スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンブリア宮殿

先日カンブリア宮殿という番組で家庭教師が出演していました。

番組の内容は、今をときめく経済界のパイオニアがどんなもんなのかと紹介するような番組です。いや・・・だいぶ違うような気がしますが興味のある方は次回から見てみてください。

僕は初回の番宣で面白そうだなと思い、何度か見ることがあります。
大学を卒業してから経営学や経済学といった言葉に関して学生時代の時よりも関心を持つようになりました。

とはいえ普段の生活環境からすればビジネスというのはいささか疎遠な関係にありますが。


今回は帰宅して途中から番組を見ました。

新聞の見出しからして何かカリスマといわれるような家庭教師が出演するのかと思ったのですが、あれじゃないですか、トライじゃないですか。


あ、CMで落書きされている人だ、とすぐにピンときましたが、本人としてはそう覚えられただけで作戦大成功かもしれません。

彼自身も家庭教師を経てトライの役員クラスとなっているのですね。
あ、あとよく新聞の広告に載っている人も二人出演していましたね。

僕は最初家庭教師センターにいくつか登録しましたがトライはしたことはないです、そういえば。当時香取信吾がCMをしていた気がします。

CMにはいくつかパターンがあったのですがそれを見ながら
「いや、それはないでしょ」とか思わず突っ込み入れたくなるシーンばかりでややあざけりを込めてみていましたが・・・現実は小説よりも何とやらで、僕自身もなかなか笑えない経験はしてきました。

ああ、あのCMもなかなかどうしてなんですねと思ったような記憶があります。

しかしこの不景気、コストのかかる個別指導というのは意外に盛んなようです。
副業として家庭教師に登録している人も増えたらしいです。
家庭教師も医師とかもいるなんて聞くとびっくりですね。

僕自身も流れるままに気づけばこれが生業になっている状態ですので、どんな立場の家庭教師がいても全くおかしくないだろうと思います。

ただこれは想像ですが家庭教師はかなり供給過多になっているのではと想像しています。
またそれくらいじゃないと家庭のニーズに十分にこたえる環境を整えるのは難しいとも思います。

だから場合によっては家庭教師だけで食べていこうというのはなかなか難しいのかもしれないし、頼む家庭側でも「家庭教師専門」というのはピンとこない人も多いと思います。
実際はだいたいの人が他をメインとしている人が多いだろうから、それを生業にと考える人自体が少ないんじゃないかなと思います。

4大でて「ええ、家庭教師が仕事なんて大丈夫?」と思う人もいるでしょうし露骨にそういう態度で接してくる人だっているわけです。

ただ、僕は正直この環境はとても恵まれているというか、感謝しなくてはいけないなと、最近思います。何せ不景気ですが、あんまりそれがピンとこないまま何時もと変わらぬ日々を過ごすことができているからです。逆にいえば、僕はボーナスも有給も保険もへったくれもあったもんじゃないんです。そもソが底辺と言えないこともないです。

自分のライフスタイルとこの職業はかなりマッチしているという点も僕には大きいです。
これは似ているようで学校の先生や、塾講師じゃだめなんですよね、家庭教師がいいんです、僕においては。

ですからおそらく色々な価値判断で家庭教師をしている人がたくさんいるんだろうなあと想像しています。(想像といったのは家庭教師は横のつながりがとても薄いので実は本人が他人と比較するのがとても難しいわけです。)

だからほかの先生の引き継ぎや、同時進行でほかの科目の先生と指導している場合でもまず相手の素性などわかりません。

とまあ、なんとも職業と呼ぶには不思議な「家庭教師」というものです。


番組を見ていていろいろ感じたり考えたこともあるので、うろ覚えですが思い出しつつもう少しこの話題に触れてみようかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この業界にスポットがあたるのは珍しいので私も気になっていましたが、家にテレビがなくて見られませんでした。さらなるコメントを楽しみにしています。

ご指摘の通り、家庭教師が供給過剰になっていくのは間違いないでしょうね。私もこの仕事が気に入っているので、できるだけ長く続けたいのですが、将来のことを考えると10年20年と続けられるとはとても・・・。今のうちに打てる手は打っていくつもりです。

Re: No title

>dydx123さま

新聞の見出しには1000万が何とやらと書いてあったのですがそれは冒頭にふれたのでしょうか。
僕は年収についての話は見ませんでした。
出演者による自分の家庭教師時代、公立の学校との提携に関してが記憶に残っています。

将来のことはまるでわかりませんね、たとえば公立中高一貫が台頭してくればかなり変わるんじゃないかと想像しています。

打てる手ですか、何か焦ってしまいますが(汗)
ぼくもいろいろ考えていきたいと思います。

Re: こんばんは

おひさしぶりです、
大変興味深いかつ重要なお話ですね。
「のがけ」ではぼくの記事では誤解を招く可能性もあるのでもう一度質問に答える形で記事に書いてお答えしたいと思います。 
世間では意外に浸透しているようで驚きました。

確かに割合の意味を説明するのはとても難しいですね、多くの子供が体感的に身につけていくものなので。5年生の時点では半分近くの子供はちゃんと理解していると言えないと思います。
それだけ奥が深く、いろいろな単元につながっていますから割合だけは本当にちゃんと理解しないとまずいですね。

眉毛は・・・少し戻ったような戻らないような。
9日に病院に行ったのですが、また来週行くことになりました。
そこである程度区切りがつくと思います。
(今状態はいい方向に行っていますがまだどうなるのかわからないので)


プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。