スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年のことですが



家庭教師の依頼が多い時期というと2、3月ごろと夏休み前と秋頃ですね。
学年の替わる時期や節目となる時期は何か新しい手だてをと考える人が多いんじゃないかと想像しています。

前も書いたように今年は何人か途中でやめる生徒がいて、時間の隙間は去年よりはあります。

ただ隙間があっても、その隙間にピンポイントで仕事が入るということも難しく、今年は依頼があっても結局スケジュールがかみ合わず断念してという繰り返しでした。

さあそして、もう秋ですよ。

僕はこの時期の6年生の紹介というのは苦手なんです・・・。

先日、やっとこさ依頼の内容が今のスケジュールに丁度合ったので引き受けることができました。

6年生で、依頼内容を見ると「とにかく第一志望に80%にしてほしい」と書いてあります。子供は素直なタイプと記入されています。

資料に沿って教務の担当者が詳しい話をするんですが開口一番「いや、正直志望校がかなり高いのできついとは思います。おまけに子供はまだかなり幼くてわがままというか自己主張が強いというか・・・」


ああ、左様でございますか・・・これまた如何にもこの時期らしい依頼でして、なかなかどうして大変なことになりそうですね。まあ、素直とわがままは紙一重ということですね。

若干憂鬱な気持ちを持ちつつ、でもなんとかそれを振り払おうと初回の顔合わせに向かいました。

しかし、顔合わせもなく「とりあえず2時間見てくれますか?やり方は任せます。」
・・・・ですか・・・・。
いちおう今日は指導もあるかもとはうかがっていましたが・・・。

こういう時に近近の成績表とかあると非常にありがたいのですが、用意していないので一番最近の実力テストの成績を一つ拝見させていただきました。

んで、初回ということで最近の内容の復習です。
見せてもらったテストよりはもう少し出来そうかな、などと考えながら切りのいいところで休憩を入れて本人にいくつか質問してみました。

初回だとたいていの子供は緊張して話しかけられることも嫌そうな子供もいますが、こちらもそうも言っていられないのでいろいろなことを、しゃべりたくなさそうなこともどんどん突っ込んでみたりしました。

印象からすると本人のやる気はありそうですね。
ただ、ノートの書き方やテキストの使い方も含めて普段の学習方法には明らかに改善の余地がある点が見受けられました。

あとは現実問題何をどうするかですね。残り時間も少ないし。

ましてや顔合わせ初日にこちらの名前もろくに覚えず指導に入ったわけですからこちらの話をどこまで聞いてもらえるかも大いに疑問です。
何をどこまでどう伝えるのかが非常に悩みどころです。

指導後話した感じではなんとか少ない時間ながら伝えたいことは少し伝えることができたかなと、また保護者の方も何をどうすればいいのかほとほと困っていた様子なので「1週間こういう感じで進めてみてはどうですか」と話したら幾分方向性が見えてきて安心した様子でした。

ということで、初回の顔合わせで首をはねられることもなく(たぶん)2月まで頑張りましょうという感じで初回を終えました。

久々に変な緊張をした一日でした。

最初のほうでこの時期の依頼は苦手だということを書きましたが、今回の話を引用しつつ、僕なりにこんな感じだともっといいんじゃないか、ということを書いてみようかなと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

そうですね、もう数年前のことですものね。
初めての日は・・・あまり思いだせません(笑)
何事もなかったんじゃないかなという記憶です。

あれから本人も相当色々な経験をしてきて成長しているのだと思います。
こちらが気がつかなくとも、
今はもうずいぶん自立して自分の考えで行動するようになっているんだろうと思います。

小中高一貫の話ですが。
もともとあの地域は若い富裕層が多いことで有名ですよね。
ですから周辺の人たちも敏感になるのだと思います。

ご心配ありがとうございます♪
皮膚は、かなり良くなったんじゃないかとようやく実感できるようになりました。
今までが長かった分辛抱強く完治を目指したいです。






プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。