スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部進学率 その2

前回は単純に内部進学率だけを取り上げましたが、興味深い数字が出ている学校の内訳を見てみたいと思います。

           国公立    東大    医学部医学科     卒業生

青山学院      6       0       11          444   
学習院       8       2       10          194
学習院女子    7       0        9          199
共立女子      18      0       3           349
慶応女子      1       0       10          177
国学院久我山   60      2       2           479
白百合学園     53     10      17           173
成蹊         14      3       7           320
聖心女子学院   5       1       4           124
創価         18      1       3           356
帝京大        26      1       2           118
東京女学館     12      0       6           222
東洋英和女学院  10      0       6           181
日本大第二     16      0       4           421
明治大付属中野  6       0       4           408
立教池袋       1      0        4          117
立教女学院     7       1       4           173
早稲田        48      10      18          314
早稲田実業      1      1       2           388
早稲田大高等学院 0       0       0           595


駒場東邦      67       17     30           235
桐朋         78       13     19           319



今回は少し細くを付け加えておきます。

本当は早・慶・青・中・法・明・立大の合格人数も載っていたのですが、その名のつく付属高校があるので合格人数は載せませんでした。アドバンテージのきかない、国公立、東大、あとは東大よりも原則大変だということで医学部を載せました。

また取り上げた学校についてです。
まず医学部に合格した人数が4人以上の学校は載せました。
また早稲田に関しては早実、早大学院、早稲田でどれだけ違うかということを示したかったので3校載せました。
駒東、桐朋に関しては付属とは言えバリバリの進学校です、これもほかの付属校とどれくらい違うのかということで参考程度にのせておきました。

あとは総合的に見て国公立、東大、医学部の合計人数が多いと感じた学校や、卒業生に比べて合格率が高いなと感じた学校を載せてみました(正確な計算ではなく概算なので誤差もあるかとおもいます。)

この中で付属校としての得点がない学校は白百合だけです。
あとの学校は①在学中に一定の成績を修めていたり進学資格が与えられる、②大学の受け入れ人数の枠内で進学できる、③内部試験、付属校のみの統一試験実施というところがほとんどです。

卒業できれば進学できるのは
慶応、帝京、早稲田大高等学院でした。


さて、何で中学受験を主に指導する僕がこんな情報を載せたのかいい加減本題に入りたいと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 医学部

語弊がある言い方をしましたね。
当然、学部によって合格する大変さは違うと思います。
ぼく自身経験しているわけではないので受け売りです。

周りの友人は何十人か医学部に進学しましたがその道筋は人それぞれかなり違うものでした。
(ほとんどが他大学ですが浪人年数、仮面浪人、卒業後にまた医学部に進学など、しかも進んだ大学もほとんど別々でした。)
おそらく転入という形が一番医学部に進みやすいのかなと推測しています。

東大に関して言えば、進学した人から言わせれば、例えば理1、理2、理3でもかなり次元が違うそうです。(そんなことはないという人もいるかと思います。)

東大のどの学部かによるのだと思います。言葉が足りませんでしたね。
医学部に合格するためには、東大の学部によっては、医学部のほうが大変な場合もある、という意味合いで書いてみました。

また医学部に進学したいという人は、東大を(医学部ではなく)進学したいというのと動機が違う場合が多いと思うのでそもそも比較はできないですよね。その点も軽率でした。

同じように医学部に進んでも「すんなり」と見えた人もいれば「長い道のりを経て」という人もいましたが、結論から言えばみんな色々な面において大変な努力と苦労をしたのだろうと思います。

知っている範囲での発言だったので、僕ももっと色々な人の意見を聞いてみようかと思います。

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。