スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験との付き合い方

先日新聞に載ってましたが、首都圏の小学6年生30万人のうち
5万人以上が中学受験をするそうです。

6人に1人というとクラスに30人いるとしたら大体5人はすると言った感じでしょうか。
まあ、地区によってかなり差はあるようですが。

1月は学校では学級崩壊が常識になりつつあるというのですから何とも皮肉な話です。

しかし一番の原因はおおざっぱに言うと
公立の教育方針への不信感から受験希望の親が増えているようです。

私立へ行くとなると教育費はばかにならないです
個人的な意見を言えばもっと公立の教育の質が上がってくるといいのですが。

いまは中高一貫の公立も生まれてきてあと10年もしたら
中学受験の勢力図(とでもいいましょうか)が変わってくるかもしれませんね。

ただ現実問題いまは私立の方が良い学校が多いの現状だと思います。
そうなるとさあ、受験勉強!ということになるんですが
ここにかかってくる保護者の方の負担は半端じゃありません。

経済的のみならず肉体的にも精神的にもかなりしんどい・・・。
中学受験の合否の50パーセントは親に在る、と思います。
大げさではなくその覚悟は保護者に持ってほしいな、というのが僕の本音です。

なかには「えっ?その負担を引き受けるのが塾であり、家庭教師でしょ?
何いってんの?怒」

と、思われる方もいると思いますがそれは正確に言うと半分正しい、と思います。

では違う半分はなにか、ここが重要です。
具体的には・・・長くなりそうだ。
どこから話そうか・・・う~ん、すいません、また明日。
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。