スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私大経営


前回は中国の悪質な事件について取り上げました。今回もあまり景気のいい話ではありません。これだけ不景気であれば想像もつくかと思いますが、私立も経営が相当大変なようです。

主要私立大の08年度決算というのが新聞に載っていました。

僕は経済に関しては素人なのでいまいち、というかさっぱり表の見方や比較の仕方、着眼点というのがわかりませんが、「有価証券などの含み損」というのが載っていました。

おそらく株を買った時と今の価格を比較して、得か損かということで、もし今のほうが株価が低ければ「含み損」になるということなんでしょうか。よく株で失敗したなんて言うのはこういうことを言うんでしょうか。それくらいしか理解できていませんけど、思ったことを綴ってみようかと。


載っている学校は、順に(早稲田、慶応、上智、明治、青学、立教、中央、法政、駒沢、関西、関西学院、同志社、立命館)です。

おお・・・09年3月のほうはすべての学校が多かれ少なかれ損してます。08年3月のほうは明治、青学、立教、立命館は得しているみたいです(表の見方が間違っていなければ)。


しかし・・・・・慶応はとんでもない額の含み損です・・・・。
何か群を抜いて損しているんですけど大丈夫ですかね・・・・。

僕はですね、母校から中学、高校、大学と毎年まあご丁寧に別々の封筒で寄付金を求められますが、・・・僕は寄付したこと有りません・・・。実は私立っていうのは寄付金の存在がとても大きいらしいのですが、ちょっと日本語が違う気もしますけどまあ僕には縁のない話です。

これは以前から知っていたのですが慶応は再来年に小中一貫校の開設を予定していたのですがそれが延期となったそうです。卒業生からはおそらく反対意見も少なくなかったので安心している人もいるかもしれませんね。

慶応には「慶応幼稚舎」という名前の小学校があるのですが、今度開設予定の学校は「第二の幼稚舎」となる予定だったのでとかく愛校心の強い人間には抵抗感もあったかもしれません。

こういうのは付属の特色だと思います。慶応は以前載せた内部進学率が異常に高いことからもわかるように外から見るとやや閉鎖的にうつる学校でもあります。
実際、僕の中学生の頃の先生で「慶応は10年在籍しないと慶応生とは呼べない」とかとんでもない発言をする人いましたが、んまあ、とにかくそういう人種もいるのは事実です。
もちろんそんなのはごく少数ですよ、断わっておきますけど。


今回の慶応の小中一貫校に関しても週刊誌などをパラパラめくるとなにやらきな臭さもありました・・・。


慶応は早稲田と違い中学の「慶応中等部、慶応普通部、慶応湘南藤沢」高校の「慶応義塾、慶応志木、慶応女子」どれも内部進学率はとても高いです。

そのせいか学校間の教師にも密接なつながりがあるようです。何でそんなことを言うのかというと、僕の中学時代の校長先生が(部長と呼ばれてます)なんと大学の時は英語の教授でした。(汗)


・・・・・いやね・・・・実は僕この人、中学の頃、好きじゃなくて・・・・。
嫌いとはいってませんよ、好きじゃないんです。そういうことにしてください。

なーーんか、一見いい人そうに見えて「ああ、そうでもないんだな」と子供心にある出来事を通して感じてしまったわけです。まあその内容は置いといて。

とにかく、どんな人物か知っていたので大学での授業であたってしまった時は「・・・やばいな・・・」と思った記憶があります。
何も知らない周りの学生は「あの先生やさしいよね」なんてぬるいことを言ってましたが僕は油断したりぼろを出さないよう注意して授業を受けた気がします。結局年度末には痛い目にあった学生もいたようですが。

ああ、すいません、すごいずれてしまいました。
とにかくですね、その教授が中学の校長をやったというのはどうやら出世コースらしいです。慶応内ではそういうのがあるそうで、もちろん多くの先生はそんなことにこだわらず教師をしているのでしょうが。
ですからたいていは大学の学部長とか何らかの役職を経て慶応のトップである「塾長」となるわけです。
そしてたぶん多くの人間がそれを狙っていて、僕の中学時代の校長もその一人だったんでしょう。(仏みたいな顔して・・・とんでもない・・・いやいや、やめときます)

役職でもっと上がいるか知りませんが、外見上学生の立場から見たトップの人間はこの「塾長」でこれは慶応とつく学校のすべてに対しての塾長なんですね。だからトップは部長だったり高校は校長だったり、微妙に名称が違います。

きな臭いといったのは、前回の塾長がかなりのワンマンでこれだけの大きな損害を生みだしたというようなことが週刊誌で書かれていたからです。何か派閥とかあるみたいでして(想像しやすいから困りますね)反勢力がつぶしたとかなんとか・・・。

塾長が経営に大きな影響力があるには違いないようです。
おそらくどこの学校もトップが仕切り、影響力が高いというのは同じなのでしょうが、今年の慶応の損害っぷりはケタ違いです。

大学法人に詳しい人の見方では「地銀でも資産運用に20人から30人の体制ととるのにたいし、私大は数人で、しかも兼務でやるケースがほとんど」だそうです。

なるほど、たとえば慶応も塾長になればとんでもない権力を握ることができるのかもしれません。
握ることのできる権力が普通の企業よりも大きいのかもしれません。

同じような規模の損害では駒沢大でしょうかこれも以前ニュースでみました。実状は知りませんが大変だったらしいです。

早稲田も学校を全国的に建設していますが関東圏外で作った学校は予想外の失敗もあったようです(ニュースで見る関係者の発言から、そうとらえました。)
「もはやブランドだけでは成り立たない」なんてかいてありました。

個人的な意見では慶応も延期でよかったのではないかと思います。それを建設する経済的なメリットはあるのかもしれませんが「意義」が今一見えてこないからです。ははじめはなんとなく見世物のように人が集まっても中身が伴わなければいずれ人は離れていくでしょうから。


実際、経営不振は確実に中高に影響すると思います。
学費にも影響が出るかもしれません。面接で寄付金を暗に強制したりとか・・・。

国からは、全ての私立大学に慎重になるようにと注意が喚起されているようです。

記事の最後にも書いてありましたが、教育関連ですからね、責任も大きいと思います。
数人の上層部が好き勝手やるのは、それぞれの方針、価値観はあるのでいい悪いは言えませんが学校である以上果たさなくてはいけない責任や、一般に公表する透明度はより高い必要があるのかなと。
ですから運用資産に関して細部にわたって明確に情報開示する義務が必要なのかもしれません。そういう時代がやってくるのでしょうか。選ぶ側にとっては重要だと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。