スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスの昇降 その2

塾のクラスを変えるのは頻繁なほうがいいのか、そうでないほうがいいのか普段気になっていることに関して書いてみようかなと思います。


結論から言ってしまうとサピだと変えすぎかなと思うけど、四谷大塚なんかだともう少し頻繁に変えてほしいかなと感じます。

僕はどちらかといえばサピのやり方のほうがなじみやすいです。

当然どちらの塾にもそういう方針でやる理由があるんですが。

サピは合理化に徹している感じです。クラスも多数存在するので常に同レベルの子供たちとの授業をするということと競争心を持って切磋琢磨取り組んでほしいという理由があるのだとと思います。実際今のサピの中での学力格差は昔じゃ考えられないくらいになってきたのでこまめなクラス変えやクラスの細分化は必要だと思います。

ただそうなってくるとそれをプレッシャーに感じる子供たちも出てくるわけです。ここはもともとがエリート塾なので(今が違うとも言いませんが・・・少し違うかな)相対的に見ても緊張感のある塾です。なんとなく想像できると思います。
マンスリーのような上限つきのテストではクラスが落ちてもせいぜい3つか4つですが、組み分けテストとなると一番上から一番下、一番下から一番上ということが可能なわけです。そこまで極端なことは無いにしても6,7クラスくらいの変動であれば珍しくないと思います。ですから試験そのものを回避するため休んだりする子供も出てくるわけです。
場合によっては親がそういう選択をすることもありますね。

なので、いつからだったかテストを二回連続受けない子供は自動的に1クラス下がるようになりました。こうなってしまうと本末転倒ですが仕方ありません。この制度そのものも作りたくて作ったわけじゃないだろうし。

中にはクラスそのものが最優先事項になってしまいそのための勉強になりつつある人もいないわけではありません。いやあ、笑えないですね、全くもって。


そういう事態になってしまうことを懸念して四谷大塚では頻繁にクラスを変えることはしないわけです。です、というかそう思います。出来る限り同じクラスでじっくり勉強に取り組んで定着させたいという思惑なんでしょうね。クラスなんかにこだわらなくてもいいから勉強に集中しろよと。

んまあ重圧感じないならこれでいいじゃんと思うかもしれませんが、これはこれで結構短所があるわけです。

たとえば明らかに学力が向上したな、と思う子供でも1,2ヶ月は自分のレベルに合っていないクラスで授業を受けることになったり、もうどう考えてもそのクラスの授業は無理そうだな、という子供がほとんど何も定着させることが出来ないままに負荷がかかりすぎる授業を受けたり。

物足りない場合は、たまに塾の判断でクラスが上がる場合がありますね。逆も無いわけではないんですが塾側からはっきり言うわけにもいかず、結局家庭からの自己申告待ちとなります。そうするとですね、「今はこのクラスは大変かもしれないけど、すぐについていけるようになるはず」と粘ってしまい逆に悪化する場合があります。

もしくは前回の話題のように「見当違い」の勉強をズルズルとしたままの状態で気づいたときにはかなり大変な状況になっている場合もあります。


実際、しばしばありますね。

前回触れたようにS,C,B,Aとテスト内容が違いますが子の名前の違いは大きいと思います。(四谷大塚はさらにそのクラスの中が輪切りで「~組」と分かれておりだいたい60段階以上になります。一番いいのがSの1組で数字が増えるごとに下がっていきSの7,8組以下はCの1組と切り替わりだいたいA~Cまではそれぞれ17,8組くらいまではあります。)


Cの12,3組にいるけどBの2,3組の子供のほうが出来るなという場合は見かけます。
だけれどもテスト内容が違うのでそれぞれがCのテスト偏差値40弱、一方B組みの子供はBの偏差値で70弱とかが定位置になっている場合、どちらにとっても良くないと思います。
Cの子供は早くBに下げて、それこそじっくり基礎を固めたいし、Bの子供はいつまでもその子にとって物足りない基本問題をルーチンワークのごとく解かせてかつ自己満足に陥らせないよう次のステップを踏ませるべきだと思うのです。(上がりたくない人は別ですけど)

なかにはCからBに落ちたのがよほど嫌だったのか「もううちの子にはBの週例テストなんて受けさせません、うちの子には簡単でしょうから」と言う人もいました。あ、そんな言い方しないですけど、つまるところまとめるとそうなのね、と思いました。

