スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格実績比較 2月1日 最難関

いろんな人が毎年いろんなところでやっていることだと思いますが僕もやってみたいと思います。

一気に載せるとたくさんになるの大体の偏差値でグループ分けして掲載してみようかなと。とりあえず1日の最難関校からです。定員ではなく合格人数を掲載しておきます

       サピ   N研   早稲アカ   市進   栄光ゼミ

開成    171    83     43     55      9
(395人)
麻布    147    107     33       4      18
(372人)
駒東    106    98     30      7      5
(271人)
桜陰    124    63     33     21      6
(255人)
女子学院  85    75     68     20      10
(267人)

塾生数  3760   18000   3400    4000    8216

塾生数は市進、日能研 は推定です 、なのでかなりアバウト。大きく外れている可能性あります。でもまあ参考程度に。四谷大塚は合格実績に関してかなり微妙な気がするので、後調べるのが面倒臭いので載せませんでした。

個人的な感想は・・・以前のブログでサピに対しての不安を書きましたが杞憂でしょうか(汗)開成170人越えはあり得ないww もはや最難関に関しては明らかにサピの一人勝ち。入学したら二人に一人が同じ塾ってちょっと想像すると不気味です。武蔵双葉はもはや最難関とは言えないのではずしましたが、サピはその二つの学校に関してはわかりやすいくらい合格人数が少ないです。まるでうちの塾の子供には楽勝といわんばかりに。早稲アカが全体的に頑張ってますが、日能研はちょっと落ち込んだ感じでしょうか?市進はやはりよくわからない麻布や駒東にはもっと実績は伸ばせないのでしょうか?

合格実績の高さはその塾のカリキュラムの質の高さに比例するんじゃないでしょうか。だから武蔵志望の子がサピにいても全然いいわけだし、というより相対的に高い人間にもまれているので受験するときのアドバンテージは高いんじゃないかなと。だって6,7人に1人は2月1日にこの5校に進学するわけでしょう?サピは。それってとってもとってもすごいことだと思います。日能研は母体がかなり大きいので何とも言えないですし。

最難関にだけこだわってもしょうがないし、かといって中堅校まで載せたらきりがないのでもうワンランク下げた学校も載せていきたいと思います。

そうするともう少し塾の特徴が見えてくる気がするので。って自分としてもどんな結論になるか見当ついてないんですが。
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。