スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上位ということの意味

前々回の記事においてコメントをいただきましたが、さて返信すべきがどうか迷いました。しかしながらわずかな可能性を軽視して責任を放棄するのはどうかと思いまして非常に神経を使う作業ではありますがやはり対応すべきであろうと。

ここに僕自身の考えをここに記しておこうかと思います。


前々回の上位の生徒に対する話して書かれたコメントです。



うちの愚息は、サピックス入塾以来、現在6年までずっとα1、つまり最上位クラスに居続けています。が、これが そんなに大変なことですか?全く凄いことでもなんでもなく普通です。ほんとに。
周囲のα1のクラスメイトも、どんなに悪い点数をとって、クラス落ちしたときでもα2まで。それ以下のクラスにはなったことはみなさん、ありません。
だから、もしかしたら、悪い点数の人は永遠に悪く?良い点数の人は永遠に良いのでしょうか。そのところはわかりません。
でも最上位クラスに居続けることは簡単なことであることは確かです。



もしこれがただの挑発であったり、いわゆるアラシにつながるようなコメントであればさしたる問題ではないのですが、人の親の本心としてのコメントであればいろいろ僕の方からも伝えなくてはいけません。
このコメントを残した相手というよりも読んだ人にですね。

というのは、おそらくこの輩に僕の考えが分かってもらえるかというと難しいだろうと考えるからです。またそれなりに体よくまとまっているコメントなのでこのコメントを見て、もしかすると「ああ、上位の生徒を持つ親はこんな心境なんだ、こういう風に人を見下しているんだ」というような勘違いされては嫌だからです。

こういう考えの人間がすべてではありません。

こういうコメントにいちいち反応する方が馬鹿だ、と考える人もいるでしょう。
僕もその点で非常に迷いましたが、最初に書いたようにもしアラシではないとしたら、仮に今後思わぬ事態に発展し収拾が難しくなったとしても、とりあえずの責任は果たしていこうと思ったわけです。

コメントに対して結論から言っておきます。

異常にへりくだって愚息という言葉を使用していますが、愚かなのは子供のほうではく親のほうです。また「普通だと思う」といっていますが、僕から見てこのコメントで普通でないと思うところは「品のない」ところです。
文章全体を通して著しく品性の欠けたものであり、下品極まりないというところです。


なぜそう感じるのか、思うことを書いていこうかと思います。

少し話がそれますが、前に僕のブログをみた友人で「俺は入塾してα1にいてから一度も落ちたことなかったぞ~」と少し得意げに言ってくる奴がいました。本人も別に自慢しようとかそういうのではなかっただろうし、内輪での話なのでたいして気にも留めませんでした。それを聞いていた周りの反応も同じようなものだったと思います。

現実問題、常に上位でいることが普通であるということに気がつかないくらい普通に生活している人もいるでしょう。
たとえば以前紹介したすごく出来のいい中国人留学生の中にも、学力は本人の周りとの環境において相対的にずば抜けて優れていた者もいるでしょうから仮にトップにい続けることがあった時にさしたる苦労や努力したという実感がわかないかもしれません。

今回のコメントのように複数の友達同士、常に最上位クラスで勉強して充実した受験を終えることができる集団もあると思います。僕自身そういう人間たちを見上げても来ました。

また僕は算数を教えて何年か経過していますが、それでも数学算数両面において学力的に、まるで太刀打ちできない小学生というのは必ずいると思います。実際に出会った事があるわけではありませんが、必ずいると思います。

そういうように多くの人間と頭二つ以上飛び抜けた次元で生きている人間がいることは事実だと思います。ひょっとしたら彼にとってみればなんてことがないことだったかもしれません。

世の中には違う次元で生きていると感じさせる人々は各方面で探してみれば勉強だけでなくともたくさん存在します。たとえば家柄なんて言うのはそうですね。

財力や人脈で犯罪を犯しても罪にならなかったり、もしくは異常に早い刑期や軽い刑で社会復帰を難なく果たすことができたりする人もいれば、自分の一言で黒も白に変わると本気で考え、それが当たり前で育っていく人間もいます。そしてそれ以外の世界を知ることもなく当人自身においては何不自由なく人生を終える人もいるでしょう。