んが、これはやっぱりまずいですよね?
Cが難しいから落ちたんだって、思ったりしちゃったりするわけなんです。
落ちたクラスでしっかりやんなきゃ、もうほんとに上がれないです。

親なり誰かが引き止めないと子供だって言い出せないし、場合によっては大人になってもっと扱いにくい人間になってしまうかもしれない。自分の能力をちゃんと見つめられない排他的差別的になりやすいかな、と思いますよ。
まあ、これはあまりクラス変動が無いからというよりその人の考え方かもしれませんが。

こうなってしまうとさらに悪化して成績がどんどん下がっていく危険性が高いです。
でも気持ちは昔の「古きよき時代」を引きずるとなると、さらにもうこれは・・・。

こういうパターンは0ではないです。大げさでもないと思います。
結構深刻な問題なんじゃないかな、と思います。
誰もが陥りやすいと思います。そりゃ気にするなって言うほうが無理かもしれません。
でも気にしないで欲しいんです。

やたら卑下してですね「うちの子にこのレベルの授業なんて無理に決まっている」と決め付けて常に不安に駆られてしまい、何かちょっとでも子供が躓くようであれば「ああ、やっぱりだめだったんだ」と言う姿勢も考え物です。
自分の子供の力を的確に判断するというのはそれだけ難しいのですが。

一方サピックスでもはげしいクラス変動を別に何も気にも留めない人もいますよね。勉強の本質が分かっている人だと思います。
そんなことが重要じゃなくて、何が原因で出来たり出来なかったりするのか冷静に見ることが出来ていると思います。

サピに関してはクラス変えをもう少し減らしてもいいかなとは思いますがまあ、そこまで気になりませんね。むしろ四谷大塚のようにあまり変えないほうがどうかなと思います。
早めはやめの対処をしないと自分達の立ち位置を見失ってしまうと思います

あ、だから僕はクラス変えは頻繁にあっていいんじゃないか、と思う派です。

どちらかといえば気にしすぎている親が気になります。

まあ、そうはいってもやっぱりクラス変えで緊張しすぎてしまう、と自覚している人はあえてサピックスのような塾に行かなくてもいいでしょうね。のんびりでもうまくいく場合はたくさんあるんですから。

偏差値だってそうです。数値が良く出ても明らかに中身が不安な場合と、数値が悪くても、その子の変化を感じ取れる場合はあるのですから。

クラスというのはしかるべき成績でしかるべき立ち位置にいるだけで自分の志望校と照らし合わせて距離を測ればいいと思います。他人を気にするのは程々がいいと思います。
追いつこうという向上心はいいけれども「あいつはどうだろ?今勉強してるのかな?」「今回どんくらいだったんだ?」と四六時中考えてちゃ・・・まあ神経が疲れますよね。勉強どころじゃないです。

クラスも同じものです。

そのクラスが常に今の自分に適正なんだ、という思いは持ったほうがいいと思います。
納得いかない場合もあるだろうし現に不自然な場合もありますが、たいした誤差じゃありません。

本当に中身が備わってくれば絶対にクラスは上がりますからね。
中身が抜けてくればどんなに試験を休んだり色々「工夫」をしてもすぐに無理が出てきます。何より子供は自分を冷静に見つめる力が身につかなくなります。

勉強の本分からどんどん離れしまうのは誰も本意ではないでしょう。
クラスの昇降にはあんまり過敏にならないで受験勉強に取り組めると、それだけでもだいぶ心身健康にいられると思います。

昨日より今日のほうがほんの少しでも伸びているのか、定着したのか、理解したのか、覚えたのか、それが確認できれば前に進むと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ





スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰してます

お久しぶりです&返信が遅れて申し訳ありません(汗)

もう、そんなでしたね・・・時がたつのは早いものです。
精神衛生は大切ですねw

自分自身過去の記事を振り返ることがあまりないのですが、
今読むと変わっていることもありますがやはり本筋の部分での大きな変化というのはないのかなと。

正直まだあと10年20年は携わってみないとわからない部分もあるような気もするのですが・・・。

いい加減もう少し更新頻度を上げるよう努力していきます^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。