スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍耐

がまんするというのは時としてとても忍耐が要ると思います。
僕も気長に物事を考えることが下手な人間なので
何かにとらわれたりすると同じことをずっと考えていたり、1日がとても長く感じられたり、かといって内容そのものは希薄でまるで充実感のないものだったりすることが多いわけです。

子供の成績というのは親にとって本人にとって代わることができないという点においては間接的にしか干渉できません。

なので親が想像しているよりも成績が落ちてきたりなかなか伸び悩んだりすると親自身のことでない分、余計な気苦労やストレスというのがたまりやすいと思います。

とてもよくあるケースだとは思います。
そしてまたなかなか解消しにくい悩みなのかもしれません。


家庭教師の場合で出くわしやすい例を挙げてみます。
初対面の時に「じゃあ、こういう方向でやっていきましょう」とこちらの方針を伝えなおかつ家族側もそれを理解して指導を何回か進めたとします。

2,3回進めていくと特に大きなテストがあったわけでもなくても
「このまま進めて言っても大丈夫でしょうか?」と不安を感じたり、またそれを相談してくる人もいます。


そういう時はいくつかケースが考えられますね。

家庭教師の方針がどうも信用できない。
本人の勉強に対する姿勢、様子に目立った変化が見られない。
小テストでの変化がない。授業の理解度に対して向上しているようには見えない。
よくわかんないけど、やっぱり不安。

他にも考えればいくつかあるかもしれませんね。
上にあげたのは僕が勝手に考えている「考えられるケース」であって定義もへったくれもありません。いつものように主観の域は超えないわけなんですが。

まあ、それでもですね、僕なりに知恵を絞ってどういう状況かを考えたりするわけです。


家庭教師を信用できない場合は話が早いですね、さくっとクビにすればいいだけの話です。できれば1回目の指導で、もしくは3か月くらいやってからというのが賢明な判断だと思います。

これが3,4回目だったり一ヶ月ちょっととかだと・・・正直家庭の方針が見えてこないな、と感じることもあります。

家庭教師を辞めるケースという話は大分前にしました。
(去年の6月ごろに記事を書きました)

クビにすんのはうちの勝手だろうよと言われればまったくもってその通りなのでもはやなにも言えないですけどね、はい。

あくまで僕からみて視点で「こうしたほうが効率がいいのに」とか「そっちの方がもったいなくないだろうな」と感じるだけです。
僕が経験した中で感じるだけなのでもっと統計データが多ければ変わってくるかもしれません。

ほかの三つに関しては別に家庭教師をクビにするわけではないというのであれば家庭内で解消する方法はあると思います。

その点についてもう少し考えを書いてみようかなと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

そうですね、まずはこちら側が話を聞く準備をしなくては始まらないですね。
相手が何を望んでいるのかを話せる準備作りというのはこちらの力量にかかわるのかもしれません。

確かにいろいろな情報が錯綜しているので判断するのも難しいと思います。
正しい情報なのか否かに関しては一般人よりは判断力があると思うので積極的にお話ししていけたらなと思います。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。