スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験するかしないか

僕より一回り年上の人と中学受験について話す機会がありました。

普段僕はそれくらいの年代の親と接しているのですですこし変な言い方になりましたが。

というのは話した相手というのは、やはり子供がいるのですが中学受験に関してはほとんど知識もなく子供にも受験をさせようという気がない人なのです。
ただまあ、知らないけれども周りには少なからずいるし、中学受験というのはどういうものなのか参考程度に聞いてみたいという感じでした。

住んで入る周りにはいわゆる受験を考えている人であれば聞いたことあるであろう名前の学校がいくつかあるわけです。そして子供の周りにもサピに通う子がいるよ、なんてことをいうわけですね。

僕は家庭教師のみで仕事していますが大半は進学塾に通って受験をすることを考えると、まだまだ家庭教師に進学塾の両方という人口は過半数を超えることはないんじゃないでしょうか。
いや、どうだろユリウスやプリバードにトーマス、東京個別、栄光ゼミの個別・・・・そこまで幅を広げたらもうかなりの割合でいるかもしれませんが。

ともあれ、家庭教師+塾となると子供にとって物理的には贅沢な環境といえるのかもしれません。

ですので家庭教師ってどういうものなの?という説明をすると余計に中学受験って言うのはとかくコストがかかるものだという印象を与えてしまうかもしれません。

んまあ、それに1時間どれくらい?と聞かれたときにトライのようなところ(学生料金)を例に挙げるか名門会のようなところを例に挙げるべきか迷ってしまうのですが、一応プロという名目だったらこれくらいというのを提示してみました。

案の定かなり驚いていました。

一通り話をしたあとの結論は「やっぱり家は中学受験はいいかな、高校受験であわよくば国公立を目指して欲しい」とのこと。


少し話が飛びますが。

今年度の東大合格者は開成激減だそうですね、日比谷が激減したときと同じ人数だそうです。その後の日比谷の凋落(この言い方が適切かどうか難しいところですが)を案じさせる数字なのか?なんてあおるような記事が書かれていました。
確かに他の私立は例年よりも総じて少なかったようです。

かといって東京都内の都立が躍進したわけでもなく地方の名門校で伸びたようです。医学部思考から東大へシフトしているんだとか。それはどういうことなんでしょうかね。

脱サラして医学部に入った友人が医学部というのはどこの大学だろうと東大の一般的な学部とは同等かそれ以上に大変で難しいといっていましたが(詳しい人はいますでしょうか)、要はあれなんですかね。大変なわりに割に合わないから東大目指す人が増えたって事なんでしょうか?

まあそこら辺の分析は専門家に任せるとして僕が気になったのは都内の都立の躍進がなかったという記事の一文でした。

ここ2、3年中高一貫の都立はすごい勢いで増えてきますがそれに水を差すような結果になっているのかもしれません。
まだ高校卒業の実績がないか、あまりに少ないので合格実績が芳しくないから、というより口コミでの評判なのだと思います。あまり良くないのかもしれません。もしくは難関私立と比較した場合に私立のほうが高いけどやはりそちらのほうが任せられるといった感じなのでしょうか。

ぼくは多分、そんなに中学受験を勧めているほうではないと思っているのですが、都立が躍進してこないことには、高校受験だったり中高一貫の都立のほうが何が何でもいいともいえないですね。
どの道ぼくは中学受験しか指導できませんから、全くなくなられても困るッちゃあ困るんですが。

最初の話ですが、結局そのお母さんが「中学受験はしない」といった結論は本人がそう思うならそれが一番なんじゃないかなと思うんですね。するかしないかどちらがいいのかは中学受験、高校受験、大学受験で比較するのではなく、本人たちが選択した道が一番だと思います。自分たちがどうしたいかで方向定まればいいですね。


一応僕は中学受験指導をしているので中学受験をしたほうがいいな、と思う事例も過去に見てきたのも事実です。
そのことについても書いてみようと思います。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 首都圏私立中高一貫校と地方公立校

僕が見た雑誌では東大信仰が薄れているもっとも顕著な学校が桐蔭学園だと書いてありました。
あとは東大の問題傾向がやさしくなったため都内の難関校は、地方の名門校との差をつけられなくなったとか。

結局わかっていることは、都内私立の合格者が減ったという事実だけなんでしょうか。

4年間の金額的なことと言えば以前ブログでも取り上げてみました。(ごめんなさい、いつの記事だか思いませませんが)

ただ、都内での中高一貫は倍率は高いのですが開校当初に比べ、偏差値が伸びてこないということは(難関私立>中高一貫)という考えの人はまだまだかなりいるのかなという気もします。

地方の名門校といってもそれぞれカラーがあるとは思いますが、昨今開校している都内の中高一貫もそういうところから学ばなければいけないことがたくさんあるのかもしれません。

データ

>4,5年前に鳴り物入りで募集を始め都立の名門高校の中学受験での偏差値は上がるどころか下がる一方です。


根拠のまったくないデータでは?
http://blogs.yahoo.co.jp/akibako2007/36431081.html

小石川をはじめ、偏差値は同じか上昇傾向です。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。