スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サピックスの今と数年前



はい、そのまんまなタイトルでございます。

サピックスに通塾させようと考えている方は年々増えていると思います。
この記事も少しは参考になればと思います。

まず始めに合格実績の変化について載せてみます。

          2005年度     2009年度
生徒数      約2700      約4300
開成        133        185
桜蔭        90         130
麻布        110        154
駒東        86         121
栄光        101        148
武蔵        37         35
筑駒        62         64
女子学院     64         162(85)
雙葉        24         54
フェリス       31         52

こうやって見るとかなり人数が増えた学校もあるのでやはりたいしたものだなと感じます。
一方で全く増えていない学校もありますね。武蔵、筑駒です。女子学院はサンデーショックもあるのでカッコ内に2008年度を載せました。

2005年といってもサピは三大大手進学塾(日能研、四谷大塚)の一つとなりつつあったので認知度は受験生の中ではスタンダード化していたように思えます。ここ1,2年はもっと大衆化していますけど。

2005年度を載せた理由のひとつとしてこの頃くらいからほぼ毎年同じペースで増え続け4300人まで至ったというのがあります。だから大体400人ずつ位なんですよね、増え方が。
僕の記憶ではそうなのですが、おそらくさらに2,3年くらい前から同じペースで増えていたかもしれません。

そして面白いことに今年の新6年生の人数はテストを見る限り大体4700人くらいです。
営業部門ではこの400人という数字をひとつの戦略としているのかもしれませんね。いろいろ考えた挙句出来る限り増やしつつ、質を落とさない人数が400人なのかもしれません。それにあわせて校舎も増やしているのかもしれません。かなり勝手な推測ですが。

確かに上に上げた学校の合格人数は2005年で738人、女子学院は2009年度ので足して2009年は1105人(今足したのですが間違ってるかも)。総人数としては約1.6倍増えて、合格者人数は約1.5倍。肥大化してもそこまで進学率に変化はないかもしれません。

ただ、変化がないということは数年前に比べて辛酸をなめているであろう人が1.5倍増えたということも想像されます。おそらくそうだと思います。

しかも、これは単純にサピに通って学力の低い子供が増えただけでなく数年前じゃ考えられないような学力の子供が存在している、というのは肌で感じます。(以前もこのことは何度か触れましたが、最近は読んでくださる方も変わってきているようなので重複します。昔からの読者様にはくどいようで申し訳ないです。)

さてもうひとつ偏差値についても触れてみようかなと思います。
残念ながら僕は今手元にあるのが2004年度用の偏差値表です。今とそこまで大きな変化はもうないのですが、それでもそれなりに変化はあるのでまことに勝手ながらこれも比較させてもらおうかなと思います。サピックスはなぜエリート塾と呼ばれていたのか、今はピンと来ない方も増えてきたと思いますが、これを見れば「ああ、なんとなくえっらい塾なんだな」と感じてもらえるかもしれません。


どこの塾に通わせようか検討中の人はこういった変化も踏まえて、考えてもらえるといいんじゃないかなと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。