スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度の受験算数


中学への算数をパラパラとめくっていたら少しばかり今年度の算数の傾向というのが伺えました。

これは市販のテキストなので進学塾の講師など受験算数に関しての選りすぐりのエキスパートが集まって構成されているテキストです。
かなり難度が高いのですが、それだけでなく受験算数に関して非常に深い分析力を持っている人たちが書いているので、問題を解かずに読み物としても参考になるところが多いです。

今月号では「今年のこの問題」という感じで10校くらいから合否の分かれ目になりそうな問題を取り上げていました。

具体的な問題は今回置いとおいて、全体的な印象ですね。
まずこれは個人的に訂正しておかなければいけないことがあります。
「伝統的な学校はあまり問題傾向を変えない」ということを僕は以前このような発言をブログのいつでしたか、話した記憶があるのですがこれは誤りでした。

変えない学校というのは多く存在するのですが、少数派とは言えないくらい帰る学校も多く存在します。たとえば開成、武蔵などはここ10年顕著なようです。

武蔵に関しては触れたことがありますが開成もそこまでとは知りませんでした。
自分の勉強用に(ぼくは開成志望の生徒は指導したことがないです)数年前、当時からさかのぼって10年分くらい解いたことがありますがここ数年のことは知りませんでした。でも年によってかなり傾向が違うのですね。(ちなみに昨年度はブログで開成の問題を取り上げるつもりでしたがすべて図が必要な問題でしたので断念しました。)

そしてほかに目を引いたのは西高東低という現状でしょうか。
僕は関東の問題に慣れているせいかもしれませんけど、関西の問題のほうが難度がかなり高い印象を受けました。実際合格者平均点も開成と灘を比較した場合かなり違うようです。

あとは全体的に簡単になってきている事への、著者達の(1問ごとに解説担当者が違うのです)受験算数に対しての危機感でしょうか。これを強く感じました。


特に桜蔭に対するコメントはかなり辛口というか落胆の色が隠せないといった感じでした。
僕はやはり桜蔭にかんしてもほとんど無知なのですが、解説担当者の評価からすると「こんな簡単で許されるのか」といった、やや過激な表現でした。つづけてこのままでは桜蔭志望者には算数暗黒時代がやってきてしまうと嘆いてしまうほどした。

たしかに問題を見ればやや拍子抜けという感じがしないでもありません。
ちゃんと誘導尋問形式にしてくれてて、強いて言えば難しいのは大問の中の最後の一題でしょうか。まあ、これもまた取り上げてみようかと思います。


まあ、とにかくですね、近年の受験算数は簡単になりつつあり、これでいいのか!といった感じが伺えました。

たしかに中数の算数は難しいですからね、それが現場の問題とだんだんかけ離れていってしまってもしょうがないですし。

しかしその本ではあえてこれからも「算数オリンピックも視野に入れて」下げる気はないぞ、というような印象を受けました。

僕も今年はブログ二年目です。
去年はランダムに、これはどうかな、と思う問題を難度のやさしいものから高いものまで適当に取り上げてみました。

今年はどうしますかね、中数を読んでいて少し感化されたのでそこで取り上げられている問題を引っ張ってきて実際にぼくも解いてみて解説やら感想やら、そして最近の受験動向についてぼくなりに触れてみようかと、考えてみました。

どうしても難度の高い問題ばかりになってしまいますが、問題の解説だけでなく、個人的な予想も含め、日ごろの勉強の指針となるようなことが書けたら、んまあいいかなと(かなり希望的観測ですが)

ええ、今日は相も変わらずまとまりなく、思いつくままに書いてみましたが、何とか挑戦してみようかと思います。

とりあえず、いきなりですが今日から数日間更新は滞るかと思います。
最近更新頻度が落ちている中、後ろめたさもありますが・・・。
あ、別にどうでもいいですね、すいません。自意識過剰もいい加減にって話でした。

今年もきままに、細々つづくといいかなあなんて思う今日この頃です。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

西高東低に関しては実際どこまでのものなのか、
肌で感じたわけではないので分かりませんがどうやらそのようです・・・。

ゆとり教育の影響というのが少なからずあるのかもしれません。

もしくは受験者数が増えて母体が大きくなったため、
全体的に下がってきた印象があるのかもしれません。
あ、でもそれだと最難関のレベルが下がる理由にはなりませんね(汗)

そうです、確か東京出版のやつです☆
なかなか荒れ一冊をじゅうぶんに活用するには骨がいりま(涙)

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。