スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回サピックスオープン 2009 2番

次はサピックスオープンテスト第二回の2番です

問題

あるお店で、コーヒー豆を大・中・小3種類の缶に入れて売っています。
大は250グラム入り、中は100グラム入り、小は75グラム入りです。
それぞれ一缶の定価は、コーヒー豆1キログラム当たりの価格をもとにして、中に入っているコーヒー豆の値段を比例計算し、10円未満を切り上げ、それに缶の値段を加えたものになっています。コーヒー豆1キログラム当たりの価格は10円単位で付けられています。また、缶の値段は大が1缶130円、中が1缶110円、小が1缶90円です。
例えばあるコーヒー豆1キログラム当たりの価格が3900円の場合、
大1缶の値段は、
3900×0.25=975 980+130=1110より、1110円です。
中1缶の値段は
3900×0.1=390 390+110=500より、500円です。
小1缶の値段は
3900×0.075=292.5 300+90=390より、390円です。

次の問いに答えなさい。

(1) コーヒー豆Aの1キログラム当たりの価格は4800円です。コーヒー豆Aの大・中・小の値段はそれぞれ1缶の定価はいくらですか。
(2) コーヒー豆Bの1キログラム当たりの価格は5680円です。コーヒー豆Aの大・中・小の値段はそれぞれ1缶の定価はいくらですか。
(3) コーヒー豆Cの小1缶の定価は690円です。コーヒー豆Cの大中のそれぞれ1缶の定価はいくらですか。考えられるものすべてそれぞれすべて答えなさい。
(4) コーヒー豆Dの中1缶と小2缶の合計金額は3520円です。
コーヒー豆Dの大1缶の定価はいくらですか。考えられるものをすべて答えなさい。

以上


身近なものを利用した算数の問題です。
近年このような日常生活に絡めた問題は増えてきているように思います。どちらかといえばこのような問題は女子校のほうが出題頻度が高いように思います。また公立中高一貫校にも出題されるかもしれません。(3)、(4)レベルとなると私立では上位校らしい問題となっています、はたして公立校ではどうでしょう、見当がつきませんが。

実はこれに似たような問題をブログに載せようと2題ほどストックがあったのですが結局暇がなかったので出題していませんでした。
「よく読む」これに尽きると思います。公立校に出題されそうだといった理由は受験算数の特殊算の解法を知らなくても解けるからです。四則演算さえできれば文章を読解して地道に丁寧に解くだけなんですね。答えが一つに定まらないとそれだけでギブアップする子も出てきますが、まあとにかく粘り強くよく読んで理解するしかないです。


この問題も解くのであれば15分から20分くらいが目安でしょうか。
「例えば」のところの計算方法を読んでも「?」の人は・・・・とりあえずとばすのがいいかと。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。