ですからα1にずっといるということが当然であり、自分以下の学力をとる人間のこともまるでわからず、またその先の人生も一度も躓くことなく何事もなく人生を終えることも可能性としてあるだろうと思います。

しかしながらそういう各々の能力と品性は全くの別物です。これはどんな肩書や経歴があろうとも品のないものは品がありません、下品です。コメントを残した人間がいかなる経歴を持っていても、それは色あせるばかりで成し遂げた努力や業績も効果が十分に発揮できない、そう僕は考えます。

僕が見上げてきた人間は全員が全員、というかほとんどがこんな下品な人間ではありませんでした。奥ゆかしく謙虚で慎重に行動発言する人ばかりでした。少なくともこのブログを通してメールやコメントをくださった常に最上位にいる方たちにはそのような印象を受けてきました。

このコメントでひょっとしたら多くの人間が、「まあずっと最上位でも普通だなんてなんてうらやましい、憧れる」と感じたかもわかりません。

ただ繰り返し言っておくことは100人中99人がそう感じたとしても僕にはこのコメントが下品にしか映りません。人の親になっているにもかかわらず、まったくの世間知らずなのか、はたまた無知で限られた限定された世界にしか生きてこなかったのか。

その生き方を否定しているわけではありません、僕の価値観でそう感じるだけです。
成績は上位でも品のなさはあらゆる価値を下げる、そう思うわけです。

哲学者か、思想家か、作家と呼べばいいのかわかりませんが故人の池田晶子さんはインターネットでの書きこみやチャット、ブログを書くことへのやや批判的な警鐘を鳴らしていました。(ブログを書いている僕自身も批判の対象者ではあるのですが。)


相手が見えない世界で言葉を発するときによほど慎重にならなくてはいけないと、自らを傷つけたり価値を下げることになる。本物の言葉を自分自身でよく考えて使いそして自らの生きる意味を考察するべきだ。


うろ覚えですがまとめるとたしかそのようなことをおっしゃっていたと思います。

別に最上位でいて当たり前だし、人生満足しているからどんな言葉を使おうと関係ないというのであればそれもその生き方です。

ひょっとしたらこのコメントをかいた親自身がそういう環境で生きてきたのかもわかりません。子のゆがみは親のゆがみであり、また親のゆがみはその親のゆがみでもあり、非常に根深いものなのでその本質をつかむのは非常に難しいものです。



あの記事での僕の考えは多少仰々しく映るかもしれませんが、最上位で頑張っている生徒の大半がこういう現状だと僕の目でみたことを書いてみたわけです。この子の周りは知りませんが。
最上位のクラスというのが全体のどれだけの割合で如何に少数か、ちょっと頭を使って計算すればすぐわかるようなことです。それを普通といってしまうということはよほど想像力がないのか、限られた環境で生きてきた世間知らずか、他人に弱みを見せず優れているところを常に見せることをよしと考えているのか、ただ優越感に浸りたいだけなのか、はたまた僕の記事が生理的に不快だったのか、それくらいしか考えられません。

しかしながらいかなる理由があろうともコメントに並べられた言葉は下品です。それだけは重ねて強く言っておきます。

このままでは子供は本当の愚息になってしまいます。僕が考える本物の愚息です。
親自身が変わらずともそんな親を見て「変わらなくては」と価値観を変えて生きていくことができるかもしれません。

この先のことまでは予測はつきません。

ただ僕としては未来につながる子供が愚息にならないことを願います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます♪

こちらこそ大変勇気づけていただきました、ありがとうございます。

自分自身未熟だということは重々承知していますが、
自分なりに考えを持って行動していきたいと思っています。


最近はかなり更新頻度が落ちてしまい(汗)読んでいただく方にはなにかもう本当に恐縮です^^;

