スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校を休むか休まないのか その2

さてさて・・・なかなか核心をついたコメントをいただいたのでそれも踏まえつつ学校を休むということについて引き続き話していきたいと思います。


>学校行っているほうがリズムが出来て規則正しく過ごせることはみんな分かってますよ。
>それでも休ませるのは・・・インフルエンザが怖いから、に尽きると思います

こんなくだらないこと話題にしてあほかぁ?」といわんばかりのノリですが、本来返す言葉もないわけです。(笑)常識的に考えてみれば言うまでもないことなんですね。

じゃあ、なぜ学校休みメリットがあるのかないのか話題にしたのか、前回の話にまた戻りますがその点についてもう少し話してみようかと思います。

肝心なのはみんなそれが分かっていてインフルエンザが怖いからだけで休むのか、ということです。今年は特にそうですね、これだけ流行っていればインフルエンザ予防のためにも学校を休む人は例年以上に増えると思います。
それでも風邪をひいてもいないのに長期間受験のために休めセルなんて少し行きすぎているんじゃないかと思うかもしれません。

ただ行き過ぎた状態というのはそのことについて言及しているわけではないのです。


残り二か月もなれば、受かりそうな家と、なかなか厳しい家というのは、正直見えてきます。もちろんまだまだどっちつかずで、これから次第でどう転ぶか全く予測のつかない子どもだってたくさんたくさんいるわけです。そういう過程の中には残りの期間、出来る限り時間を作って受験勉強をして少しでも合格率を上げようと考える人も多くいるわけなんです。

そうなってくると、あと時間を作れる時間帯はどこかというと学校を休む以外にないわけなんですね。

自習室を設けている栄光ゼミなどでは平日の学校のある時に朝から夜まで子供が塾にいるということも珍しくない光景になりつつあります。
実際受験率がとても高い学校でも出席率が高く学級閉鎖にならない学校もあります。逆に数人の受験者が集団で1カ月誓う学校を休む場合もあります。

規則正しい生活が一番いいということはおそらく誰もが承知であってもそれを勉強時間確保のために選択しない場合もあるわけです。
家庭教師というのは8月ごろが一番忙しいかと思いきや、ここ2,3年は1月のほうが慌ただしいです。

そこまでして学校を休むことに対して、Suzukiさんから見たら「そんなのばかばかしい、んなめちゃくちゃな話があるか」となるかもしれませんが、事実こういうケースは今や珍しくなくなってきた、ということです。
はたまた「そんな計画性もない受験勉強なんて」とか「最後にバタバタあわてるなんて」などなどいろいろな意見があるかもしれません。
それは当事者になってみないとわからないことだし、いつものことですがそういう類の話においていいか悪いか、というのは今はやめておきます。すぐさま結論が出て改善できるような、簡単な話ではないと思うのです。

強いて言えば家々が望む選択をするしかないと思います。

本当はそれを前提として話を進めていこうかと思いましたが、まずはなぜわざわざ学校を休むのか、インフルエンザ以外にどういう理由があるのかを挙げてみました。






ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ご無沙汰しています♪

そういえば終盤になって色々バタバタしましたね(笑)
もちろん決して珍しいケースではないのですが。

学校との付き合い方はかなり苦労されたのかなと想像します。

特に通っている学校の先生に多少受験に対する理解がないと、本当に余計なところで神経を使いますよね。

今年はインフルエンザの影響は間違いなくあると思います。多くの保護者が長期間休ませようと考えているのではないでしょうか。

学校を休むか否か?

一月から学校を休むと決めている人は結構周囲にいます。ちなみに息子は12月に入ってから、時々休んで過去問解いています。だって、放課後は塾の宿題で精一杯、週末も塾だったりして、第二志望以下の学校の過去問を解くには、学校に行っている時間しかありません。志望校が多ければ多いほど、そうやって時間を作るしかないのではないでしょうか?「学校を休むか否か」は興味深いお話で、やはり学校を休むと言うことに後ろめたさを感じていただけに、一月から学級閉鎖になる所もあるとお聞きして、安心しました。あと1ヶ月余り、納得いくよう頑張るしかないですものね!

Re: 学校を休むか否か?

go-go-mamaさま

コメントありがとうございます♪


>放課後は塾の宿題で精一杯、週末も塾だったりして、第二志望以下の学校の過去問を解くに>は、学校に行っている時間しかありません。

この時期は本当に時間がなくなりますよね(汗)
ほとんどの場合、やりたいことがたくさんあるんじゃないかと思います。

親としては学校休ませてまでと、悩むのが普通の感覚でしょうし、周囲とできる限り足並みをそろえたい、でもそれはsれで神経も使うしと、なかなか大変だと思います。

はじめて学級閉鎖を知ったのは確か3年前だったと思います。
地域性もあるでしょうが、各々の学校側と受験生の家庭、受験しない家庭が相互理解し合ってうまい具合に1月2月を過ごせるといいですね。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。