スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問する



質問というのは勉強する上で基本的な動作の一つですね、当たり前です。

基本的な動作の一つということはこの質問という行為はとても重要な行為です。これによって学力の差がつくといっても過言ではないと思います。
勉強というのは才能や遺伝というのはほとんど関係ないと思います。そういうことを心配する人はいますがまったくもって因果関係はないと思います。医学的な障害がない限りは差があるとは到底思えません。

しかしながら学力で差がつくのは現実です。

理由というのはいくつかあるでしょう。たとえばその一つとして勉強量というのは大事ですけど他にもその質というのも大事です。

んなことはわかっているさ、っていう話ですよね。

「質問」ということを取り上げて質について考えてみたいと思います。


前回過去の記事を取り上げてときにも「サピックスはよく出来ている」という話をしました。
ええ今回もサピのプリントを見て「ああ、本当だよな」とおもうことがありました。
一語一句取り上げたいのですが現物がないのでどんなことがかいてあったか、思いだす限りで書いてみます。

過去問のやり方についての注意事項です。

(毎年、自分の理解度を超えた問題を質問に持ってくる子どもがいます。こういうのを質問しても過去問を解いた意味が全くありません。その場で解説を聞いても「理解した気になっている」だけです。)


このような感じでしたが、短い文章ながらとても大事なことが書かれていると思います。

実はこういう類のケースは少なくないです。僕もよくそういう場面に出くわします。
というか、この話が解決できれば成績はまず間違いなく伸びます。この段階をクリアできれば上位層に食い込むことができると思います。その文章の前には「過去問を解いた時に解けそうな問題は確実に解けるようにして全く手も足も出ないような問題は飛ばしておきましょう」というようなことが書かれています。


この判断を子供たちにさせるのは酷な気もしますが、しかしながらこれができなくては家庭教師をつけようが個別指導を受けようが、塾に行っても時間は割くのに成績が伸び悩むという事態に陥りがちです。


6年生の秋にでもなれば何よりも重視されるのが「実戦力だ」と僕は考えています。簡単なことなのです、理解できる問題を確実に得点できるようにするということです。この時期は如何に合格を実現させるためか、内容重視というか得点重視です。あ、カンニングみたいなのは意味ないですけど。

この確実ということがとても大事なんですね。確実ですよ、確実。確実っていうのはとても難しい行為です。僕はいまだにこの確実というものが満足するほど実践できません。しょっちゅう馬鹿なミスをするものです。

ですからもう少し具体的に言えば「確実を限りなく目指す」事が大事だといえると思います。

勉強をする上でですね、この質問力というのをもっと重視していいんじゃないか、もっと重視しなくてはいけないんじゃないかと思います。

できそうな問題を確実にするためにはわかりそうな問題を分かったことにせず、少しでも疑問のあるところを消化して、そして必要とあれば徹底的に反復演習をすることだと思います。(本当に理解してしまえば一回で理解、定着できる問題もありますけど)

こういう部分には早稲アカや日能研に比べてサピのほうが注意しているんじゃないかと思います。反復定着をとても重視する塾ですからね。何で他の塾はここをもっと重視しないのか僕は不思議なくらいです。いや、本当は重視していて僕が見逃してるだけかもしれませんけど。

そういう部分においてはサピというのはかなり体育会系だと思いますね。根性、根性ですから。

実際「問題なんて言うのは一回解けば十分だ、同じ問題を何度もやる必要はない」という考えもあるようですが僕は違う意見です。これもずっと言い続けていることですがいまだにそう思わないです。小学生だからなおのことです。


実はこの質問ということについては過去に同じようなことを何度も書いてきているんですね。テーマは違うかもしれませんが根っこは同じです。


質問のピントがずれているとき、なぜそういうことが起きるのかについても僕なりに感じることを書いてみようかなと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。