ですが続けては行くつもりですので今後もお暇なときに読んでみてください♪

No title

こんにちは
6年母のザボンです。
ずーっとまえ 体調不良でライブお休みされたとき、「いきたかったな」と コメントした者です。

よくa1さんのコメントにきちんとメッセージされたなぁ と感心しております。

読ませていただくばかりで もうしわけないのですが、
ネットで書き込みをするのは本当に難しいと感じています。

shioshioshuさんの そういう真摯な態度、子供に対しても暖かい思いやりを感じるので 私はこちらのブログを読んでいるのだと あらためておもいました。

a1さんについては 世の中色々な人がいらっしゃるので 確かにたいした努力なしにできる人もいるのでしょう。

でも 世の中を見たとき 世界を見たとき、
様々な人たちがいて、様々な価値観があるのですから、
せっかく 優秀な能力を持った息子さんには そういうことを知り その能力を生かせるような人に成長されたら すばらしいですね。

No title

コメントを読ませていただきました。

なぜ具体的な周囲の「真実の現状」を素直にのべた(お知らせした)ことに対して、
品があるないの次元で語られるのでしょうか。

これでは事実を記載する新聞記事も書けませんね。

また、上から目線でもありません。
事実を事実通りに述べただけです。
ですが、そう曲がった角度で読んでしまわれるのは、
家庭教師さんのブログだからでしょうか。
家庭教師を頼まなくても成績は普通、自助努力で維持できます。
という内容が書かれると、商売がなりたちませんから。

ですが、先日書かれた「上位でいることは大変です」
(いつでも偏差値70程度の結果を維持し続けるのは大変)のような内容は、
読んだときまっさきに違う。ということは
現実の周囲の状況から確実に言えることでしたので、
このことに関しては、誹謗中傷があろうが、否定しません。

余談ですが、みんな、愚息を含め
自分の疑問点は家庭教師さんを含め、他者に聞きません。
というか聞くことを非常に嫌がります。
親としては即質問して、分かる人から教えてもらった方が楽で早いと思うのですが。

ですが、そのようなことを生理的に嫌がり、
疑問点は、自分で読み、調べ、考えて自分の力で納得し解決していっています。
どの科目も解法はどんなテキストにも載っていますから。

先日は、なぜ学力層の固定化がおこるのかわからないと申しましたが、
もしかしたら、そこ(安易に他者に頼る、頼らない)が
真の学力向上の分岐点になっているのかもしれません。







>α1さん

ブログ主さんが、書いていらっしゃるように、間違いなくあなたは「下品」です。それに、事実を事実の通り述べるだけでは、「普通」の大人のコミュニケーションは成り立ちませんね。

新聞記事との比較ですか?・・・あなたって、面白いですね。

自助努力だけで、やっていけるなら、テキストだけで、塾にも通う必要はないのでは?

No title

アラシでやっているのなら、タチが悪い。
マジメに言っているのなら、手のほどこしようがない…

まぁ、こういう機会があればこそ、かえってshioshioshuさんのお人柄がうかがえもするわけですが。
…とでも思わなければ、救いようがないですね。

他者への配慮と思いやり

息子の中受時代から、
時々読ませて頂いています。

受験生に対するshioshioshuさんの暖かい眼差し、
両親への柔らかいが真摯な姿勢を
受験生の親として参考にさせて頂いておりました。

愚息はサピックスの小規模校におりましたので参考にはなりませんが、
最上位クラスにおりましたので、努力家の息子とは全く異なり、
天才肌としか言えないα1さんのようなお子様が一定量いらっしゃる
ということの認識はしているつもりです。

ただし、保護者の立場から考えたときに、
今年受験の皆さんが大変なこの時期に、
α1さんのような書き込みをされる方が、
成績上位者の保護者の方にいらっしゃるということに
大きな衝撃を感じています。

難関といわれる私立中に通っている息子の友人達は
「ノーブレスオブリージュ」という態度をきちんと身につけています。
志望校入学がかなわなかった方々が多い中で、
自分がその学校にいられることの感謝、他者への思いやり、
そういった気持ちを、親としては大事にしてほしいと思っています。

