スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学生 その2


中学受験といえば親の受験、僕もブログで何度も使用してきた言葉です。
小学6年生の場合、大抵の場合は講習代などを含めて百数十万が必要なわけです。
つまり難関校への挑戦と合格は、華人家庭の経済力や情報力を高めている証拠だと書いてあります。確かにそういう視点では考えたことがありませんが、そういうことになりますね。具体的にどういう家庭が存在するのか、いくつかの親子が紹介されていました。

まず一人目、強烈です。
上海出身の41歳のお父さん。
開成の合格掲示板を見ての感想が「受かったことに驚きは全くない、今日はただ確認しに来た感じです」。
ただの通過点に過ぎないってやつですね、僕もそんな言葉言ってみたいです。
ここまで、幼稚園児の時には連立方程式を解き、小学生になると「中学の教師用」の教科書で勉強したとか。先取りもほんの少しなら大差ないなんていいましたが、これは先取りっていうか、なんていうか次元が違いすぎです。
お父さん自身も京都大学大学院出身で会社でも課長だそうです。41歳で課長というと、やはり出世街道まっしぐらという感じでしょうか。自分の息子に対しても日本で生きていく可能性が高い、と思うから「少しでもいい環境を、多くの選択肢を作ってやりたい」のだそうです。 
細かいことですが、「可能性が高い」や「いい環境と選択肢」の言葉は(どこまで本人の言葉を忠実にして載せているのか定かではありませんが)どことなく思慮深さと、意志の強さを感じさせます。

二人目の、これはお母さんですか。夫を日本に残して実家の上海に帰り地元のインターナショナルスクールに4年間通わせたそうです。
きっかけは、でてきました、「ゆとり教育」ですか。区立の小学校の教科書の薄さと内容に愕然としたそうです。僕も初めて5,6年前に教科書を見たときは程度はどうあれ同じような感想だったと思います。「絵本か?」と思ったくらいです。
米国の大学を視野に入れて、幼稚園児のときから英語のテープを聞かせて、日本の私立小に比べて学費が安く、英語も中国語も学べる上海でと考えたそうです。
本人もやりすぎだなと、感じているみたいですね。
お母さん自身は小学生の頃に、ストップウォッチを手にした算数の先生が児童を一人ずつ立たせて20問のドリルをやらせていたそうです。時間にできないと廊下に立たされたそうで。
その頃の記憶に今もうなされるというのだから、相当のトラウマなんでしょうね。
そして現在の考えは「中国の教育がいいとは思わないけど、就職も結婚も競争。競争のない人生はない」。

こちら二つのご家庭は迷いや戸惑いを持ちつつも熟慮した上で自分たちの信念を貫く、というところでしょうか。

こういう親の選択や行動を安易に「親のエゴで」と言い切れない部分はあると思います。
なぜなら親の気分だけで幼稚園児に連立方程式を溶かせるレベルまで持っていけないし、夫を日本において小学校のために上海になんて普通帰れないですよ。紙面で書かれている以上にもっともっと壮絶だと思うのです。
大言壮語になるほとんどの場合は、口だけの場合ですね。そうしてそういう人間に限ってこのような親子をえらそうに上から目線で文句をいいそうな気がしますが。
まあ、いまはそういう話はいいですね。

正しいか正しくないかは置いといて、相当の信念と行動力がないと難しいと思います。
それによってどういう報いを受けるかは子供が大きくならないと分からないし、正しいか否かも同様です。

ただいまひとついえることは、並外れた精神力を持っていないと為すことの出来ない芸当だと思います。その点においては評価できる点なのかなと、思います。

一方で迷いながら、戸惑いながら試行錯誤をする親もいますね。今度はそちらも紹介してみたいと思います。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。