スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞 掲載問題 2009年 7月25日  答えと解説

解説です。

(1)

これはルールが分かっているか確認です。

9→10→5→6→3→4→2→1


ということで七回です。

答え 7回

(2)

これは樹形図のように最後の1から逆に戻っていくというやり方が一般的だと思います。


1→2→4→8→16
1→2→4→8→7
1→2→4→3→6


答え 6,7、16

中学数学では単元に分類されず、n進法などと同様に思考に関する問題として分類されることもあります。 

算数では、規則性、場合の数という感じでしょうか。

(2)で一般的という言葉を使いましたが、この操作の問題はスタンダード化した「ひらめき」の問題だと思います。特に「偶数なら2で割り、奇数なら1加える」という形はよく見かけるパターンです。設問はいろいろなパターンがありますが、今回の問題は易しめだと思います。

市川の問題構成を考えると5分から10分で解けるといいんじゃないでしょうか。

この問題のようにひと昔前は思考の応用題として出題されていたものが、やがて目新しさがなくなってくると中堅校の「どこかで見たことがある、思考ひらめきの問題」というパターンになるのは少なくないと思います。

掲載されていた新聞では、一言載っていますが同じようなことが書かれています。


~操作を繰り返して1にする問題は操作の仕方は様々ですが、近年頻出しています。~


規則性や場合の数では、知識として知っておかなければいけないような問題も出てきています。これはその典型かなと思い取り上げてみました。感のいい子であれば初めて見てもすんなり解ける子はいるでしょうが、大半は(2)のような問題が素早く無駄なく出来るかどうかは、解いたことがあるかないかでずいぶん差がつくのかなと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。