スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域差


僕は大学卒業後に練馬区に住んでいて、今は板橋区なのです。

家庭教師として指導に行った場所は西は小田急線の登戸の少し奥、田園都市線のたまプラーザ近辺、東は本八幡など市川近辺、そして北は川越市を超えた坂戸の方までです。

今は本当に電車がいろいろなところへ走っているので地理的に距離があっても思ったほど時間がかからない場所というのは意外にあるんですね。

僕の行動範囲を書いた上で大体どの程度の地域差があるのか少し書いてみようかなと思います。

これは意外に大事なことですね。やはり地方のほうが圧倒的に情報も手に入りづらいし高校受験や大学受験以上に都会に住むというだけで中学受験は圧倒的に有利です。
まあ、そもそも知らない世界で育った方がいいかもわかりませんが・・・。



東武東上線、西武池袋線と埼玉に続いている電車というのは、新宿、渋谷に負けず劣らずかなりの人が乗車しています。
しかし中学受験においては埼玉というのは神奈川や千葉のようにそれほど受験校もなく歴史が浅いんですね。

いや、私立の学校はかなりあります、1月校もかなりの割合で占めてはいるんですが、10年以上前はなかったり、もしくは昔は進学校というよりはのんびりした私立だったと思います。それがここのところ急激に変化してきたのです。

迫られたといってもいいかもしれませんね。

そのいい例が、浦和明の星、淑徳与野、栄東、西武文理、開智などでしょうか。
新設校だったり、母体は他にあったり、校風がガラリと変わったりと。

それらがあと20年もしたら聖光学院、栄光学園、フェリス、渋幕、市川、東邦のように存在になるかもわかりませんが。


山手線のいずれかの駅までの所要時間は同じようでも、渋谷沿線、新宿沿線、に比べ池袋沿線はまだまだ地域的に中学受験がそれほど活発なところとではないと思います。

やはり田園都市線、東横線などは受験地区と呼んでもいいんじゃないでしょうか。
地域的にも受験というのが根付いている、という表現が適切でしょうか。

情報に対して機敏だし、塾や家庭教師に対してシビアな目を持っているし、とにかく受験に関心のある人たちが多いという印象はあります。

埼玉方面の家庭だと受験する方が肩身が狭いなんてケースもしばしば見受けられます。昔はそもそもそうだったんですけどね。特殊な人というか、ちょっと人と違う人という感じですね。
ですから通っている学校の先生も受験反対者や理解を示してくれない人が多かったりするわけですね。


たとえば千代田区文京区あたりでしょうか。
受験率が過半数超えるなんてのはどの学校も当たり前で、高いところでは90パーセントくらいのところもあるようです。だから1月は受験のために学級閉鎖なんてのはもはや珍しくないわけです。

受験をしたいと考えている人は東京でなければ埼玉近辺よりは千葉、神奈川のほうが環境、面で障害が少ないかもしれません。

まあ、ただそれくらいであれば、そうそう引っ越すわけにもいかないし通学時間さえ気にしなければ乗り越えられる問題なのですが。(中学生の頃片道三時間なんて言うつわものがいました。)

学校の受験人口だけでなく、その地域の塾が受験勉強に適しているか否か、これも判断材料に加えたほうがいいようです。

同じ塾であっても地域によって差はあるんですね。
その点についてももう少し書いてみようかなと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。