スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立の中高一貫校 2009

年々注目を浴びている(様な気がする)公立中高一貫校について最近見かけた記事に関して載せてみたいと思います。
(来年以降も話題になると思うので2009としておきました。このブログが続いていたらの話ですが。)

まず冒頭を読んでいて・・・このように書かれています。

~本来は一部の私立のような大学進学シフトではなく、カリキュラムにゆとりを持たせるために作られたのだが、有名大学への合格者を伸ばす学校も出ている。人気校ともなると競争倍率が10倍以上に跳ね上がり、塾の入試対策が熱を帯びる。~


そうだったんですね。僕はてっきり6ヵ年で私立に負けないカリキュラムで公立の進学率、進学レベルを上げるために設立されているものとばかり思っていました。
そういえば中高一貫校の理念は「ゆとりと個性」でした。もうすっかり忘れていました。

「ゆとりと個性」というのは「カリキュラムにゆとりを持たせるため」ということみたいです。
しかしながら具体的に「ゆとりを持たせる」とはどういうことなのかちょっと自分には分かりませんでした、中学、高校と分けてしまうと学力定着などが難しいという意味なのかなと。
どうも普段は受験指導をしているためか少しばかり違う側面からの見方となると疎いです。
あ、もう少し記事を読むと書いてありますね。

とりあえず話を進めます。

具体的に取り上げられている学校は滋賀県立守山学校、岡山県立岡山操山学校です。

守山学校は、京都大の合格実績が過去五年間で浪人経験者の2人だけだったのが今年は現役で3人合格。滋賀医科大医学科にも、前年0人で今年は3人。いずれも中学から入学した生徒。

岡山操山は「中高一貫一期生」が卒業した昨春、東大に4人合格。今年も4人で国立大学には31人現役合格だそうです。それまでは過去5年間で東大に1人だったそうです。

守山学校では「人間探求学」と名づけた総合的な学習中興通じて進めているそうです。
あ、ゆとりとはこういうことね、書いてありますので載せます。

「高校入試がないのでじっくりと基礎学力が固められる。「人間探求学」について考え、受験の動機付けがしっかり出来た」

私立にしろ公立にしろ、かなり重要な要素なのがこの動機付けだと思います。これがどれだけしっかりしているか否かで学力は決まるようなものだと思います。この二つの関係は本当に密接だと思います。
子供たちを見ていてもですね、たとえば親は「うちの子は受験に対してとても前向きでやる気もあってうんぬん・・・」といっていてもどうも子供はそこまでじゃないな、というのもいれば「うちの子はいつまでもやる気が出なくて」というわりに子供にはかなり向上心や積極性が芽生えている場合もあります。
親の欲目じゃないですが、親子だと、そういう部分も意外に見えにくいときというのはあるかもしれませんね。

あ、話を戻します。

僕は両校のことは全く知りません、まずは全国から典型的な成功例を挙げたのだと思います。そのあとに10ん年度末に閉校になる学校もある、と書かれているように成功した事例だけではないのですね。これは去年こういった記事でも書きました。香川県で倍率が他と比較してかなり低い学校がありました。


結局のところ「カリキュラムにゆとりを持たせる」といっても高い進学率を上げるためにはバリバリ勉強する時期というのは避けて通れないわけでして、上に上げた学校側の話のように「高校入試がないぶん、じっくり基礎固めできる」という意味でのゆとりになると思います。

もし「個性とゆとり」ということに一番の重点を置いたら香川県で閉口になった学校のようにうまく行かなくなるのだと思います。


結局、関東都心でも千葉、浦和、小石川以外は、印象としてそれほどぱっとしないというのが現状です。倍率に関してもあと5年もしたら同じ中高一貫でもかなりの差が出るかもしれません。

いや、そもそもひとくくりにしようとする発想がまずいのかもしれません。
そういう視点でしか見ることが出来ないから前のように匿名で根拠のないデータだと突っ込まれてしまうんですね(汗)

そうそう、今もですね印象とか言うからいけない(笑)
ですのでデータで確認してもらったほうが誤解がないでしょう。
次は最新のサピでの偏差値を載せておきます。目安として同じ偏差値の私立も載せてみます。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。