スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校を休むのか休まないのか その3


はい、相変わらず少し間が空いてしまいました。
前回の話の続きです。


何で学校を休むのかという話をしてきましたが、今回は「じゃあ、学校を休むことでどれだけ成果が出るのか」ということです。
(成果といえばいいんでしょうか、メリットといえばいいんでしょうか。どういう効果があるのかといえばいいんでしょうかね。)

あともうひとつ、どう過ごすのかいいかという個人的な感想についてです。
親ではない第三者として「より良い過ごし方というのはあるのかな」という、提案というか、そうですね一つの案としてこういう考えもある、というのを書いてみたくなったのが理由です。


実際、僕が今まで見てきた中で、明らかに劇的な効果を発揮してウルトラ逆転ミラクルが起きたなんて言うケースは残念ながらありません。

しかしながら学校を休んだことによって、学力が少なからず向上して合否に影響した、というケースはあったんじゃないかなと思います。風邪をひかなくてよかったというだけでなく、中学受験という側面においては学力をより伸ばすことができたというある一定の効果ですね、これはあったと思います。


じゃあどう過ごすのがいいか。

どうしても大人の感覚ですと、学校での拘束時間(8時30分~15時30分くらいでしょうか)の約7時間くらいを目いっぱい使おうという考えに陥りがちですが、恐らくそんなうまくいかないと思います。

また前回コメントをいただいたように学校に行くという行為は子どもにとっては本来とても規則正しい生活なのです。ですから成績が高い子供たちのなかには直前期にもいつも通り学校へ通いそして志望校に合格するケースはありますし、やはりこちらのほうが多いかと思います。

傾向として(成績のいい子供のほうが学校が好きだ)という印象があります。これはあくまで僕の感覚です。今までにも何度かこのブログでも触れてきました。
それでも受験日以外は皆勤賞というのはなかなか大変で、ほとんどの子供がやむなく1日、2日位は大事をとってどこかしらで休むということをしていたと思います。

高校生ではないので、「よしここで時間を作って朝から晩まで目いっぱい勉強してやろう」というのはなかなかないと思います。またそもそもそういうタイプであればそうする前にそれ相応の成績をとって1か月近くも学校を休むということはしていないと思います。確証はありませんが。

こういった前提を踏まえて、じゃあそれでもそれなりに長期間、一週間ないしは2週間位は学校を休ませる(もちろんそれ以上長くてもです)とした場合はどうするのがいいのか?


ほどよく自由時間をつくるほうが効果が高いように思います。


それじゃあ、学校を休む意味がないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、現実問題、確保できた時間をそのまますべて勉強時間に費やすというのはいささか無謀といえます。その後まだ寝るまでにも5,6時間以上はあるわけです。そこでも勉強しようとなると・・・机に座りすぎて本当に体がおかしくなると思います。

大人であれば根性出して1,2カ月の短期間でやれることでもやはりまだ11,2歳の子供です。当然身体的にも精神的にもまだ未熟な部分は多々あるわけなのでして。

僕が思うに学校を休ませる一番の目的は、まずは健康維持、健康確保といってもいいくらい調子をきちんと整え、すっきりした状態で効率よく勉強させるということかなと思います。ですから勉強時間を増やすというよりはその質を高めることですね。

この時期になると多くの子供の体はガタが来ています。これは結構なものですよ。たとえば学校行事が重なると今までどんなに風邪をひかなかったような健康児でも倒れることはあります。

ただでさえそういう状態なのに(これらは本人も含めほとんど無自覚であるケースが多いですが)学校を休ませてそれを存分に勉強時間に費やそうとなると、それこそ逆に体を壊すと思います。


学校をいっていない時間は2,3時間勉強時間が増えるくらいであとは睡眠時間を増やしたり体を動かすなりしてとにかく丈夫な体にしておくといいと思います。
どうせ夕方になるといつもの勉強時間ですね、日ごろの疲れが少しでも取れてくればそこでも質の高い勉強時間を確保しでより効率が上がるように思うのです。


また学校が好きな子供ならば、これはそもそも休ませる理由はないと思います。
どんなに合否が瀬戸際でも学校生活が楽しく感じられるというのは今の時代とても幸運でそれはそれでかけがえのないものです。仮に受験に失敗してでも学校生活を謳歌させることがその子の人生にはいいように思えます。

休まないですむのであればそれに越したことはありません。
休むのであれば心身ともに健康を作り上げる、これを最優先に考えたほうがかえって勉強の効果も上がるのではないかな、というのが僕の考えです。

また2,3年したら世間の事情も変わってくると思うのでおそらくそのベストな過ごし方というのも変わってくるかと思いますが、現状考えていることを書いてみました。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。