こちらのブログをご覧の受験生の親御さんは、今一番大変な時だと思います。
ご子息、ご令嬢の合格を心よりお祈りしております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>ザボンさま

おひさしぶりです♪
非常に後悔していたので鮮明に覚えております(笑)

ブログに関してのお言葉、大変恐縮です。

そうですね、せっかく能力が高いのであれば人のためにいかせたり、他者を見る力が加わるといいと思うのですが・・・。それは個々人の価値観でしょうか。

今回のコメントはいろいろなことを思い出し、自分の考えを改めて確認する上でも貴重なものでした。

僕としてはこうありたくない、子供達にはこうあってほしい、そういう思いですね。

こういった環境の子供でもなんとか健やかに成長するといいですね。

>通りすがり様

わざわざコメントありがとうございます。
通りすがりさんの言っている意味がわかってもらえるといいのですが・・・。

>乙蔵様

どういう人間の書き込みにせよ少なくとも自分自身を傷つけ、落としめているということに気がつかないことには当人は変われないと思います。

ぼく自身コメントした相手を説得しようとか、そういう気量はありませんが、なによりまだ未熟な子供がこういう類の人間に感化させれてしまうことはできる限り防ぎたいなと思う限りです。

Re: 他者への配慮と思いやり

>終了親様

コメントありがとうございます♪
今まで読んでいただいたこともうれしいですし、
終了した後にも来て頂けたとは驚きと喜びの気持ちです^^

終わってみればまた気づくことも多々あるのかもしれません。

残念なことにある方面において他者への気配りができない人間というのは必ずいるものです。
中には能力が高いからこそ傲慢であっていいに決まっている、そう思う人もいるくらいです。

性格や倫理的に問題のある能力の高い子どもというのはその周りの環境を見れば案外簡単に原因がわかるのかもしれません。(もちろん真の意味で能力が高いとは言えないとは思うのですが)

「金儲けの何が悪い」じゃないですが、このような価値観でほかの受験生の親子が判断を見誤るのだけは避けたいです。

やはりそれではおかしいということ多くの人間が確信を持つとこういうことを臆面もなく言う人間は減っていくのかなと思います。

Re: No title

>α1さん

順不同になって申し訳ありません。

> 品があるないの次元で語られるのでしょうか。

抽象的な言い方で申し訳ないのですが繰り返し、品のないものは品のないものです。
もっとも書いた本人がそれに気が付いていないからこそ、その次元がどうのこうのという言葉が出てくるのだと思います。

言ってしまえば語るに値しない、その程度の次元だということです。

それを前提に今答えられることを答えてみようかと思います。

> 事実を事実通りに述べただけです。

事実に対する食いちがいは仕方ないですね。僕からすれば間違いなくそうではないとしか言えません。

> 家庭教師を頼まなくても成績は普通、自助努力で維持できます。
> という内容が書かれると、商売がなりたちませんから。

その点について言われる言葉もないです。そこは、そうですね、きっとそう思っている人はたくさんいるでしょうし商売がどうといわれると僕の立場から何かを言えば何かすべてが言い訳がましくなりそうです。

> 読んだときまっさきに違う。ということは
> 現実の周囲の状況から確実に言えることでしたので、

この点も繰り返しですが、意見の相違です。

> 余談ですが、みんな、愚息を含め
> 自分の疑問点は家庭教師さんを含め、他者に聞きません。
> というか聞くことを非常に嫌がります。
> 親としては即質問して、分かる人から教えてもらった方が楽で早いと思うのですが。

それは個々人やり方が違います、どれが正しいかは各々見極めた上で選択すればいいので一概に何が正しいというのはないですね。

> ですが、そのようなことを生理的に嫌がり、
> 疑問点は、自分で読み、調べ、考えて自分の力で納得し解決していっています。
> どの科目も解法はどんなテキストにも載っていますから。

それはある意味理想的ですね。いいんじゃないですか?
最終的にはそうなっていくことが学ぶことの一つの目的でもあるからです。
それでもすべてを一人で行うというのは無理でしょうけど。

