スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞 2009年12月26日掲載問題

新年早々問題でも解きませんかね。

ということで朝日新聞から問題です。2009年12月26日に掲載されていました。巣鴨中です。


A、B、Cの3つの時計があります。
3つの時計はいずれも1日に15分以内のくるいがあります。
ある日、午前7時に時報を聞いた時に、時計Aは丁度7時を指していて、時計Bと時計Cは丁度7時4分を示していました。次に午前11時に時報を聞いた時に、時計Bは11時5分を示していて、時計Aと時計Cは同じ時刻を示していました、最後に午後11時に時報を聞いた時に、時計Aと時計Bは同じ時刻を示していました。このとき次の問いに答えなさい。
ただし3つの時計はそれぞれ一定の速さで動いています。

(1)時計Bは1日に何分のくるいがありますか。

(2)午後11時に時報を聞いた時に、時計Aと時計Bは何時何分を示していましたか。

(3)午後11時に時報を聞いた時に、時計Cは何時何分を示していますか。




時計の問題なので時計算にくくられることが多いですけど、これは比の問題ですね。
時計算というのは基本的には長針(分針)と短針(時針)を使用した旅人算なので時計を使う問題は一応単元として(速さ)にくくられるのだと思います。

個人的な感想を言えばこういう問題は子供の様々な能力を見ることができると思います。
文章がちょっとややこしく映るのですが注目する部分をきちんと整理できれば計算そのものは簡単だからです。
算数が得意だと感じていても意外にこういう問題をポロット間違えてしまう子もいるんじゃないかなと思います。そういう時に怖いのが子供の危機感ですね。できなくても回答を見ると「あ、こんなの出来るじゃん」と思ってしまい結局真剣に反省することなくいつまでも同じ間違いをくり返したりと・・・。

受験を控えた6年生はですね、巣鴨クラスを受ける子供であれば5分で解きたいところです。
そしてこれは落としたくない問題だと思います。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

広告掲載のご依頼

突然の書き込み、失礼致します。
私、株式会社イトクロの浅香と申します。
弊社ではクライアント様であります、大手家庭教師センターのプロモーションマネジメントを行っております。
サイトを拝見させていただき、
是非、広告掲載をご検討いただきたくご連絡致しました。
少しでもご興味をお持ちいただけましたら、下記のメールアドレスまでご返信ください。

kyouiku-ad@itokuro.jp

株式会社イトクロ 浅香
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。