スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中退率

日本は大学中退率が世界で最も低いレベルにあるようです。

米国が50パーセントを超えて日本は10パーセント強。

これは素晴らしいようで、実はそうでもないようです。

ぼくは子どもの頃に日本の最高峰の大学である東京大学が世界の大学ランキングで順位が思ったより高くなかったことを知った時に結構ショックを受けた記憶があります。

貿易大国で科学もとても進歩している日本なんだから東京大学なんてのは世界でも1番2番にすごいんだろうなと信じていたんですがそうじゃなかったんですね。

今でもハーバードとかケンブリッジとか・・・別にどんな大学か知りませんが名前になんとなく憧れてしまうようなミーハーな人間です。

今は何位ぐらいなんでしょうか?30位とかにははいっているのかな?

なので大学のレベルは世界最高峰ではないということは子供のころから知っていましたが中退率がそこまで低いとは思いませんでした。

大人になるにつれて日本は入り口がせまく、出口は広いということも知りました。
言い方が悪いですが、入るまでは大変ですが入ってしまえば「何をしても良い」というか、そこで何を勉強するかなんてのはあまり興味を持たれないのでは、そんな印象が今でもあります。

そのかわりというのか、大学内でどうこうよりも卒業証書が大事なんですね、中退なんてすると、よほどだらしなかったのか特殊な事情があるのか、世間一般の目はそんな感じなのではないでしょうか・・・。どうでしょうかね・・・?

就職活動では大学での活動、勉強などはどういうものかどれくらい詳しく聞かれ重視されるのか、就職活動をほとんどしなかった僕にはわかりませんが、そういう記事を見る限り日本よりも海外のほうが重視されているような気がします。


一方大学院に通ったり博士号を取るようになればなんとなくイメージとして、大学に真面目に通っているんだな、何かの学問に真剣に向き合っているんだな、という気がします。いや、現状は知りません、単なる僕の私見です。


海外では中退率が高いのは卒業するためのハードルが高いからだと思っていたのですが僕が読んだ記事では違うことが書かれていました。

中退率の高い国では、一定期間のプログラムを習得する「パートタイム」と呼ばれる学生の比率が高いため、プログラム途中で退学するケースがあり、率を上げているらしいです。

主に欧州では、一度中退して別の高等教育機関に移ることにマイナスイメージがないそうです。

これはとても合理的で良い風土だなと思います。

卒業したか否かは大して重要ではないようですね。
「00大学」へ通ったか否かを重視するのではなく、「その教育機関で何を学んだのか」を重視しているからだと思います。


さらにあまりうれしくないことに日本の大学生の勉強意欲は低いそうです。
大学の授業以外の平均勉強時間は日本で5.3時間。米国では13~14時間。

日本の大学は楽に卒業できる、就職前の最後の遊び場だということでしょうか。
採用する側もわかっているから大学でどうしたかなんてあまり興味なかったりして・・・。


個人的には大学では今まで以上に勉学に励むことができ、就職しても時間に余裕があり余暇を十分に活用できるような社会になるといいな、と思っています。

そういうほうが社会全体として健全な気がします。
受験生のお父さんだって大変ですからね。仕事と子供の勉強の面倒なんて難しいですよ。

特にこんな不景気じゃ業界によってはサラリーマンは大変ですよね。
20代30代は徹夜ばかりして働くのが当たり前なんていう風潮はいまだにあるんじゃないでしょうか?
派遣の切り捨てなんて言うのはしょっちゅう話題になりますし。
かたや大学は全入時代突入かって勢いみたいですし。(まだまだ先なのでしょうか)


しかしそうやって考えると中学受験はどういう存在意義があるのかなんてこともつながってきますね。

全入時代なら、別にどうでもいいじゃん何いう人もいるだろうし、だからこそいい大学に、ともなるだろうし、いや、そもそもいい大学って名前ですか、なんて議論ももっと過熱してくるかもしれませんね。

有名無名でなく、何を学んできたか、大学はいればそれでよしではなく、どこで何を学びどんなふうに社会と接していくのかかかわっていくのか、今まで以上に真剣に考えなくてはいけない時代が来ているのかもしれませんね。

いやーもう大麻なんて栽培してる場合じゃないですね、はい。
あ、そんなのは一部の人間ですね、すいません。


一応大学へのステップ、過程が中学受験。
まあ、繋がっていないようでつながっているというか。

今まで以上にもっと中身の問われる時代に変わっていくといいですね。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

応援、ポチ、ポチ。頑張って下さい!!!また来ますね!!!遊びに来てください!!!

No title

コメントありがとうございます。
機会があれば遊びにいかせてもらいます☆

No title

e-330e-330e-330
この記事私も読みましたe-330e-330e-330
私は中退2回していますから、日本ではかなり珍しい人種なんだと思いますe-330e-330e-330

東大は現在19位、京大が25位ですね。
それでもアジアでは2TOPですよe-287
上位はやはりアメリカイギリスが絞めていますね。

ソース
http://www.topuniversities.com/university_rankings/results/2008/overall_rankings/top_100_universities/

No title

>尾場さま

改めて言われてみればそうでしたね(笑)
日本は平均的な物を好む民族らしいので人と違うということに過敏ですからね。

アジアではトップ2はすごいですね、でも世界で見るとまだ15位・・・。
サッカーのようでまだ物足りないですね、ってめちゃくちゃ無責任ですけど。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。