教科書一つをとっても人類の長い歴史から生まれた先人の知恵が詰まっているものです。
それをそもそも一人で解決、という考えは本来おこがましいものです。
多くのものに支えられて目の前の道があることに気がついていないわけです。


また、人の意見を聞かないというのにこだわりすぎるのは視野が狭いといえるし、やはり素直な子供の方が伸びやすいと思います。(これはサピックスのモットーの一つでもあるのですが。)

「自力で解こう」とすることと、「人の話を聞くのを非常にいやがる」のは意味が違います。他者を見下し意固地になってしまえばそれはいい事とは言えないと思います。確かに安易に他者に頼るのはまずいですが、それも人の話を聞かないのとは少し意味が変わってきます。

いずれにせよ、今回のコメントに関して僕以外多くの方々が答えを示してくれていると思います。

ですので僕の方でもこれ以上特に言うこともないです。


No title

ブログ主(支持者たちを含む)の偏見に近いです。

無意識のうちに価値観に優劣をつけています。

言葉の暴力に近いです。

読んでて気持ち悪いです。

ブーメラン

>偏見に近いです。

>価値観に優劣をつけています。

>言葉の暴力に近いです。

>読んでて気持ち悪いです。

アラシだったら、C級のブラックユーモア。
マジだったら、見事なブーメラン。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ブーメラン

> >偏見に近いです。
>
> >価値観に優劣をつけています。
>
> >言葉の暴力に近いです。
>
> >読んでて気持ち悪いです。
>
> アラシだったら、C級のブラックユーモア。
> マジだったら、見事なブーメラン。

言葉の暴力と感じているのはこちらも同様です。
ブログは個人的なものなので完全に主観の域を脱することは無理なので
偏見となっても仕方がないかもしれませんね。
気分が悪いなら読まないことを勧めます。

>ブーメラン様

わざわざありがとうございます♪

Re: こんばんは。

>と・・・さま

現実はある側面をとらえれば厳しいものに映りますが、やはり真剣に取り組むかどうかで意義も変わってくると思います。結果をどうとらえるのかそういうことも重要になってくるのかなと思います。

正にかかわっている最中はなかなか振り返ることもできず大変かと思いますが、いずれ終わった時にかけがえのない出来事となるといいですね♪

Re: No title

はじめまして、コメントありがとうございます♪

ネットでは相手の素性がよくわからない分、あのコメントをどう扱うべきか迷いましたが・・・いまのところ結果としてはよかったのかなと思います。

気ままに始めたブログですが、いまではより少しでも役に立てたら幸いかなと考えています。

また今後も時折読んでいただけたら嬉しいです。

ありがとうございます^^

No title

>うちの愚息は、サピックス入塾以来、現在6年までずっとα1、
>つまり最上位クラスに居続けています。が、これが
>そんなに大変なことですか?全く凄いことでもなん
>でもなく普通です。ほんとに。

そんな簡単なら、全員なんなくα1ですね(笑)ありえませんが(笑)
そんな、単純なこともわからないのかなー

本人はそうだからといって、他者もそうであるはずがないのですがねー。

品があるとは、他者への気配りが自然にできることではないでしょうか・・

他者が見えない人に、何を言ってもですが・・簡単ではない人は存在しないんですからね。

No title

この記事は言葉遣いに品がないですね。

つぶやきさんの品性も疑われますよ。

でも、応援してくれる味方も多いみたいで心強いですね。

Re: No title

もとより覚悟の上です。
それでも書かなくてはいけないと思ったわけです。
確かにここまではっきりするとは考えていませんでした。

しかしながら、そもそも敵味方の問題ではありませんよ。

No title

やれやれ、なかなか終わりませんね。

・自分の品のなさが理解できない。
・みなさんが「そういう優秀なお子さんもいらっしゃるでしょうが…」と多少は気遣ってくれても、受け止める感性がない。
・ひたすら逆ギレで内容のない書き込みを繰り返す……
・『敵-味方』思考で、しかも自分に味方がいない理由に気がつかない。

