スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗学・・・。  その2



もう一つのケースでは子供が周囲の人間が塾に行っているから「行きたい」と言い出して通塾したというケースです。こちらの家では母親が「学校生活に支障をきたすようであればやめること」という条件付きでの通塾だったそうです。
その影響もあってかこの子はあくまで学校の授業や行事を重視し、その際に塾の成績が下がっても「気にしなかった」そうです。現役で東大理3に合格したのですからうまくいったパターンですね。

こういう考え方は中学受験でも重要だと思います。
何が大事なのか、これをきちんと見極めることができないと「あれも、これもこなさなきゃいけない」と結局全部バタバタして時間ばかりが過ぎて何もこなすことができていないということになります。

学力が伸びない、あるいはよくない子どもの保護者において
「こんなことはほかの人もできているはず。」
「こういうことはできていなくてはいけない」と心理的に、勝手に他者と比較している場合が少なくなくないです。
これは客観的にみると「実在しない敵や脅威に過敏に反応して、余計な手間やどうでもいいことに無駄な時間をかけているように見えるわけです。
残念ながら中学受験では親がそういう心理状態に陥り結果として子供の学力向上の妨げになっている場合も珍しいことではないです。

前回取り上げた母娘と今回の母娘では、やみくもに「塾に行かせなくては」と焦るのではなく「本来6年間ですべきことは何か」と軸を明確に持つことができたか、結局そこの判断力の違いだと思います


なにが大事なことか、きちんと見極めて行動している人というのを余所からみて「あの子は天才だ」とか「感がいい」「センスがある」とか言われる場合が多いんじゃないかなと思います。また保護者がそういう嗅覚に優れている場合は親子でうまく受験に取り組んでいるように思います。


メソッドにはならない人間的な、感覚的なと言えばいいのかそういうのも「運」という言葉だけでは片づけられない要素が多く含まれているように思います。


そしてもう一つ親子が紹介されています。受験勉強中は母親が家庭教師の如く子供の勉強を見て合格を勝ち取ったケースです。それだけに母親は子供の学力がより客観的にみえているのでしょうか、自分の娘はぎりぎりぶら下がって合格できたと分析しているようです。
「せっかく合格したのだから中学3年間はのんびり過ごさせてあげたい」塾通いに反対の父親とは別に「桜蔭生の多くは塾に通っているので、自分の娘だけ行かないのは不安で置いていかれないように塾に通わせたい」と連日のように繰り返す母親。

母親は入学後すぐに「塾に行かなくてはいけない」という思いがかなり強いようで、逆に夫はそんな状況が心配なようです。

「あれだけの大学実績がありながら学校の大学受験に対するスタンスが不明確なこと、そして学校説明会で『入学前に塾通いを決めるのはやめてほしい』と言いながらも受験勉強への具体的な支援内容さっぱり見えてこない、だから疑心暗鬼になって塾通いに走るのではないか」。ここに書いてあるお父さんの意見は多くの進学校の問題を的確に表現しているように思います。


確かに今回取り上げられている話だけを見れば「桜蔭のスタンスはどういうものなのか?」
そういう印象は強いです。

ある桜蔭卒の東大生は英語や数学は10対0で塾の勉強が受験に役立ったと言っています。
また桜蔭時代の恩師からは後輩の子の家庭教師をと誘われたこともあるようです。塾や家庭教師というのを学校側も否定はしていないということでしょうか。
だとするとお父さんが持った「じゃあ、学校は塾に行かせたいのか、そうではないのか」という疑問が生まれても仕方がないと思います。

進学校ではダブルスクールを暗黙の了解としている学校と明確に勧めていない学校、またその中間のようなスタンスをとる学校が存在します。これは桜蔭だけの話ではなく全ての進学校が抱える課題だと思います。
また桜蔭のように「そのレベルの学校なら当然、最低でも00大学狙いでしょう」というように勝手に出来上がる雰囲気も重圧に感じる子供は大人以上に存在するのではないでしょうか。

難関レベルに入学した子供にはより一層の、学力相応の自主性、自立性が求められるように思います。また保護者がそれをより認識しなくてはいけないと思います。

「うちの娘は小学生の時、全国模試でも100以内に入ったことがあるのだから塾に行っても何とかなるだろう」という考えは言うまでもなく、です。
後になって「もっと学校生活を大切に、家族団欒の時間を大切にしたかった」などというのはあまりに残酷です。振り回された子供には青年時代を取り戻すことはできません。
難関校に入学するということは「すぐれた学校に通う」という誇りや喜びだけではなく、より大きな責任を背負うことになるという気持ちも持たなくてはいけないと思います。保護者がそういう意識を強く持たないと子供に持たせるのは難しいでしょう。

今までは「勉強漬けが日常である」というのは桜蔭のような最難関に進む子供には今後もそれが日常であるかもしれないし、多くの子供がそれを認識しながら進学していくのかもしれません。しかしかといって桜蔭にまで入学した子供が塾の勉強についていけないからといってそれを許さないような風潮が漂ってしまうというのは何ともいえない気分です。

