スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画

忍耐という話をしていて、いまいち具体的な話ができなかったのですがそこから思いだしたことがあります。

計画性というものです。
「このままでいいのだろうか」と勉強方法だったり、塾に通うことに迷いが生じるケースでは、計画そのものがあいまいだったり、計画が立たない、数か月先に向けての青写真がなかなか描けない、そんな場合が多いんじゃないかなと思います。

日々の計算演習が大事とは分かっていてもそれが継続できなかったり数日間ため込んでまとめてやったり、もしくは1,2日は「まあ、まとめてやれば」とおもっていたのにいざ2日間分くらいたまるとそれがおっくうで気づいたら1週間くらいやらなくなり、もうとてもやる気になれずそのまま放置なんてこともあるかもしれませんね。

日々演習するものはたまってたものをまとめてやってもそれほど効果がないので、どこかで区切りをつけて仕切り直したほうがいいと思います。じゃないといつまでたっても「日々の演習」というものが始まりません。

実際、毎日やらなければいけないテキストを365日欠かさず毎日健康を損なわず皆勤で続けている人はほんとにわずかなんじゃないでしょうか。
それだけ継続は大変でありその分、力もつくものだと思います。

前回の話で家庭教師のようなものをどう利用すればいいかわからない、受験勉強を具体的にどのように進めていけばいいかわからない、そんな時は塾の先生や僕らのような人に聞いてもらえたら具体的にどうすればいいのか道筋を提示します、ということを話しました。

当然計画だって立てることもあります。

もちろんこれは十人十色でして、かなり具体的に一週間の計画を日割りで「このようにすすめてほしい」という場合もあれば、かなりアバウトなケースもあり、ほとんど何も指示を出さない場合もあります。


どちらにせよ重要なのがその方針がぶれていないかどうかだと思います。

勉強や成績に漠然と不安を抱えているケースではいざ考えてみると、何を目標に勉強しているのか、計画を立ててその通りに進めているのか、みているとそういうことがあいまいな場合が多いように思います。

指導に行った際に
「これからこういう風に進めていきましょう」

と計画を立てて再び一週間たって伺った際に

「やっぱりこれやろうと思います」とか
「どうしてもこれが不安なのでこれをやりました」
「ちゃんと言われたことやっているかと思ったら今日になってほとんど何もしていないことがわかって」

なんてなってしまうとまずいわけですね。

計画通りにいかないばかりか、ひどい場合は計画を立てたことすら忘れかけている場合もあります(汗)。また親子で喧嘩ばかりしていると計画通りというのは余計な手間がかかります。

と、なるといわれたことを忘れないで実行しようとしてみたり、まめに子供の様子をチェックしていれば改善できるものだったり、実は難しいことではなかったりするわけです。面倒で手間はかかるかもしれません。
だから「必勝法」「極秘の~~」とかっていうのは奇をてらった近道だと思ってしまうと結局いきてこないと思います。
あくまで地道な継続が大切だとおもいます。そういう持続ができるだけでかなりしっかりした素養が身につくと思います。

まずは誰でも知っているような王道をしっかり実行できるかということだと思います。
ですから計画を立てて「よしそれでいこう」と思ったらやりきることが大事だと思います。

市販のテキストのどれがいいのか、と質問をされることがあるのですが明らかに差があるものもありますが、おおむねどれも一長一短です。たいていのテキストは使いようによって良くも悪くもなると思います。

大体テキストに「どれくらいの人向け」というのが書いてあると思うのでそれに従えばいいと思います。変に難しすぎたりやさしすぎたりするものを選ばなければいいと思います。
わからない場合は、これも塾の先生なりに聞いてみればいいと思います。
「これじゃなきゃだめだ、あれば絶対にいかん」とかやたらと言い切る人は・・・これもあんまり信用しないほうがいいと思いますよ100パーセントの話じゃないですけど。

最もいいテキストが選ぶことができたらそれでかまわないのですが、あまりそれにこだわらずまずは「やりきる」事を目標にして実行していくことがいいんじゃないかと思います。
大体何か一冊やりきれば、どれがいいテキストなのか判断力も身に付いてきます。


計画を立てたら必ず実行する、途中で迷いが生じてもよほどのことがなければとりあえず実行する。

以前本を読んでなるほどと思った言葉があります。

何か決めるまで大いに悩んだものほど決めたあとは揺らがない。
何か決めるのに早く決断した場合だと決めた後にもすぐほかに飛びついたり計画を変更しやすい。

「成功するための条件」ということの行動パターンのひとつとして統計を取った場合、決断力ということに関してこのような結果が出たそうです。
その信ぴょう性まではわかりませんが。

それも忍耐につながりますかね、そういうことも重要なことだと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。