なんだかInter-Eduの『ご近所関係』に出て来そうな香ばしい御方ですね。

さて、私も『α1』さんなみに、品性を落として落として自慢話をしましょう。
終息するなら書かないでおこうと思ったことなのですが、終息しないし、shioshioshu先生のお話にも関係するので書いてみます。(念のため言っておきますが、普通ならこんな話はしません。)

私の素性は大分前に伝えてありますので、shioshioshu先生が証人になってくれると思いますが、私の最終学歴は『α1さんの愚息』君が、今後最高に頑張ってやっと到達するレベルです。いわゆる社会的な立場なるものについて(それで人間の価値を計れるとは思っていませんが、『α1』さんに合わせるなら)、『愚息』君が40台になった時に、私を超える確率はそう高くないでしょう。嫌な話だし、嫌な言い方ですね。自分でも嫌になります。でもあえて、『α1』さんに合わせて書いています。

受験に関していえば、私の走ってきた道は『愚息』君と対照的です。レースにたとえていうと、スタートから最終コーナーくらいまでは、上の下か、中の上あたりの位置にいて、最後のコーナーを曲がった辺りから、なぜか成績が伸び、第一志望に達しました。自分でも「あれっ? あれれれれっ??」という意外な経験でした。親も周囲も不思議そうでした(唯一の例外は高校の担任)。最近になって中受について勉強する中で、「基礎の大切さ」とか「成績は比例的でなく、等比級数的に伸びる」などというのを読んで、そういうことだったのかなぁ、と思うようになりました。

そういう道筋の途中で、中学時代でも、高校時代でも、(それから大学以降でも)、雲の上にいたはずのキラ星のごとき天才君や秀才君が、ある時点から流れ星のように落ちながら消えていくのを何人も見てきました。大学時代の知人は、灘で1,2位をキープし続けてきた評判の人でしたが、今では(以下、略…)

何が言いたいかというと、(これまたよく言われることですが)中学受験は、長い過程の第一段階にすぎません。そこで上位クラスをキープしたところで、うれしそうにコメント欄に書いて自己満に浸るほどの話ではありません。たかだか、数ある塾の、数ある教室で一番上のクラスにいるってだけの話じゃないですか。『うちの愚息は12才でハーバードに入りましたの』なんて話なら尊敬もしますが、あの程度の話で、ああいう書き込みだったら『下品』と言われてもしかたがないでしょう。下品この上ない。いやいや、下品この下ない…

うちの「おかん」経由で聞かされた話ですが『消えていった』天才君、秀才君のお母さん方の中には、下品なママさんが少なからずいたようです。数ヶ月前まで『たくの息子は、何もしなくてもできるんです』などといっていたのに、合格発表後には酔っぱらって『■■(学校名)が何だ~』と叫んでた、なんて話を良く聞かされました。

以上、下品な話、失礼いたしました。何だか心が汚れてしまった気がして、気分悪いです。

が、あの傲岸不遜な書き込みを見て、『優秀な人にはかなわない~』などと思っちゃった方がいたとしたら、そんなことはない、ということを知っていただくために書きました。中受も長丁場ですが、大学受験まではもっと長丁場、人生はさらに長丁場。たまに息抜きしながらコツコツ出来ることをやっていきましょう。

それから最後に、『愚息』君が本当に『愚息』にならないように、わたしも祈ります。

Re: No title

>乙蔵さま
わざわざすみません^^;
ブログ主が証明といってもなかなか信用されないかもしれませんが(苦笑)
初めて知ったときにとんでもない経歴でびっくりしたのを覚えています。

肩書きや経歴で人を判断するものではないといはいえ、こんな立場の人からコメントをもらうのはなんとも恐縮だなと感じています。大袈裟ではなくて本当にそう思っているのです。
いや、よくないですね、見かけで人を判断するのはわかってはいるのですが。