僕はその点において気が重くなりました。とくに僕は付属出身なのでなおさらかもしれません。勉強したい人間はおおいにすればいいけど、そこに意味が見いだせない人間に「なんとしても東大に進学しなくてはならない」という風に強要するのはまずうまくいかないと思うのですが、どうなんでしょう。周りが引っ張れば合格できるものなんでしょうか、東大レベルの学校は。

今回冒頭に紹介した「塾に行くんだ」と血気盛んな娘を制止させる母親は何ともかしこい印象受けます。個人的には上位の学校に通わせる親はそうあるべきだと思うのです。

大学受験で難関大学に入るには中学受験とは違い本人の意思が大きく影響すると思います。
つまり中学以降、そこから勉強するか否かは親が全部決めることではないような気がするのです。
中学受験生はどうしても親の力が必要ですし、場合によってはつきっきりで勉強をみるという例も決して珍しくないです。中学に進んだ後は保護者のほうがどうやって距離を離していくことができるか、これも重要な仕事のように思います。


次は早期教育について、これもAERAに取り上げられていました。その話にも触れていこうかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 失敗学・・・

おひさしぶりです、月日がたつのは早いですね。かれこれ1年以上でしょうか。

体のほうは結局完治せずに薬を飲みながら小康状態、完治を目指し思案中です(汗)

難関中に入学する子供たちは勉強に対する習慣があり、意欲が高い子供ばかりですが、必ずしも全員が全員そういうわけではないですからね。
人間ですから、悩んだり挫折したり、立ち止まった人間の受け皿というのが充実していればいいのですが最難関ともなるとそういう状況を作るのは厳しいのでしょうか。

部活動や学校行事や趣味を持ちつつ、その一部とし通塾するというのはバランス良くすべてがいい方向に動き充実した学生生活になるかもしれませんね。

中学、高校時代に「勉強するのが呼吸になっているんじゃないか」なんて思わせた人間は、やはりそれくらい自然なことだったのでしょう。その多くが「こういう仕事に就きたい」と明確な目的を持っていたように思います。まるで他人事のように見ていましたが、今思えばそういう気持ちや行動が一致しているのはとても幸せなことかもしれません。

まあ・・・それでもそうなりたいとは思わない、思えないぼくは何ともだらしない人間です。

進学校の向き不向き

以前ノブレス・オブリージュについてコメントしたものです。


息子も中一からAERAで取り上げられていた塾に通っておりますが、
確かに進度は相当速いですね。
ただ、日々の課題が少ない自由度の高い学校ですので、負担はあまり感じないようで、
逆に塾の勉強がペースメーカーになって、学校での順位も上がり、
結果オーライだと思っています。


前にも申し上げたように、愚息は難関校によくいるような天才型でなく、
典型的な努力型の子供ですが、基本的に勉強は嫌いでないようです。
そのため、塾と学校の勉強を毎日コツコツやることで、
熾烈な学校内での競争にもそれなりに対応できているようで、
息子なりに心の平安が保たれているようです。


個人的には、天才型でない子供を進学校にやるということは、
親の方もそれなりの覚悟が必要だと感じます。
進学校に通わせるかどうかは、子供の特性や向き不向きを考えた上で、
親がきちんと判断すべき事柄だと考えています。


ところで件の塾ですが、最近は、慶応、早稲田付属のお子様が
成績優秀者に名を連ねています。
慶応系のお子さんは恐らく医学部狙いかと思いますが、
進学校でなく付属を選ばれて、その環境の中でさらに東大を目指されるというのは、
すごいモティベーションだと改めて感じます。






Re: 進学校の向き不向き

お久しぶりです♪

学校もそうですが、塾においても行かせるか行かせないかだけでなく、
どういった塾にかせるべきか判断が大事なのでしょうね。

中1なんてのはまだ小学生の延長みたいな部分がありますから本人の自主性に任せてというのもなかなかまだ難しい時期なのかもしれません。

ちなみに早稲田は付属であって付属ではないような厳しさがあると思います。
半分近くが外部受験をするというだけでなくその進学実績の高さからもいかに学校内の質が高いかうかがい知れます。
今年も東大に16人(しかも全員現役!!)と来れば普通に難関校の進学実績となんら変わらない気がします(汗)

件の塾において優秀者がいるというのも十分うなずけます。

慶応に関しては、医学部だけは特別です。
(あとは在学中に司法試験や公認会計士の合格を目指す人間は文系でも高校の時から熱心に勉強していた記憶があります)
ぼくの時代は高3になると理系文系に分かれましたが理系クラスはピリピリしたものでした。
医学部は内部においてもかなり狭き門で、多くの人間が他大学の医大に進んでいます。

これもどこまで本当なのか、ぼく自身経験していないのでわかりませんが
「内部進学で医学部目指すよりもほかの医大の現役合格のほうが易しいかもしれない」何ていう話を耳にしたことがあります。
現に内部進学では成績不十分で医学部推薦が無理だった人間が現役でいわゆる難関といわれる他大学に進んだ者もいたので、あながち・・・なのかもしれません。

あ、あと女子は言うまでもなく超がつく天才ばかりだったと記憶しています。
いやぁ、慶応中等部は男女の比率は2対1にもかかわらず完ぺき女尊男卑の世界だったものでして(汗)。

あ、すいませんついついどうでもいい話になりました。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。