スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますます多様化するんでしょうか。




今年の関東首都圏の受験人数は53000人とか・・・。いろいろなところで中学受験人口のことが掲載されていますね。ブログでも話題にしている人は多いと思います。

実際の正確な数字はどうあれおそらく増えたのは事実だと思います。


要因はいくつかあると思うのですが都立の中高一貫校が徐々に増えつつあるというが原因の一つかなと考えています。
この中に都立のみ志望の数が含まれているのかどうかわかりませんが(たしかそれを入れたらもっと多かった気がするのですが)やはり両方を視野に入れている人もいると思うのです。


しかしながら都立の試験問題は適正試験となっているので私立の受験問題とは名称が違うわけですね。

内容はどうあれ、中学受験の問題とは違うということを言いたいのでしょうか。


少子化にもかかわらず増加現象は止まらないですね。
複数回募集の学校というのもまだまだ増えていくのでしょうか・・・。

前回の話じゃありませんが繰り上げ合格待ちなんてのが長引くと入学金の手続きとかも馬鹿になんないです。

試験料を一回分払えば複数回受けてもそれ以上かからないとか、入学手続きや前納金の時期をもっと遅らせるとか、そういうところでの学校間の方針の差異がまた人気にも影響を与えてくるかもしれません。ひいては偏差値にも響くかもしれませんね。

そうなるといよいよどこをどう受験すればいいのか、なかなか決めるのが大変になってきますね。
本人の学力と比較して純粋に選ぶのではなく、都立なのか私立なのか、何回目の募集の日にちを受けるべきなのか否か、受験料はどうなっているのか、入学手続きはどうなのか、補欠の繰上げ合格はいつまであるのかなどなど・・・。


最近は問題傾向の相性だけでなく、そういった副次的なもののことについても相談を受けることというのは増えてきたように思えます。

たとえば受験日程の1日から5日くらいまで5,6通りパターンを作成するなんてことも珍しくなくなりました。以前じゃ考えられないです。

同じ学校でも試験日によって偏差値が5以上違うなんていうのも違和感を持つ人も少なくないんじゃないでしょうか・・・僕は慣れましたが。

併願校などの日程の組み方も同じ学校を受けた日にちが違っただけで落ちたり受かったりというのはなんとも複雑な気持ちです。
なかには、受ける受験者の層が違うことを考慮して、試験内容や募集のコンセプトも違うということを打ち出している学校もありますが。


なにかこうですね、年々複雑になっていくようで勉強以外の面が大変になっていくなあと感じてしまいます。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

お金の問題も大切でした

確か首都圏では、1人平均5~6校出願すると聞いたことがあります。そうしますと今年の中学受験者数ののべ人数がどれくらいにのぼるのか、興味あります。

我が家は1月の試し受験も含めると、4校5回出願しました。本命校はA試験・B試験2回とも出願です。受験料だけで、10万円を超えます。

出願したうちの一校、神奈川県内のある学校の場合、合格発表後の入学手続きは書類提出のみ、お金の納入期限は2月20日でした。これは本当に助かります。この学校は、学校説明会から始まって手続きまで、受験生とその父母の便宜をありとあらゆる点で細かい配慮を持って図っていたので好感が持てました。当然人気は高く、2次~3次の名目倍率が12~13倍というのもうなづけます。ここのところ人気も大学進学実績も急上昇しており、偏差値も上がりつつあります。

偏差値以外の要素が絡み合ってくる感は否めませんが、子どもの学力・性格と学校との相性(単純に本人がその学校を好きか嫌いか等含め)と、学校と家庭の教育方針の一致・不一致、そして校風などが、これからも学校選びの主たる基準でありつづけるように思います。その上で、どうしても入りたい(あるいは入れたい)学校になるべく無駄なく入れるよう、親もいろいろ作戦を練ってみる……、そんなところではないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お金の問題も大切でした

> 確か首都圏では、1人平均5~6校出願すると聞いたことがあります。

大体そうなりますよね。
理想的なパターンのひとつは3校受けて終わり、だと思います。
1月ひとつ、2月1日、そして1日の発表がある2日でしょうか。

2月の後半まで待ってくれると助かりますよね、色々選択肢が広がると思います。

Re: No title


> ラッキーという考えでは不味いような気がしないでもなくi-227
> (入学してもついていけないのは困りもの)

そうですね、実際の学校のレベルが見えてこない部分では不安なのかもしれません。
入学してついていけないほうならまだいいと思うのです。
それよりも偏差値のわりに実際の授業進度やレベルに疑問を持つ人も少なくないようです。
学校見学や説明会、在校生の知り合いの話なので偏差値との差を感じるようです。

とくに1月受験校の学校は偏差値が高騰しやすいので2月の二回目以降の募集を確認するとびっくりすることがあります。
同じ学校なのに1月は偏差値60、2月の方では50ちょっとしかなかったりと。

インターeduは有名ですよね、って実は2chは見ますがそっちのほうあんま知らなくて(汗)
まあ、あまりいい話は聞かないですね(笑)


> 私も余計なこと↑を言っちゃたかなぁっと・・・

いや、とんでもないです。僕としてはやはりそういうことを言っていただけると支えられるというか、とても助かります。気持ちはやっぱり楽になります☆

だから以前のときも同じように助け舟を出してもらえたときは嬉しかったです。
あとはこちらがどううまく対処するかだと思っています。

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。