スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最善の選択と結果



6年生になってもう数カ月が経過しますが成績が思うように伸びないと、たいていの保護者は焦るんじゃないかと思います。

自分たちはどうなのか、他と比較しようにもよその家はどうなのか、家の中まで覗いているわけではないので本当のところは分かりません。なので結局のところ成績表で判断することになるわけなのですが、それはそれで公明正大といえなくもありませんが、かといって子供の成長をそれだけで判断できるものでもないですよね。

「自分たちは自分たちでこんなに子供の面倒(中学受験の)を見ているのに思うようにいかない」それがだんだん強い徒労感のようなものに変わり、解決策が見いだせない、ぶつけようのないストレスのようなものを抱えるケースというのは少なくないように思います。中学受験生の6年生の子供を持つ保護者の心理状態というのはなかなかしんどいものがあるんじゃないかなと想像しています。


こういう相談を受ける時があります。

中学受験は親が与える影響は大きいけど、やはり最終的には本人のやる気が重要である→

となると親が勉強をきちんと面倒見てやるべきなのか。

それとも本人の自主性に任せて親は口出しをしないほうがいいのか。



最難関クラスを狙うのであればほとんどの場合において保護者の何らかのサポートがなければ厳しいと思います。志望校の偏差値が高くなれば高くなるほどその確率は高くなると思います。ですから一切口出ししない、というのは、まあそれでもいいのですがそれは親が関与しないというのと意味が違います。

また「口出ししない」という風に感情的にそういう行為に走られても良い結果は生まないと思います。

相談しているときの状況というのは、まず親が関与してうまくいっていない、もしくはうまくいっていないと感じている場合があります。

保護者が何かのサポートをしたところでうまくいかない、感情的になって喧嘩をするだけで結局勉強はしないし何も解決しない。だったら何もしないほうがましじゃないか、しかしそうは思いつつも自分の子供なのでとんでもないことになるのだけは避けたい、だから結局何らかの手出しをすることとなる。でもそうするとうまくいかない・・・。

という風にどっちつかずの状態で下手をすれば結論が出ないままズルズルと時間ばかりすぎてしまったり・・・。何らかのきっかけで解決したり克服したりできるといいのですが、そうでない場合というのは少なくないんじゃないかなあと思います。


確かにこの手の相談は簡単に解決する場合というのは少ないです。

結局どうすればいいのか確実な答えというのは分かりませんが、
僕なりに考えている事を書いてみようかと思います。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。