想像してしまいました。


まあ、こんなピリピリする時期にこんな話、ぼくもどっちかっていうとKYですかね。(汗)



でもですね、一応言わずにはいられないというか。仕事柄、あ、いやえらそうですね、なんか。
まあそれは置いといて一応ですね、中学受験というのに様々な理由でうまくいかずに悩んでいる人にも少しでも耳を傾けてほしい、という気持ちもあります。



受験において最悪の状況っていうのは考えたことあるんですかね?


僕がその両親に(会ったことないけど)問いたいのはそこなんですよね。

んあ、また次回にでも書きます。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。