ですが、だからこそ読者にはその言葉の重みを理解していただけたら幸いかと思います。

感想

とても興味深く読みました。
最上位クラスをキープすることは、「並外れた資質+(本人的には)たいしたことない努力」によっている場合もあるだろうし「そこそこの資質+並外れた努力」によって支えられている場合もあるはず。

前者のタイプのお子さんをお持ちの方(稀)にとっては、「そんなにたいへんそうに見えない」というのは「事実」なのでしょうね。

でもそのことを
> 全く凄いことでもなんでもなく普通です。
と言い切ったら、事実に反するに決まってます。だって実際「普通」の子がアルワン維持できないんだからね?? 勘定ができないのか想像ができないのか…いずれにしても頭がおかしい。

と、思ったのですが。

もう一回、よく読むと、この方はあくまでもお子さんの努力や生活について「普通」といっているだけなのかもしれないと思えてきました。

つまり、「並外れた素質をもつお子さん」は、ごくふつうにアルワンを維持できる。

> 悪い点数の人は永遠に悪く?良い点数の人は永遠に良いのでしょうか。

努力とか犠牲とか、そういうことではなく、トップ集団を決めるものは、素質だと。

そういう主張なら、筋がとおりますね。

さらに、その素質をなすものの一部は、「人に頼らず自分で考えたがる」という性質によるのかもしれないと具体的な指摘をされています。

しかし、内容がマトモであっても、「そういう素質を持たない人」「並外れた努力をするタイプの子」に対する温かい視線が一切ないので、○○に感じられることは避けられませんが。

Re: 感想

>あくまでもお子さんの努力や生活について「普通」といっているだけなのかもしれないと思>えてきました。
>つまり、「並外れた素質をもつお子さん」は、ごくふつうにアルワンを維持できる。

たぶんそういうことだと思います、言いたいことは。


>努力とか犠牲とか、そういうことではなく、トップ集団を決めるものは、素質だと。

こういうのは感覚の問題ですからね、本人が何とも感じていないことでもほかの人間にとっては耐え難い苦痛で努力を強いられるということはどんな事象にも当てはまることかと思います。

そういう意味では素質という言葉は適していると思います。
並外れた努力ができるというのも一つの才能だと思います。

>さらに、その素質をなすものの一部は、「人に頼らず自分で考えたがる」という性質による>のかもしれないと具体的な指摘をされています。

繰り返しになりますがこれは何かを学ぶ理想的な姿の一つかと思います。
僕がコメントで書いたことをもう一度書き換えるならば、「努力して(仮にそう感じなくとも、他者からそう映る場合も含め)結果を得られるという恵まれた環境を理解できないのは、いささか想像力に欠ける」ということです。
それでも人は無から生まれるわけでなく人から生まれてなにかしらの環境というものがある上でいきていく以上「すべてを一人」というのは無理だと思います。

これに関しては偏った見識を植え付けているように思われるかもしれませんが、やはり所詮は僕という枠内の主観です、否定されてもそれに言うべきことはありません。

人はただでさえ、自分自身がそういうつもりがなくても自分の何気ない言動行動が人を傷つけたり不快にさせたりすることはあるかと思います。それなりに名門中学に入れば、それだけでいわれのない誹謗中傷を浴びる人間も毎年必ずいるのではないでしょうか?
ですが、「希望がかなわなかった人間にも、こちらからは見えない事情や境遇や理由があるかもしれない」とういうことを少しばかり想像すれば公衆の面前で、子供ならまだしも人の親が発言する言葉としては・・・なんとも言えない貧相さを感じるのです。

地位を得た人間が理不尽な思いを受け止める度量がなければ、その地位の効果も半減するのではないか、そういうことが言いたいのです。

努力や得た結果に対して、いわゆる嫉妬のようなものもあるかもしれません。その嫉妬やねたみを求めての発言であれば構いませんが。

僕はある一定の地位を得ている人間はその方面において、より発言言動に気をつける責任があると考えています。まともかどうかまでは判断できませんがアンダンテさんが最後におっしゃっているようにそれを感じさせない発言に、ぼくは下品さを感じたということです。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。